ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

b0125384_2053089.jpg


有本さんの作品を一言で表すなら浮遊感です(ありきたりな表現ですが^^;)
実物を鑑賞するのは初めてで、想像していたより大きな作品だったことに驚き。
自分でも何故かわかりませんが、30~50cmくらいの大きさと思ってました。

有本さんはリコーダー奏者としても有名な方らしいのですが、作品を鑑賞しながら私の頭の中に流れていたのはパイプオルガンの音です。
音が流れるとうより、音が振ってきたという表現の方が近いですね。
初めてパイプオルガンの音を聴いたのは“りゅーとぴあ”バックステージツアーに参加した時ですが、あの衝撃は忘れられません。あの時の奏者の山本真紀さんの後姿が私にとって"かけがえのない光景”の1つです。パイプオルガンの演奏会に行くと、席に座った途端にあの時の最初の1音が聴こえて真紀さんの姿が見えるのです。

会場内に腰掛けるところがなかったのは残念だけど
(腰掛けて少し遠目で絵の世界を楽しむのが好きです)
歩いているのが床の上か雲の上かわからなくなるような、素敵な時間を過ごせました。

半券と一緒に写っているのは、当日券100円割引券。
2回行くかもと思って2枚頂いておいたんですが(どこで頂いたんだっけ?)
提示だけでOKでした
(1/27修正 裏面みたら済印がありました)

**********

当日はお散歩日和でしたので、夜の観劇に備えて“りゅーとぴあ”近くのコインパーキングに駐車して
(上演時間4時間だし、駐車場混むし、それなら1日800円を選ぶ)
徒歩で美術館へ行き、帰りは護国神社でお参りしてから戻りました。
(地元民しか距離感わかんないね。スミマセン)

b0125384_21244422.jpg
観劇前の腹ごしらえは、やっぱり「まぐろ漬丼」が一番です(価格とお味と量が)


[PR]
by k-mia-f | 2013-01-26 21:11 | 展覧会

b0125384_1432483.jpg

(旧新潟税関庁舎)
若冲・応挙の至宝~京都相国寺と金閣・銀閣 名宝展』の第1会期展へ
人気があるといっても平日だから駐車場の空きはあるだろうと思ったら甘かったです。10:30頃に到着したんですが、正面側の駐車場は満車。丁度1台出るところでラッキー!と思ったら他にも2台その場を狙ってまして^^; 諦めて、ぐるっと回って裏側の駐車場へ。こっちは数台分しかないから半ば諦めてたんですけど1台分あいてて ラッキー^^
会場内は、平日も土日も関係なさそうな先輩方でいっぱいでした^^;


b0125384_14334646.jpg

(博物館本館)
お目当ては勿論“鶏” (伊藤若冲=鶏と思っている)
鶏の墨絵の屏風絵が素敵でした~~
(すみません、目録の漢字が読めません)
墨の濃淡と筆使いでこんなに生き生きとした絵になるんですね!
第2会期(10/30~)は右側と展示入れ替えになるというので、もう1回行ききたいけど11月は平日休みがないので難しいかなあ(日曜は込んでるしなぁ)

鶏よりお気に入りなのが 水に濡れないようお尻丸出しの掛軸絵『布袋渡河図 無染着浄善賛』
水に濡れないようにしてるのは、意味というか教えがあったんですが、
説明読んだけど鶏頭で覚えてません^^;
私のイメージで”掛軸=床の間=尻”というのありえなかったので、インパクト大なのと構図といいますか、格好が面白い^^ 着物を背中に上げて前屈みになっていて、お知りが前面にど~ん

・・・でも、やっぱり着色の鶏が見たかったな。
着色は牡丹とか、百合とか。

丸山応挙の『大瀑布図』の滝には圧倒されましたが、面白かったのは『十牛図』
お坊さんの修行の道程を牧童に例えた絵巻物みたいなの。1枚1枚が望遠鏡(または覗き穴)から見ているみたな丸い小さな絵が10枚。
牛を探してる牧童がいて、まず足跡をみつけ、追いかけて、捕まえて・・・
この牛、綱に引かれてるときと、牧童が牛の背に乗ってるときでは表情が違うのが面白い。
それぞれの意味を読みながら見ると、なるほどねって面白いです♪

(お詫び)
いくら素養がないとはいえ、もう少しまともな感想はでないのかと自分でも思います。
検索でお立ち寄りのファンの皆様、稚拙な文章で申し訳ありません。



b0125384_1434390.jpg

(旧第四住吉 小さく見える船は佐渡汽船)
「見学はご自由に」だったので入ったらレストランでびっくり(ぽるとカーブドッチ)
見学用の入り口は別にありまして^^;
中に入って2Fへいくと吹き抜けになったレストランから美味しそうな匂いがしてきました。
畳の部屋が用意されてるあたり戦前の建物って気がします(やっぱ日本人は靴ぬいで足を伸ばしたいのよね)



b0125384_1435102.jpg

(ぷかぷか)
ところで、この展覧会は2会場に分かれて開催されてますが、
“みなとぴあ”と“会津八一記念館”の入場料は別です。
2会場割引券とか、リピーター券とかありません。
b0125384_14352563.jpg

(ぎゅうぎゅう)
“みなとぴあ”でいただく常設展示券を勘違いされている方がいらっしゃいますが、これは第2会期(展示入れ替後)の観覧券ではありません。


**********

b0125384_14282484.jpg

展覧会の後は“ほんぽーと”(図書館)へ
ランチは・・・ここもカーブドッチ^^; フレッシュトマトとサンマのパスタ
(新潟はカーブドッチしかないのかと思われそうだな)
他にサラダ・パン・ドリンク付で¥1050-
パンは3種類です。お代わりできます。
(デジカメで撮ればよかったな)

b0125384_14282480.jpg

奮発してデザートもつけました(+150)

駐車代がかからなければもっと行くんだけどねぇ・・・
COCOLO(駅ビル)みたいに1円でも買い物すると駐車券でるようだと嬉しい。
(図書館だもん。本見てご飯たべてたら2時間くらいかかるでしょ?)
(図書館はご飯食べるとこじゃないといわれると言い返せないけど・・・)
[PR]
by k-mia-f | 2012-10-24 16:39 | 展覧会

b0125384_21395223.jpg
諸事情により、日曜日と水曜日の予定をチェンジ。

日曜日だとゆっくり見れないかなと思いましたが、意外とゆっくり見ることができました。写真展って動員難しいんでしょうかね?
何年か前の“ばんび”の写真展も寂しかったです。

でも、訪れた方には好評のようです!!
新津美術館は駐車場代がかからないのも嬉しいですよね(フォローしてるつもり)




展示場は4つに分かれていて、大雑把に書くと「復興期・高度成長期・バブル・最近(?)」ってとこでしょうか(詳細は公式HPをご覧ください^^;)

私は一般人だけかと思っていたので、資生堂の懐かしいポスターは嬉しかったけど、後半は芸能人やスポーツ選手が多くてちょっと物足りなかったです。でも、見に行ってよかったと思います。復興期の農村の様子は興味深い。自分の生活で反省すへき点も見えてきました。
授乳をしながら車内で本を広げる女性(後でタイトル書きます。資料を会社においてきちゃった)を見ていたら、なんか自分が恥ずかしくなってきました。
これが“最近”になると、手鏡とマスカラになるんですよね・・・。

(12/17追記:多分ですが南良和さんの「本を読む」ではないかと。「21歳の嫁の手」は衝撃でした。老婆のような手の前から動けなくなってしました。)
[PR]
by k-mia-f | 2011-12-15 22:13 | 展覧会

b0125384_1521745.jpg
新津に術間は緑に囲まれた“こぢんまり”とした美術館です。
そんな美術館に“ぴったり”な展覧会へ。

メインはレオ・レオニさんのようですが、私のお目当ては『ビロードのうさぎ』の酒井駒子さんです。

b0125384_2205045.jpg

でも、フレデリックのトートバックかっちゃったけど^^;
(「私が持っても似合わないよなぁ」と思ったんですが)



**********

酒井さんはダンボールに描いているんですね!
ファンの皆様には常識かもしれないけど、私は展覧会で初めて知りました。
ダンボールの“でこぼか”が味になてるんですね。



b0125384_2183090.jpg
実は雑誌の「MOE」も読んだことありません。
予備知識なしで、何気に手にした「BとIとRとD」でファンになりました。


b0125384_2292385.jpg
酒井さんの原画を観ることができただけで大足なのに、


b0125384_2391333.jpg

どいかや さんの作品に出合えたことは大きな幸せ。
「チリとチリリ」の絵を見ているだけで、心が“あったか”になります。








**********


展覧会の後は日帰温泉の「花水」へ。
風が気持ちよくて露天風呂でゆっくりし過ぎて、ヒーリングルームで爆睡してしまいました。

檜がゴロゴロしてるお風呂にちょっとびっくり。


b0125384_151996.jpg
ケーキセット付プランにしました。

サイトは女性向きな雰囲気ですが、
実際は”おじさん”にも入りやすい施設です。
[PR]
by k-mia-f | 2011-10-01 01:51 | 展覧会

b0125384_21192574.jpg



蒸し暑いけど、陽射しは強くないと感じたので、やっとこさ『藤城清治展』へ。
もっと早くいきたかったけど、昼間の屋根無し駐車はきついし、金曜夜の延長は節電で中止だし、でもお昼に駐車して涼しくなるまで粘るのはお財布的にきついので^^;

前回の長岡の展覧会は日曜日で、超混みで“へとへと”でしたが、今日は混んではいましたがストレスなくゆっくり見学できました♪
ま、ちょっと賑やかでしたけどね。携帯は鳴るし(切らずに話すし)、大人同士のおしゃべりも多かったですけど(子供が賑やかなのは仕方ないです)、藤城さんの展覧会なら許せる雰囲気があります(携帯はちょっとね^^;)。
小さいお子さんが喜びそうな展示もありますしね♪

影絵は本物じゃないと駄目です(何でもそうだろうけど^^;)
実際に光をあてた影絵の美しさと迫力は図録からは想像できない思います。
特に、水や鏡を使用する大型作品の展示の迫力は図録では無理!

展覧会をご覧になってない方のイメージだと、小人や、大きな樹の作品、カラフルなファンタジーなイメージが強い思いますが(多分)、私は初期のちょっと墨絵みたいなのとか、聖書を題材にした作品が好きです。ノアの箱舟を題材にした作品(正確なタイトルがわからない)の迫力は“図録買っちゃおうかな”って気にさせますが、見本をみてがっくり買う気がなくなります。関係者の皆様すみません。図録代でリピート見学しますから^^;)


図録は買わないけど・・・絵本はちょっと迷いました。
やっぱり、展覧会の後だと迫力不足で"がっかり”しちゃけど、大人が楽しめる絵本だし、サイン会もあるし^^;、う~~ん。
とりあえず、今日はやめとこ。まだサイン会の日まで余裕あるし(大人だけでも大丈夫だよね^^;)。
迷ってるのは『ぶどう酒びんの不思議な旅』

********

駐車券の時間に少し余裕があったので、31F(だっけ?)展望室へ。
皆さんお目当ては一緒のようですね。
今日は帆を上げてるときいたけど、そのようには見えないなぁ。上過ぎてわからないのかしら?あ、「みなとぴあ」も人の頭がいっぱい。こんな上からでもわかるものなんですね。

お目当ては、新潟西港に停泊中の 北前船「みちのく丸」
16日に開催された見学会は大盛況だった様子。
私も帆を上げた様子をみたかったけど、代用品のYouTubuで。
誰か新潟版もだしてくれないかなぁ。
[PR]
by k-mia-f | 2011-08-17 20:50 | 展覧会

絵本

b0125384_14413945.jpg

『丸屋茶寮』の富士白玉(だったと思う)。
こちらは”ふわふわ”のかき氷が人気ですが、大盛なので食べたことがありません。
富士山部分(多分)ぐらいの量ならちょうどいいかもと初かき氷です。
ほんとに”ふわふわ”
適量かと思ったけど食べたりない。今度はかき氷にチャレンジしてみます(カウンター席は寒くないし)。

**********

ご贔屓のブロガーさま絶賛の『いもとようこ絵本原画展』を鑑賞(@ばんび)
ちぎった和紙に着色するという画法に興味がありましたが(和紙の毛羽立ちは動物の毛に合いそうです)実際に鑑賞したとろ、よーく見ないと和紙とわからない作品も多かったのが意外でした。和紙を使用していることを知らずに訪れた方のために、会場内に画材等の説明があったほうがいいかなと思いました(多分無かったと思う)。
でも、作品には十分楽しみました♪
(というか癒されました・・・凹み続きの毎日です)

題材の昔話や童話を思い出しながらゆっくり見学していたらあっという間に2時間半。
最後に絵本を自由に読めるコーナーがありましたが、時間に余裕がなくて1冊だけ。選んだのは原画が素敵と思った『さんしょっ子』

もっと早く観にいけばよかったなぁ・・・
もう一度いきたいけど、会期は今日まで。
でも、次の藤城清治展も楽しみです♪


子供がいないので児童書コーナーには縁が無かったけど、大人でも十分楽しめるというか、大人だからわかるというか、思い出すというか・・・・
う~~ん すみません 表現力不足です。

今年の夏も避暑目的の図書館利用者が多そうですね。駐車場の混雑は困るけど、図書館で絵本はお勧めです♪

**********

「花のかみかざり」
b0125384_1556346.jpg
”ほんぽーと”にありますが、人気作品なので競争率高いかも。



「トキのキンちゃん」
b0125384_15565790.jpg
県民は絶対読むべき。



 ↑ この2冊は大人にお勧め。
書いていたら思い出してきた(泣)


「あした花になる」
b0125384_16195018.jpg
これは未読で気になってる作品。
カマキリが蘭の花に恋をする物語”一億年の時を超えて祈り続ける” 物語も気になりますが、表紙が素敵なのが読みたい理由。



原画が素敵だった2冊。
「つるのおんがえし」と「さんしょっ子」

b0125384_1652384.jpg
b0125384_1653187.jpg





[PR]
by k-mia-f | 2011-06-19 14:41 | 日常雑感

詩情

昨日は「万作を観る会」遠征
日帰往復高速バスです(びんぼぼ^^;)

11:20池袋駅前到着予定のところ11:00に到着。
日曜だと早いな~~ 平日だと10~30分くらい遅れます。
前回、7:00バスセンター発の便を平日に利用したところ、高速にのるまでに(新潟市内で)10分遅れ。
高速バス生活にも大分なれてきました。
休憩の越後川口SAまでは読書ですごします。いつもは朝食のおにぎりを持参するのですが、昨日は用意していきませんでした。
昨日は謡曲集からコピーをした「船弁慶」
じ、実は、毎回ファンデだけぬって自宅をでて、SAで残りを仕上げてます^^; 
パパっと残りを仕上げ(大して時間はかからない。がんばると変になるから・・)、車内で食べようとフローズンヨーグルトを買いに・・・あ、まだ開いてない(泣)  おにぎり買ってくればよかった。
休憩時間が残り少なくなったので、朝食ゼリーを買ってバスへ戻ります。
昨夜の睡眠時間は正味4時間くらい、1時間の読書でいい感じに眠気が。
次の休憩は埼玉県内、そこまで眠ることにします。ZZZZZZ
昨日は元気のいい男の子が一緒でしたが、耳栓のおかげで大して気になりません。
高速バスでは首枕と耳栓を忘れずに♪
(私は奥までいれることができないので、けっこう音はきこえますが、それでも使用する・しないで大分違います。最近は新幹線でも使用してます。)

上里SAで休憩。
おいしそうなスィートポテトがあったのでバスの中で食べようかと思ったのですが(ゼリーではパワー・チャージできない)、2組待っていたので諦めて、甘い飲み物(抹茶ミルクみたいだけど違うもの。名前忘れた^^;)を買ってバスに戻ります。
しばらく読書したらまた眠気が。能の詞章をちゃんと理解したいと思うけど、興味はあるけど、読んでいると眠気が・・・

池袋から上野へ移動。
目的は国立西洋美術館「ハンマースホイ~静かななる詩情~」
「日曜の美術館なんて混んでるよな~」 と思ったのですが、映画(洋画)観ててもハンマースホイを連想してしまって。冬に遠征ついでに新国立美術館の”モディリアーニ”を観にいったとき、開場前から並んでいたけど1枚1枚しっかり観ることができたので、大丈夫かなと。
上野駅でチケットを購入、前後はフェルメール、隣は琳派。ハンマースホイは人気ないのかな?(期待)
美術館のチケット売り場もそれほと混んでない(期待大)

いや~~ 観にいってよかったです!
1枚1枚、90点全部堪能しました~~(感涙)
絵画の知識なないうえ、ボキャ貧でどんなに素晴らしかったか伝えきれないのが辛いなぁ。
私は風景画・静物画は好きではないのですが、彼の作品は観ていてとても落ち着きます。
「デンマークのフェルメール」などと言われているようですが、私はフェルメールより好きです。
フェルメールも好きですが、ずーっと観ていたのはこちらです。
フェルメールは生活感があって、物語を想像するのが楽しいけど(楽器の音や台所仕事の音がきこえてきそう)、彼の絵は生活感がなく、幽霊屋敷みたいです。チェロを弾く男の肖像画も私には音が聴こえる気はしませんでした。1枚1枚近くで堪能した後、次のフロアへ移動する前にもう一度歩きながら離れて観てまわると、”入口はあるのに出口がない”そんな幽霊屋敷に迷いこんだ気分になりました。でも、この幽霊屋敷は居心地がいいです。
フロア中央で休憩しながら人越しに絵を眺めいたら自分が幽霊になった気分。

図録で見るりグレーの色が濃いです。
イーダの肖像画の色(緑がかった皮膚の色)には驚きました。ほんとに幽霊みたいで、図録の色より不気味です。

b0125384_20381086.jpg
日本版の図録も購入。
そして、マグネットを探したら1つ900円(けっこういい値段^^;)
あ~どれにしよう。4種類あるうち3種類で迷う。
そろそろ能楽堂へ移動しないと・・・・う~~ん 
結局悩んだ3つを購入。
すっごい大満足な時間を過ごしました。


先月の「唐相撲遠征」のついでに東京都美術館のフェルメール展を観にいったのですが・・・
携帯サイトで「待ち時間なし」となっていたのですが・・・確かに会場内に直行できたけど(チケット売り場は並んでいたけど、上野駅でチケット買ったので)・・・会場内で人酔い(泣)
あ~~ うるさぁ~~い!! 1時間も観ていられなかった。
とてもいられないとフェルメールだけにしぼり(それ以外はとばした)、新国立の”牛乳”よりはましだけど、観た気がしない。
今回はよかったよ~~~ 
大きな声で話すグループはいたけど、これぐらいなら大丈夫♪ 
フェルメールの時はもう・・・ 電気屋さんのTVコーナーにいる気分だった。
フェルメールって人気なんだね。何を今更って感じだけど、”牛乳”の会場だった新国立美術館は観光地だし、日曜だったから超混みだと思っていたの。平日で地味な美術館だから大丈夫だと思ったんだけどな(がっかり)

14:00に千駄ヶ谷着。
今日は朝食をとっていなかったので、駅隣でプレートランチをパクつき、その隣で休憩時の甘いものを買い(能の前にパワーつけないと)国立能楽堂へ。
終演後、身支度ととのえ外にでたら18:10。
19:05池袋発のバスなので、急ぎ足で駅へ。
上野駅で家族土産の甘い物を買おうとおもったんだけど、時間がなくて買えなかった。
上里SAでの休憩時に「紫芋きんつば」を購入。
紫芋って、沖縄のイメージなんだけど^^; 
[PR]
by k-mia-f | 2008-10-20 20:38 | 日常雑感

薔薇空間(6/17追記)

b0125384_2159974.jpg
前の写真と同様、Bunkamura「薔薇空間」展に合わせて登場したローズ・ガーデンを撮影。
花を眺めながら食事を楽しもうとしていた方々には迷惑だったかも^^;
実物はもう少し青みがかった色でした。

10日、送別会後、トイレ付きS社夜行バスで移動。
W社と違い、停車場が多いので眠れるか心配だったけど、控えめにしたとはいえビールを飲んだあとなのでトイレ付きの方がいいかなと。結局、トイレは使用しなかったけど。
始発便は途中乗車が多かったけど、今回は長岡以降で乗車する人がいなかったのでW社とかわりなかったです。



b0125384_21591034.jpg
池袋4:30着 時間つぶしはネット・カフェがお勧めときき、駅近辺の某店で3時間休憩。
何か、聞いていたのとイメージが違う・・・ 他の店だったのかな。
10:15シネ・リーブル池袋で『つぐない』 、家族へのお土産(和菓子)購入、コインロッカーへ荷物預けて移動。
『薔薇空間』展でクリア・ファイルと絵葉書セットを買いたかったけど、レジが行列で断念。
並ぶのも嫌だけど、14:50ル・シネマで『美しすぎる母』に間に合わない。
代わりに図録を購入(レジが違ったので並ばなくてもOK)


b0125384_21591098.jpg
b0125384_21591135.jpg


渋谷からバスで新国立劇場へ移動しようと思ったけど、バス乗り場がみつからない(泣)
暑いし、足痛いし、図録が重いし、探しつかれて新宿へ移動(電車移動へ変更)
京王線ってSuica使えるのかな?改札にSuicaマークが無かったから切符購入したけど、サイト見ると使えるような気がする。
なんか、人酔で頭いたくなってきた・・・・

新宿で折りたたみいすを抱え、キャリーをひきずってる人がいた・・・・
やっぱ、キャリーを使えばよかった・・・・
なんか、都内は座れるところが少ない気がする・・・・ でも、椅子はもってかない。

『椿姫』終演は22:00 
帰りは23:35池袋発の夜行バス。そーいえば食事してなかった・・・何か食べよう。
ホントは一泊したい・・・ 今年は会社休めない・・・

新しく開通した地下鉄だと池袋・新宿・渋谷の移動が楽になるというようなこと新聞に書いてあったけど、ホントかな。期待していいのかな。

【追記】
展示会場では薔薇の香りの演出がされていたこと、展覧会にしては照明が明るく、壁紙が空色のコーナーがあったり、本物のローズ・ガーデンの中にいるようでした。
葉脈(葉の破れ方)、綿毛、とげ、枝分かれ部分、花びらの筋、重なり、固いつぼみ、開きそうなつぼみ、終わりの花、細かいところまで観察されてます。

金曜日から咳が止まりません。観たい映画があるけど行けない、お風呂やさんも駄目だし、テレビはないし、本をよもうと思っても咳中断で頭に入らないし進まない。というわけで、「薔薇空間」の図録ばっかりみている。頁をめくると薔薇の香りがするような気がします。眺めて、横になって(咳疲れ)、起きて、開いて、また横になる。

今週末は よこはま万作・萬斎の会・・・ それまでに治さないと(泣)span>>

[PR]
by k-mia-f | 2008-06-14 21:59 | 日常雑感