人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

タグ:新潟 ( 109 ) タグの人気記事

転換期

b0125384_18311676.jpg

1/26(土)の日経新聞朝刊に、映画の「デジタル化」についての記事が掲載されています。
日経新聞は勤務先で読んでる方が多いのかなと思うので(勝手な想像ですが)月曜日に記事を読まれる方も多いでしょうか?
最近は新聞記事の他に、この問題を扱った『サイド・バイ・サイド』が公開されたことから、デジタル化に関するツイートも多くなって気がします(『サイド・バイ・サイド』新潟はシネウインドで3/9~3/29)

大手シネコン以外に足を運ばない方には、何で大騒ぎしているの分からないという方も多いのかなと思いますが、映画業界にとっては大問題です。
大雑把な説明ですが、今年の6月以降はデジタルシネマ設備が無い映画館は廃業するしかありません。
テレビの地デジ化で「アナログとデジタルどちらかを選択」できないように「フイルムかデジタルどちらかを選択」できず、サーバーからサーバーに送られてきた映画データを受信して上映する形になります。
(最終タイムリミットは2014年3月らしいのですが、新システムへの移行は6月頃に完成の予定とのこと。)
デジタル移行でのメリットも多くありますが(費用不足の若い監督さんとか)、このシステムで映画はさらに映画館より自宅で楽しむものに近づきます。

コダックの破産申請、富士フイルムの映画用フィルム生産中止、ゲキ×シネのような過去の舞台を上映するだけでなく『浮標』のようにスクリーンで生中継で舞台映像を観る時代。仕方のないことと思いますが寂しい気持ちと、これから映画館はどうなるんだろうと不安な気持ちになります。

現在、シネウインドでは「シネウインド デジタルシネマ設備募金プロジェクト」の真っ最中です。
目標額は機材とメンテナンス費用で2000万!
シネウインドが閉館したら困るけど、こんな大金が集まるか正直心配・・・
都内のミニシアターの廃業が続いたことを思うと(今年の廃業も含めて)、シネウインドが今後どうなるか正直心配。

映画館で「何だこいつ!(怒)」と思うこともありますが、やっぱり私はスクリーンで観るのがすき。
月刊ウインド1月号で(もう2月号が届くのに今頃読んでます^^;)11月に開催されたシンポジウムの記事が掲載されていますが、その中で手塚真監督が、同じ映画でも映画館で観ることは“体験”で、自宅で観ることは“経験”だと仰っていました。
これ、言葉でうまく説明できないのですが、すご~~くわかります!!

*********

 ↑ に貼り付けたもの同じですが

TOP画面はこちらから→「シネウインド デジタルシネマ募金プロジェクト
募金HPから、写真のデジタル化の漫画説明や、シンポジウムの内容もご覧いただけます。


1口¥10,000とありますが、受付にも募金箱がありますので、チケット代のおつりとか、クッキー代のおつりとか、パンフ代のおつりとか、募金にご協力して下さると助かります(シネウインドがないと困る県民の1人として)

それと、シンポジウムの話題に挙がった日本各地で開催される映画祭。
2月に「にいがた国際映画祭」のプレ上映会があります。多分、こちらでも何かしら募金活動があるのかなと想像してます。それと、1/16ブログ記事で、高崎映画祭プレ企画での「映画祭にとってのデジタル化」シンポジウムの資料内容が掲載されています。この記事の内容から想像すると、今年の「長岡アジア映画祭」の会場はリリックホールからアオーレ長岡へ変更になるのかな?そうだとしたら、あの今迄に経験した中で最悪の椅子から開放されるわけだ。
映画祭についての詳細はこちらから→「にいがた国際映画祭

それと、2/14に「木もれ日の店 よっ家」にて、チャリティライブが開催されるそうです。
出演者にサムライローズが掲載されていましたので、興味がある方は主催のにいがた国際映画祭実行委員へお問い合わせください。
シネウインドでもライブ告知入りの上映スケジュール表があるので、映画をご覧にならなくても頂けると思います。
by k-mia-f | 2013-01-27 19:17 | 映画

b0125384_2053089.jpg


有本さんの作品を一言で表すなら浮遊感です(ありきたりな表現ですが^^;)
実物を鑑賞するのは初めてで、想像していたより大きな作品だったことに驚き。
自分でも何故かわかりませんが、30~50cmくらいの大きさと思ってました。

有本さんはリコーダー奏者としても有名な方らしいのですが、作品を鑑賞しながら私の頭の中に流れていたのはパイプオルガンの音です。
音が流れるとうより、音が振ってきたという表現の方が近いですね。
初めてパイプオルガンの音を聴いたのは“りゅーとぴあ”バックステージツアーに参加した時ですが、あの衝撃は忘れられません。あの時の奏者の山本真紀さんの後姿が私にとって"かけがえのない光景”の1つです。パイプオルガンの演奏会に行くと、席に座った途端にあの時の最初の1音が聴こえて真紀さんの姿が見えるのです。

会場内に腰掛けるところがなかったのは残念だけど
(腰掛けて少し遠目で絵の世界を楽しむのが好きです)
歩いているのが床の上か雲の上かわからなくなるような、素敵な時間を過ごせました。

半券と一緒に写っているのは、当日券100円割引券。
2回行くかもと思って2枚頂いておいたんですが(どこで頂いたんだっけ?)
提示だけでOKでした
(1/27修正 裏面みたら済印がありました)

**********

当日はお散歩日和でしたので、夜の観劇に備えて“りゅーとぴあ”近くのコインパーキングに駐車して
(上演時間4時間だし、駐車場混むし、それなら1日800円を選ぶ)
徒歩で美術館へ行き、帰りは護国神社でお参りしてから戻りました。
(地元民しか距離感わかんないね。スミマセン)

b0125384_21244422.jpg
観劇前の腹ごしらえは、やっぱり「まぐろ漬丼」が一番です(価格とお味と量が)


by k-mia-f | 2013-01-26 21:11 | 展覧会

衝動食

b0125384_1485883.jpg

時々、無性に食べたくなるのが「イタリアン
ソース増量(+40円)でいただきました。
(といっても、先週のことですが・・)

県外の方に大雑把に説明すると、ミートソースがのってる焼きそば(うどんに近い太麺)で、文字にすると美味しそうではないけれど、食べるとなかなかです(だと思う)

何種類かソースがありますか、変わってるのより普通のが美味しいと思います。
(なんていって、食べたら意外と美味しいかもだけど)


これ書くと歳がパレますが、昔は古町にレストランがありまして(ファミレスとファーストフードの間くらい感じ)、祖父母宅は行く途中でパフェを食べるのが楽しみでした。母と“おでかかけ”していた頃は古町ばかり。高校生になるまで万代は行かなかったです(今は万代と近所のSCだけど)

古町に松竹と日野屋と明治屋があった頃、
邪魔なドカベン像がなかった頃(ファンの方には悪いけど)が懐かしい。
あのドカベン像は商店街の景観を汚くしているだけだと思う。
バスのアニメキャラは移動するからいいけど、ず~~っつといるドカベン像は邪魔。



(12/26追記)
記事に貼り付けるのに初めて「みかづき」HPを見て、何で焼きそばなのかやっとわかりました。
(今頃ですが・・・)
実は、ずっと「焼きそばより焼きうどんに近いよねぇ・・」と思ってたんです。
by k-mia-f | 2012-12-26 01:48 | 日常雑感

解凍後

b0125384_20385672.jpg

お風呂屋さんでポカポカになったらお腹ペコペコ。
図書館でタンドリーチキンの入ったXmasバーガーを頂きました。
(図書館で真っ先に行くのがカフェというのも・・・)

b0125384_20385613.jpg

数量限定のル・レクチチェ(洋梨)のコンポート。
色が赤いのは赤ワインで煮込んだから。
多分最後のコンポートです♪

仕事の資料を持参したんですが、お風呂と満腹で眠気が・・・
結局仕事しないで館内のソファでZZZZZZ
(図書館へ何しにいったんだか・・・)

今年最後の図書館はランチとお昼寝とチョコの買溜めで終わってしまった^^;
(無花果チョコがお気に入りです♪)


**********

ル・レクチェは新潟では誰でも知ってる高級西洋梨ですが、一般的には“洋梨=ラ・フランス”なんでしょうか?
遠征時に丸ビルとオアゾの地下を歩いていて“ラ・フランスのジュース ¥600-”という案内板(?)を見かけました(どのお店がおぼえていない)
ラ・フランスといえば隣県の山形が有名なのでちょっと悔しい気持ちになりました。
ル・レクチェも人気者になってほし~~

農家の身内はいるけどル・レクチェの関係者はいないんですけどね。
以前はこんなことで“悔しい”なんて感じなかったけど、これも歳のせいでしょうか・・・
大勢新潟を離れていったけど、私はこれからも新潟で暮らすわけだし、99%新潟で最期を迎えるわけだし、転勤で関東から新潟にきた人に“罰ゲーム”と言われたときは悲しいのと悔しいのが半々の気持ちになった。郷土愛に目覚めたのは歳のせいでしょうかね??


b0125384_2038565.jpg

ル・レクチェはジェラートにしても美味しいです^^
(光の加減で色がイマイチですが^^;)
by k-mia-f | 2012-12-24 20:38 | 日常雑感

満員御礼

b0125384_18362630.jpg

『黒部の太陽』を鑑賞。勿論初見。
石原裕次郎さんの意向でDVDが発売されていないので(注1)観たくても観れない映画ファンも多かったと思いますが、東日本大震災復興を目的としたチャリティ(裕次郎の夢全国横断チャリティ上映会)で念願が叶いました。

1週間限定1日1回で、上映館シネウインドの座席数は90迄無ので(と思う)買い物ついでに早めに受付して整理券をいただきました。平日で1時間前なら1桁代だろうと思ってたのに20番代でびっくり。好みの席を確保できたので“ほっ”としたけど満員御礼で補助席も登場。当初の鑑賞予定日は日曜日だったんですが、水曜日に変更して良かった。

三船敏郎と石原裕次郎の共演というだけでも観る価値がありますが(注2)、震災前と震災後では観方が違ってきます。高度経済成長期に入る頃で、増え続ける電気需要の対応するために建設された黒部ダム。その黒部ダム建設の為の資材運搬用トンネル工事の現場の物語。
困難な工事の様子だけでなく、登場人物の言動に見える戦争の傷跡が興味深いというか、考えさせられました。春の八箇峠トンネル工事事故(注3)も思い出してして悲しくなってしまった。それに加えて、開通後にダム建設の為に何台もの大型トラックが走るシーンで、トンネル工事の為に資材を背負って登山するうシーンが頭に浮かんで少し“うるっ”ときました。
トンネル工事の障害は水だったんですね。予告で大量の水が流れ込んできていたのは観たんですが、他に高温もあると思ってました。『高熱隧道』って映画の回想で登場した戦前の工事の方なんですね(恥)

終映時に大きな拍手。
涙の下地ができてるところに、久々に映画館での拍手に感動し(ご年配の方が多いリバイバル上映でたま~に拍手が起きます。私の経験ではこれで3回目)
それに加えて舞台となったこの地域には良い思いでがないので(注4)劇場の外にでてから涙がポロポロで恥ずかしい。
貫通後に振舞われた酒樽にヘルメットつっこんむシーンは笑えましたが(柄杓は用意されているんですけどね)


写真は帰りに『丸屋茶寮』さんでクリスマス仕様あんみつ♪
トナカイチョコと星型クッキーが入ってます。



(注1)裕次郎さんの「大きなスクリーンで観てほしい作品」という意向でビデオ・DVDも発売はありませんでしたが、来年DVDが発売されます。
(注2)今なら大したことではないけれど、五社協定の頃は大事件。寺尾聡さんが初々しかった。
(注3)素人考えですが長期間現場に入れなような場所(事故からガス抜き作業開始まで約2ヶ月)で排気設備が整ってなかったって酷いと思う。破砕帯での作業の様子で事故を思い出しました。
(注4)どーでもいいことですが、
子供の頃に黒部ダムを含む立山一帯に行ったことががるが立山の下りで死にかけた。ダムは覚えていない。大人になってからトロッコ電車に乗った相手を思い出したくない。
by k-mia-f | 2012-12-19 20:26 | 日常雑感

妖怪

b0125384_21225155.jpg


終わったことに対して、いつまでもグズグズしても仕方ないとは思うのですが、
どーしたら、マシな免許証写真になるんでしょうか?

前回は顎を上げすぎて見下してる二重あごみたい、

前々回はチークが"おてもやん”のように写り、

今回は顎をひき、お化粧は控えめ(いつも手抜きだけど)

出来上がったのは幽霊みたいない写真でした(泣)
顔が白くて、顎にひきすぎて上目使いで、口元が影ってるような・・・

美しく撮ってほしいわけではありません(それは無理)
マシな写真、手にしたとき目を背けない程度の写真でいいんです。

これを5年持つのかと思うと哀しくなってくる。

免許証を多人に見せる機会はそんなにない・・・と思うでしょう?

私の職場は頻繁に「免許証携帯検査」があるんです。
営業車に乗らなくても車通勤なので一緒に検査があるんです。
“検査”なんで、結構しっかり見られます(泣)

ベラみたい赤系のリップにすれば少しは血色よく見えたかな?
アイメイクがないと口だけ浮いちゃうかな?
(アイメイクすると失敗率高いんだよな・・・)

免許証が幽霊写真なんて縁起が悪い(欝)

**********

気分直しに『micicoco』さんの妖怪チョコ。
手作りなので表情が違います。中はムースチョコ♪
by k-mia-f | 2012-11-11 21:22 | 日常雑感

b0125384_1432483.jpg

(旧新潟税関庁舎)
若冲・応挙の至宝~京都相国寺と金閣・銀閣 名宝展』の第1会期展へ
人気があるといっても平日だから駐車場の空きはあるだろうと思ったら甘かったです。10:30頃に到着したんですが、正面側の駐車場は満車。丁度1台出るところでラッキー!と思ったら他にも2台その場を狙ってまして^^; 諦めて、ぐるっと回って裏側の駐車場へ。こっちは数台分しかないから半ば諦めてたんですけど1台分あいてて ラッキー^^
会場内は、平日も土日も関係なさそうな先輩方でいっぱいでした^^;


b0125384_14334646.jpg

(博物館本館)
お目当ては勿論“鶏” (伊藤若冲=鶏と思っている)
鶏の墨絵の屏風絵が素敵でした~~
(すみません、目録の漢字が読めません)
墨の濃淡と筆使いでこんなに生き生きとした絵になるんですね!
第2会期(10/30~)は右側と展示入れ替えになるというので、もう1回行ききたいけど11月は平日休みがないので難しいかなあ(日曜は込んでるしなぁ)

鶏よりお気に入りなのが 水に濡れないようお尻丸出しの掛軸絵『布袋渡河図 無染着浄善賛』
水に濡れないようにしてるのは、意味というか教えがあったんですが、
説明読んだけど鶏頭で覚えてません^^;
私のイメージで”掛軸=床の間=尻”というのありえなかったので、インパクト大なのと構図といいますか、格好が面白い^^ 着物を背中に上げて前屈みになっていて、お知りが前面にど~ん

・・・でも、やっぱり着色の鶏が見たかったな。
着色は牡丹とか、百合とか。

丸山応挙の『大瀑布図』の滝には圧倒されましたが、面白かったのは『十牛図』
お坊さんの修行の道程を牧童に例えた絵巻物みたいなの。1枚1枚が望遠鏡(または覗き穴)から見ているみたな丸い小さな絵が10枚。
牛を探してる牧童がいて、まず足跡をみつけ、追いかけて、捕まえて・・・
この牛、綱に引かれてるときと、牧童が牛の背に乗ってるときでは表情が違うのが面白い。
それぞれの意味を読みながら見ると、なるほどねって面白いです♪

(お詫び)
いくら素養がないとはいえ、もう少しまともな感想はでないのかと自分でも思います。
検索でお立ち寄りのファンの皆様、稚拙な文章で申し訳ありません。



b0125384_1434390.jpg

(旧第四住吉 小さく見える船は佐渡汽船)
「見学はご自由に」だったので入ったらレストランでびっくり(ぽるとカーブドッチ)
見学用の入り口は別にありまして^^;
中に入って2Fへいくと吹き抜けになったレストランから美味しそうな匂いがしてきました。
畳の部屋が用意されてるあたり戦前の建物って気がします(やっぱ日本人は靴ぬいで足を伸ばしたいのよね)



b0125384_1435102.jpg

(ぷかぷか)
ところで、この展覧会は2会場に分かれて開催されてますが、
“みなとぴあ”と“会津八一記念館”の入場料は別です。
2会場割引券とか、リピーター券とかありません。
b0125384_14352563.jpg

(ぎゅうぎゅう)
“みなとぴあ”でいただく常設展示券を勘違いされている方がいらっしゃいますが、これは第2会期(展示入れ替後)の観覧券ではありません。


**********

b0125384_14282484.jpg

展覧会の後は“ほんぽーと”(図書館)へ
ランチは・・・ここもカーブドッチ^^; フレッシュトマトとサンマのパスタ
(新潟はカーブドッチしかないのかと思われそうだな)
他にサラダ・パン・ドリンク付で¥1050-
パンは3種類です。お代わりできます。
(デジカメで撮ればよかったな)

b0125384_14282480.jpg

奮発してデザートもつけました(+150)

駐車代がかからなければもっと行くんだけどねぇ・・・
COCOLO(駅ビル)みたいに1円でも買い物すると駐車券でるようだと嬉しい。
(図書館だもん。本見てご飯たべてたら2時間くらいかかるでしょ?)
(図書館はご飯食べるとこじゃないといわれると言い返せないけど・・・)
by k-mia-f | 2012-10-24 16:39 | 展覧会

休日

b0125384_21323427.jpg


夏は親子連れとか撮影している人とか多かったけど、
涼しくなって人気がなくなった(?)バンブーハウス
「水土」の看板アート 前回のより立派です。


b0125384_2133228.jpg

独占でした


b0125384_21333038.jpg

青空だとよかったんだけどね・・・
青空の日に行けたらもう一回撮ってみる。
これから青空の日は少なくなるけど(会期は12/24まで)

**********

シネウインドの「第2弾ザ・タイガース&ジュリー特集」で 
『世界はボクらを待っている』に"参加”

前回も感じたんですが、ここまで夢中になれるものがあるって素敵。
早めに受付してロビーの展示物を拝見させていただきました。経年の色褪せはありますが小さいな新聞記事も見逃さない、丁寧に貼られた痛みのないスクラップ帳に感心。
県外からの遠征組も多く、遠くは札幌、下関(だったと思う)

スタッフのKさんから「今日は“ゴー!バウンド!”やりますから」と言われ、ザ・ベストテン世代タイミングを間違って皆さんのテンション下げたらどうしよう(汗)
ジュリーが呼び掛ける(合図)があるから大丈夫といわれたけど、真似できるように2列目の席を確保(いつもは1列目)

先輩方はジュリーの合図前から手拍子と「ゴー!バウンドー!」だったので余計な心配でした^^;

物語りはあってないようなもの(注:批判ではない)
つっこみどころ満載で(注;ホントに責めてないから!)
プロモーションビデオみたいで、曲もほどんど何処かで聞いた事があるので面白かったです。
“王子さま”って言葉がぴったりでした。



b0125384_2129848.jpg

ランチは久々に『Chere』にて。
食後に川沿いをブラブラしてシネウインドへ戻りました。

家にいると仕事のことばっかり考えちゃうので
シネウインドで2回目の『ミッドナイト・イン・パリ』と
WM新潟に移動して『最終目的地

雑食性映画ファンの充実した休日で、
朝は活力をもらい、昼は現実を直視し、夜は幸せをもらいました。
by k-mia-f | 2012-10-17 21:29 | 日常雑感

夏花④

b0125384_19133824.jpg

白い蓮が見たくて高田公園「はすまつり」へ。
私が知っている限りで白い蓮を見ることができるのは此処だけだと思い、2時間かけて見に行ったのですが・・・


b0125384_19135794.jpg

白はどこ??
白い蓮が点在していると思っていたので、ちょっとがっくり。
これだけ広い場所(これでも堀の一部)で見つけたのは2つだけ。
今頃気付いたんですが、半分しか回ってないです・・・

先に散策マップをみていけばよかった・・・2時間かけて行ったのに(しつこい?)


b0125384_19142245.jpg


濃いピンクが可愛い^^


何故白い蓮がみたいのかといいますと、トニー・ブイ監督作品『季節の中で』に登場した蓮池が素敵だったから。、正直、物語はどうでもよく^^;白い蓮と赤い花炎樹の映像にうっとりしました。


b0125384_19144231.jpg


"ちゅっ”って感じが可愛い^^


『季節の中で』の原題は『THREE SEASONS』
実はタイトルの意味がよくわからなかった。舞台はベトナムで、雨季と乾季しかないんですね。
オムニバス形式で3つの物語だったので、それでかなぁ・・・なんて思っていました。
(ストリートチルドレンと元米兵のお話を1つと考えてます)
b0125384_1915669.jpg


ゴージャス(品種不明)


今頃になってナルホドという解釈をみつけました。

3つ目の季節は“希望”


b0125384_19152450.jpg

お目当ての白い蓮は極僅かだったけど、なんだかんだと2時間近く楽しみました。


b0125384_19153910.jpg

朝の雨のおかげで、生き生きとしていました。
by k-mia-f | 2012-08-09 19:26 | おでかけ

夏花③

b0125384_8273136.jpg

今朝のお散歩は白山さまへ。
今頃になって、お参りを忘れたことを思い出しましたた^^;
これから久々の文楽のチケットを確保しなきゃいけないのに大丈夫かな?


b0125384_8255818.jpg

時間帯や天気のせい(明るさの違い)もあると思いますが、雪梁舎さんより色が薄い気がします。


b0125384_8281168.jpg

ところで、
白山さまの蓮は葉が大きくて高さがある気がします・・・といっても
そんなに色々な場所を知っているわけではないのですが^^;


b0125384_8283592.jpg

ところで、
今日も朝から あっちぇ~~~~~ですね・・・
昭和大橋を通って帰ったんですが、河川敷は既にたくさんの花火場所とりシートがしいてありました。
シートただけで大丈夫かしら?盗まれないのかしら?
でも、あそこで今から待ってたら花火の時間は病院かも。


b0125384_829586.jpg

花が宙に浮いているみたいで気に入ってます。
b0125384_8292894.jpg

藤棚の下にて休憩。
お隣は望遠鏡みたいなカメラのおじさまが花と対決中。
じ~~っと睨みあっておりました。
(蓮池一周して戻っても対決は続いていました)


一昨年だったたかな?
立派なカメラで撮影中のおじさまから、縁だけが濃くて透き通るような淡いピンクの蓮の見せていただきました。こんな綺麗なのあったっけ??と驚いた覚えがあります。
by k-mia-f | 2012-08-05 09:07 | 日常雑感