人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

b0125384_1817441.jpg

作:ダーチャ・マライーニ
演出:マックス・ウェブスター

出演:中谷美紀/メアリー 神野三鈴/エリザベス



6月のパルコは前方の舞台を正面目線で鑑賞できる席で、7月の新潟は最後列に近い中央ブロックで見下ろす席での観劇。
舞台後方に少し前屈みな鏡があるセットで、後方から観ると“飛出す絵本”みたいだなと思いました。

登場人物はメアリーとエリザベス、二人の関係者合わせて5人。、
5人といっても二人芝居なので、メアリーの乳母エリザベス・ケネディを神野さん、エリザベスの侍女ナニーを中谷さんが演じ、女王と従者の会話で物語が進みます※。
コロコロ場が変わるのが、頁めくる度に“メアリー”と“エリザベス”が飛出してくる様に感じたのです。

(※配役)
エリザベス(神野さん)×侍従ナニー 
            後のダドリー夫人レティス・ノールズ(中谷さん)
メアリー(中谷さん)×乳母エリザベス・ケネディ(神野さん)


後方席だと舞台で演じている様子が合わせ鏡のように見えて、二人の女王の生涯が真逆だったことを思います。
衣装はチラシと違って、黒のシンプルなドレスの上に麻布みたなガウンのようなものを羽織った感じ。
舞台のドレスはパルコ劇場の特設サイトの写真でみることができます。


**********


過去の公演は未見、作者のことも全く存じ上げず^^;
普通の歴史劇と思っていたらフェミニズム演劇でちょっと驚きました。

後半の“豚さんの歌”とか、エリザベスの結婚に対する考え方とか、ちょっと怖かったです。
“豚さんの歌”の豚とはロバート・ダドリーの事です(曲名は私が勝手に付けました)

“豚さんの歌”は、メアリーが夢の中でエリザベスと会見した時の様子なんですが、上から電飾が下りてきて二人がマイクを手にノリノリでダトリーを罵倒して歌う姿に唖然としてしまいました。
このお芝居の結末はどうなるんだと心配しはじめた頃、電飾がなくなり、メアリーの夢オチとわかって“ほっ”としました^^;


パンフレットによりますと、作者は70年代に小説や戯曲で男性視点で書かれた歴史を女性視点で読み直しをはじめたとのこと。(近作は1980年の作品)
このことを知って思い出したのが『W.E』※
エドワード8世の退位のラジオ演説ぐらいしか知らなくて「恋の為に全てを捨てた人」というカッコイイ(?)イメージしかなくて、エドワードと出会うまでのウォリスの人生や恋の為に捨てたことを考えたことなかった気がします。
全てが史実通りに描かれたわけではないと思いつつ、ウォリスに同情した作品です。

※放題『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』
 (2011年/監督マドンナ)

**********

パンフレットを買うのは控えていたのですが、今回のは購入してよかったです^
ちょっとお高いなと思い迷いましたが、装丁と写真が素敵で(チラシ等の青と赤のドレス)インタビューや作品の背景等も読み応えがありました。
(『禁断の裸体』は文字は多くても知りたいのが無かったので、今回は見本をしっかり確認した)



中谷さんのお芝居、私は『猟銃』以来だったのですが、お上手になっていて嬉しくなりました^^
(上から目線ですみません。言葉が思いつかなくて)

メアリーの衣装が片袖だった理由が分からないのですが、私の中で囚われの身ということでエリザベスより格下ということか“、逃げる為の翼がないという意味で収めました。
by k-mia-f | 2015-07-26 17:44 | 演劇

b0125384_164770.jpg

作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:アンドリュー・ゴールドバーグ
演出補:谷賢一
出演:佐々木蔵之介


舞台は精神病院。登場人物はたった一人の患者。
そして時折見守る看護師二人のみ。
監視カメラが、患者の全ての動きを、逃さず捕らえて映し出す。
観客は、患者に内在する「マクベス」の登場人物たちを介して、
あの忌まわしい物語を追体験する。(パルコ劇場公演情報より)



『マクベス』の翻案と1人20役とういうのに興味があり、特設サイトの動画やオリジナル版の劇評等は見ずに観劇。例えば『フランケンシュタイン』の様に一人の役者がマクベスとマクベス夫人を演じるような舞台を観たいと思っていて、理想とは異なるけどこれなら二役同じ役者の演技を観る事ができます。
公演情報を読んで、多重人格の患者が幻想の世界にとらわれていて(戯曲の台詞を言う)、看護師は現実世界に生きている人(戯曲の台詞を使わない)と想像していいましたが、実際は違ってました。

冒頭で“患者”が何らかの犯罪に関っていることが分かり、『迷宮の女』※みたいな扱いなのかなと思い・・・ましたが違う様子、舞台が進むにつれ“患者”は自傷行為を繰り返しており原因は“子供”に関係があると、多重人格ではなく役を演じている※と感じました。

“患者”は被害者なのか加害者なのかどっちだろう??と
そんなこと時々考えながら観ていましたが、ヒントが色々あったけど答えは出さずに終わりました(見逃し聞き逃しがなければ・・・)
こういう想像とうか妄想できるのは、割と好きです。
好きなんですが、途中がちょっと単調で退屈に感じる部分があり、好きか嫌いか微妙なお芝居という扱いになりました^^;

※2003年ルネ・マンゾール監督(この作品からシルヴィー・テステューのファンです^^)
※観劇後にた動画で、佐々木さんは“演じている”ではなく”語っている”と仰ってました。

**********

舞台セットはオリジナルと同じ(特設に写真あります)
緑色のタイル壁(っぽい)の病室には3台のモニターと室外から監視できる窓、ベッド・椅子・洗面台・浴槽、出入り口が階段の上にありました。

患者が入院するところから始まります。
放心状態のスーツ姿の患者の衣服を医師と看護師が脱がせ院内服に着替えさせます。
この場面で何らかの犯罪に関った人物と分かります。
医師と看護師が何やら話していますが良く聞こえませんが、多分「ボタンはずしますよ」とか戯曲にはない台詞だと思います。
着替えが終わり、医師と看護師が部屋から出る際に患者が「いつまた会おう、三人で」と声をかけます。
ここから20役を演じ分けるお芝居が始まります。

ブランケットやバスタオルの使い方等、色々な小道具を上手く利用して演じ分けますが『マクベス』の予備知識無しでは難しいお芝居に感じました。
小さい役やエピソードは省いて大分すっきりした物語になっていますが、粗筋を読む程度だと“初マクベス”の方は混乱しそうな気がします。
初めての方は、観劇前に戯曲を読むか舞台映像("ほんぽーと"はBBCのシリーズがあります)を観ておくことをお奨めします。

佐々木さんが“チケットを売る為”(byアンドリュー)年齢を感じさせない姿で舞台に登場しますが、三浦大輔演出『禁断の裸体』の後ではアイドルのようにおとなしい演出に感じます。
オペラグラスでガン見しても大丈夫なレベルです(私はしてないけど)。

**********

小道具は役の演じ分けだけでなく、物語の中で「患者の身に何が起きたか」を教えてくれるヒントでもあります。

”マルカム”を表す人形、とマクダフの息子を”表す“子供用セーターの扱い方。
(マルカムの台詞の後、乱暴に投げつけたのが気になっています)
マクダフの息子を浴槽に沈めて殺害するのは何故なのかとか。
(戯曲では刺殺ですよね?)
“患者”=“マクベス”の浴槽での自殺未遂は何故なのかとか。
(戯曲通りなら助からないですよね?)

こういのを想像・妄想するのが楽しいです^^

**********

観劇後に特設サイトを見た後の私の解釈。

冒頭の魔女の台詞「いつまた会おう三人で」が、最後に同じ立位置で同じ様に登場します。
ここで振り出しに戻り、患者は現実世界に戻れないのではないかと。
入院してから同じことをずっと繰り返しているのではないかと。
マクベス(患者)マクベス夫人(奥様)息子の三人のことなんじゃないかと。
戯曲ではマクベスとマクベス夫人は表裏というか一対というか“二人で一人”のように思えるのですが、今回の場合はマクベスとマクダフが“二人で一人”なのではないかと。
文楽っぽく言えば、マルコムへの忠義から自分の妻子が殺されたともいえるので、現実世界でも似たような事が起きていたならマルコム人形を投げつけるのもわかるかな・・・というのが私の「勝手に解釈」
by k-mia-f | 2015-07-24 16:02 | 演劇

近況

b0125384_22395794.jpg

最近アルコールを控えているので1ヶ月ぶりのビールです^^

暁斎展は面白かった♪

マクベスは微妙
by k-mia-f | 2015-07-22 22:39 | 日常雑感

善竹狂言会@国立能楽堂

b0125384_2152444.png

故 善竹彌五郎没後五十年追悼記念公演

狂言「二千石」善竹隆司
舞囃子「頼政」 金春安明
狂言「通園」大藏彌太郎
狂言「釣狐」善竹富太郎
狂言「武悪」善竹十郎




演目が魅力的で初めて善竹狂言会へ。
狂言会というと2~3曲 2時間というのが普通で、
演目見て最初に思ったのが「これって3時間で終わるか?」

づがれた~~
今回席運が悪くて前に大柄な上に前後左右によく動く方で、身体に悪い座り方でなんとか観る事ができたのでくたくたです。
2回休憩挟んで3時間40分でした。

「通園」のネタ元「頼政」を合わせ、
パンフにパロった箇所がわかるよう両方の詩章をつけ、
見所には通園家の御当主が!

今回は追悼公演だから特別なのかしら? と思ったけど
昨年も記念公演で同じボリュームの演目。
てことは毎年こんな感じ?
by k-mia-f | 2015-07-20 21:40 | 能楽

b0125384_2033579.jpg

原作:今日マチ子「cocoon」(秋田書店)
作・演出:藤田貴大(マームとジプシー)
音楽:原田郁子


初演と原作は未見。
藤田さんの演出は『モモとパノラマ』に次いで2回目。
「ひめゆり学徒隊をモチーフ※にした物語。
舞台は凹型、後方にスクリーン、衣装は白シャツとベージュの“ふわっ”としたスカートで、初演の舞台写真を見るとこのあたりは変わっていないと思いました。

普段観る舞台に比べると役者さんの力量がイマイチかなと思いましたが※、台詞が現代女子高生っぽいことや床運動みたいな動作と合わせると、全体としてはうまくまとまっているように感じました。特別に印象的なところ(場面・役者)はなく最後まで観て「うまくまとまるもんだなぁ・・」というのが感想。

※藤田さんがインタビューで「戦争をモチーフ」と仰ってますが、ひめゆり」「沖縄」と特定はしていなかったです。アフタートークでもそんなこと仰ってたような(既にうろ覚え^^;)

※台詞が聞き取りにくい。スピーカーが近くて音楽と重なって聞き取りにくかったというのもありますが、声が小さいことが一番の理由じゃないかと思います。大きい声というと叫んでるだけというふうに感じました。

**********

藤田さんの演出の特徴である、短い場面・台詞を何度も繰り返す「リフレイン」で、黒子さんのような男性2名の椅子を動かす所作が古典芸能の型のようで、そういう目で観ると舞台の形が能舞台を真似ているようにも感じます。タイプは異なりますが、木下歌舞伎『黒塚』や女体シェイクスピアシリーズで感じた「やり過ぎだけど勢いがあって面白い」に似た感想で、若い演出家さんが古典で新しいことしようとするとこうなるのかな?

私の中で狂言と挙げた3劇団(劇団というより集団か?)の共通点はテレビでは絶対つまらないとと思うこと。
何でも生の方が良いのは当たり前なんですが、他はそれなりに楽しめそうな気がします。
「このお芝居って面白い。次は生で観てみたい」と「テレビは途中で飽きちゃったけど、生で観たら面白い」の違いなんですが・・伝わるでしょうかね。

他の若い演出家さんというと、昨年から今年でイキウメの前川さん、小川絵梨子さん、森新太郎さんの舞台を観ていますが普通のお芝居(?)と同様の感覚で観ています。何年か前の前川さんの「奇ッ怪」は夢幻能の形だったし、森さんは古典作品だったのに何が違うのでしょうか???

**********

私にとって台詞が聞き取れないというのは凄いストレスですが、こちらの劇団(?)は気になりません。
「ひめゆり学徒隊」と結びつけて観ていたので、台詞や時系列が分からなくなっても、何を表現しているか理解できたということもありますが、何度も続く「リフレイン」が、徐々に身体に染み込んでいくよな感覚で、お芝居よりもNoismのダンス公演を観ている時に近いような気がします。

それと、あちこちから聞こえる啜り泣きが舞台の効果音のように感じました。他の舞台の啜り泣きは「客席から聞こえる音」なんですが、今回はまるで舞台の演出の一部の様に感じました(私は一粒もこぼれなかった・・・)

現代の女子高生っぽい話し方だからと思いますが、過去の沖縄戦を思いながら観ていたのが徐々に未来の物語を演じているような気がしてきました。
近頃の法案をめぐる動きも影響しているかもしれません。
話がそれますが、昔から何となく政治家は信用できない・何も変わらないとか思いながら、左右関係なく戦時を生き抜いた同志の越えてはいけない一線のようなものがあった気がします。今はそうゆうのが無くなったような気がして不安に感じます。

**********

昨日ちょと愚痴ったことですが(削除済み)
今回は整理番号なしの自由席だったんです。
劇場に続く通路の窓際がベンチになっているので、会場まで1時間あるけど腹ごしらえしながら待つことにしたんです。
他にもおしゃべりしてたり、読書をしている方が大勢座っていて『cocoon』の為に用意された場所ではありませが、殆ど開場待ちの方だとわかります。
で、私の隣に座った方が会場待ちの列かどうか質問されて「そうだと思います」とお答えになり、私はちょっとびっくり。
ベンチに座れるのなんて限られた人数だし、着いた順に腰掛けているわけじゃないし(着いた順に座っていたとしてもそんなルールがあるわけでないし)、後から来た人が入り口前に立ったらその方の方が優先入場順位は上です。
「舞台をご覧になる方達だと思いますが・・・」と教えてあげたのが余計な事でした。
そしたら、
「自由席だから並ぶ」と仰って、開場まで45分もあるのに、誰も並んでいないのに、腰掛ける場所もあるのに、先頭に立ってしまって、1人立ったらベンチに腰掛けていいた皆さんも後ろに続いてしまって、私だけがポツンと残ってしまいました。
入り口前が混雑してきて劇場スタッフから指示がでてから並ぼうと思ったのに・・・・
私に質問されたわけでもないんだから違っても黙っていればよかった・・・・
これが昨日の「口は災いの元」です。
どのように客席が用意されているか分からなかったけど、今迄の特設の様子をから正面は100~150かなと想像し、スクリーンがあるから正面に座りたいなと思って私も並ぶことにしました。
で、入場したら「早くから並ばなくても大丈夫」なセッティングでした^^;
by k-mia-f | 2015-07-20 20:48 | 演劇

近況

b0125384_127447.jpg

買い忘れて諦めていた『cocoon』のチケットが手に入り、駐車場の混雑を考えて早目に出てきました。

久々に西堀地下街を歩きましたが・・・昭和人の眼からすると寂しいなぁ・・・

滅多に氷入りの飲み物は飲まないのですが「シャモニー」のリアルコールドはコーヒーで作られたられた氷なので大丈夫(薄まるのとテーブルがグショグショになるのが苦手なんです)
by k-mia-f | 2015-07-18 12:07 | 日常雑感

b0125384_14193574.jpg



【あらすじ・公式HP
1984年、不況に揺れるサッチャー政権下の英国。20ヵ所もの炭坑の閉鎖が決まり、それに抗議する炭鉱夫のストライキは4ヵ月目に入ろうとしていた。ロンドンに暮らすゲイのマークは、そのニュースを見て彼らを支援しようと、仲間たちとゲイのパレードで募金活動を行い、合わせて“LGSM(炭坑夫支援レズビアン&ゲイ会)”という支援組織も立ち上げる。さっそく、集まった寄付金を送ろうと全国炭坑労働組合に連絡を取るも、ゲイというだけで門前払いを食らってしまう。そこでマークは炭坑に直接電話してみたところ、ウェールズの炭坑町ディライスが支援を受け入れてくれることに。こうして、まるで水と油の2つのグループの交流が思わぬ形で始まるのだったが…。<allcinemaより>



結果はわかっているし予想通りの展開でしたが面白い!
劇場だからおとなしく観てるけど、心の中でガッツポーズと怒り拳を交互にあげている。
扱っているテーマは重いけど全体はユーモアたっぷりで軽い感じで、時々ピリッとした現実を挟んでくる。

2時間にまとめるのに端折ってるところもあると思うので実際はもっと大変だったと思いますが、それでも十分「実話とは思えない」お話でした。マークの頭の回転の速さ・閃き・行動力が素晴らしいと思います。
悩む暇なく(順調過ぎるようにも思えますが娯楽映画として考えると気にならない)どんどん前に進むのが観ていて気持ちいい!
罵られれば、それを逆手にとって盛り上げる。
先頭に立って仲間を引っ張って行くのがカッコいい。
こういう人がリーダーとよべる人だと思いました。

支援しようと思った理由も、生活に困った炭鉱夫とその家族に同情してというのではなく「戦う相手が同じだから仲間」という思いが最初の方で語られているので、頼まれてもいないし差別されているのも分かっているのに支援先を探すという行動も理解でいきます。だけど、私がリーダーなら別のことに使い道を考えるだおうな。募金してくれた皆も理由を説明すればわかってくれると思うし。

組合とLGSMの団体の関係だけでなく、個人の問題とういか、エイズやカミングアウトの難しさとか入っているのも良かった。
炭鉱町のおばちゃん達のはしゃぎっぷりとか、ゲイカップルへの素朴な(?)質問とか、ゲイと一緒にダンスで仲良くなる(町の男性は踊れない)とか女性が元気でした!
炭鉱ストとは別に解放された女性達を観るのも楽しい^^



b0125384_14272758.jpg

( ↑このシーン かなり好き^^)


身近にゲイがいないので(私が知らないだけかもだけど)
もしも打ち明けられたら私はどういう反応するのかな?
ゲイに対しての偏見はないので、それで付き合いが変わるわけではないけれど、何か質問したほうかいいのか・・・驚いたほうがいいのか?
つまり、何か反応したほうがいいのか、しないほうがいいのか分からない。


原題 PRIDE
監督 マシュー・ウォーチャス
製作年 2014年
製作国 イギリス
上映時間 121分

**********

ついでに
b0125384_1564449.jpg

1984年当時の英国では、同性間の性行為は21歳迄は法律で禁じられていました。
こういう話題になると、どーしても『イミテーション・ゲーム』のA・チューリングを思い出してしまいます。
書く時期を逃してしまったのでちょこっとだけ。
この作品を観るまで、A・チューリングもエニグマも知らなくて^^;
あらすじ等を調べて、舞台『フランケンシュタイン』の博士のB・カンバーバッチならぴったりかなと思い期待大で観にいきました。で、実際観てみたら『パレーズエンド』を思い出してしましまた。
ジョーンのアドバイスを受け、同僚と馴染もうと林檎をプレゼントする姿がぎごちなく、机の上に置いたのは大丈夫なんですが手のひらにどんを置いたのが(渡したのではなく置いたと思う)ツボにきました。だめ押しにその後のつまらないジョークも、なんて不器用な人なんだろうと微笑ましく思えました。

ついでのついでに、、
『イミテーションゲーム』というと、どーしても『つぐない』と『裏切りのサーカス』を思い出します。
『SHERLOCK』と『スタートレック』のイメージが強すぎて忘れられていますが(多分)、ピーター・ギラムがお気に入りです^^

by k-mia-f | 2015-07-16 14:48 | 映画

2015.06

b0125384_20151513.jpg
(注意)
昨年の明月院(鎌倉)の写真です。
鎌倉が舞台の作品を2本観ているのと、今年は何処にも紫陽花を見に行かなかったので代わりに。

   
6/1『おみおくりの作法』(2013)ウベルト・パゾリーニ/英・伊/91
6/3『妻への家路』(2014)チャン・イーモウ/中/110
6/5『ソレダケ / that's it』(2015)石井岳龍/日/110
6/8『イミテーション・ゲーム』(2014)モルテン・ティルドゥム/英・米/115
6/9『駆込み女と駆出し男』(2015)原田眞人/日/143
6/9『予告犯』(2015)中村義洋/日/119
6/11朝10『シェルブールの雨傘』(1963)ジャック・ドゥミ/仏/93
6/12『あん』(2015)河瀬直美/日・仏・独/113
6/13『恐怖分子』(1986)エドワード・ヤン/香・台/109
5/14『ハイネケン誘拐の代償』(2014)ダニエル・アルフレッドソン/ベルギー・英・蘭/95
6/14『Mommy/マミー』(2014)グザヴィエ・ドラン/加/139
6/15『あん』(2015)河瀬直美/日・仏・独/113
6/19『海街diary』(2015)是枝裕和/日/127
6/24『海にかかる霧』(2014)シム・ソンボ/韓/111
6/26『ディオールと私』(2014)フレデリック・チェン/仏/90
6/30『サンドラの週末』(2014)ジャン=ピエール・ダルデンヌ/ベルギー・仏・伊/95
6/30IS『グランド・ブタペスト・ホテル』(2013)ウェス・アンダーソン/英・独/100

6/16『東海道四谷怪談』作:鶴屋南北/演出:森新太郎@新国立劇場
6/16『敦~山月記・名人伝~』作:中島敦/構成・演出:野村萬斎@世田谷パブリックシアター
6/17『メアリー・ステュアート』作:ダーチャ・マライーニ/演出:マックス・ウェブスター@パルコ劇場
6/17歌舞伎鑑賞教室『壺坂霊験記』@国立劇場
6/21『東海道四谷怪談』作:鶴屋南北/演出:森新太郎@新国立劇場
6/27『敦~山月記・名人伝~』作:中島敦/構成・演出:野村萬斎@りゅーとぴあ
6/28 春の能楽鑑賞会@りゅーとぴあ


**********

b0125384_2185017.jpg
ハンセン病と桜だと、どーしても『砂の器』を思い出してし、加藤嘉さん演じる千代吉の「こんな奴しらん」(注:台詞が思い出せないけど施設での取調べの時の)が頭の中で響いて、なんていいますがイマイチ集中出来なかったのですが、苦手な河瀬監督作品で初めてちゃんと観れる作品でした。
6月は樹木希林さん出演作が3本・・・・多すぎでないかい?



**********

花といえば『ディオールと私』
花で埋め尽くされたショー会場の壁が素敵でした~
勿論、それだけじゃないですけどね。
ていうか、これはサイドメニューのほう。
b0125384_21221583.jpg

遊んでばかりいますけど、一応節約しないととは思っていてドキュメンタリーは控えることにしたのですが、予を観てこれだけはどうしようか迷って終わり近くなって観にいきました。観にいってよかった~~。
ここまで裏側見せていいのかなぁって思っちゃいました。
一番大事なのはデザインだけど、デザイナーとお針子さんの関係が対等に感じました。メゾンを支えているのはお針子さんたちなんだなって。
b0125384_21393026.jpg









観劇と時間に余裕ができたことを理由に久々に大宮の友人に会いました。
連絡したらお盆明けに北海道へ引っ越すとのことで、思い切って会いに行って良かったなぁと思う。
by k-mia-f | 2015-07-06 21:40 | 備忘録

外朝

b0125384_1149075.jpg



10時に最後の健康診断を終え、バリウム後処理で、一昨年の失敗と、反省し昨年は改めたことによる成功(?)から、モーニングでパンケーキセットを頂く。
いつもはトーストですが、ポイントがたまったので奮発しました!
パンケーキは私の好みより"もちもち"しすぎですが、ベーコンが厚いなと蜂蜜なので二重丸の合格点^^

たけど、いつも混んでて"まったり"出来ないのが悩ましい・・・

昔は4人掛テーブル1人で独占して"まったり"モーニング出来たんですけどね。何組もお席待ちの方がいらっしゃるので早々に立たねば。
新しいポイントカードを見て、いつの間にか支店ができてい3店舗(市内で)。
これもまた気づくの遅すぎですかね?

お店は書かなくてもピンときますよね?








(今年はダメでした・・・)
by k-mia-f | 2015-07-02 11:49 | 日常雑感