人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

夏花②

b0125384_20411839.jpg
b0125384_2042079.jpg


今朝の雪梁舎の蓮
先週より更にカメラマンが増えました。
まったり眺めていたいけど、なんか撮影しなきゃいけない雰囲気。

**********

ところで、

あっちぇ~~~~~~~~~~~!!
節電対策で職場のエアコンが使えないんです。
そろっとゲリラ豪雨がきてほしい気分(泣)
今日は何度あったんだろう?
by k-mia-f | 2012-07-30 21:05 | 日常雑感

夜行“考”

b0125384_19532794.jpg


先月の京都旅行では夜行高速バスを利用しました。
新潟~東京間は度々利用していますが、関西は初めてです。

関越道での大事故の後なので、夜行バスで行くことを心配して下さる方もいましたが、私は余り気にしてなかったです。
上越&東海道新幹線か伊丹空港から京都へ向かう人が多いと思いますが、鞍馬~貴船を歩くのが一番の目的だったので「初日に天気が悪くても、3日目なら大丈夫では?」と考えて、日程調整できるよう"フル日滞在”できる夜行バスを選択しました。

利用したのは新潟交通と阪急バスの共同運行(今回は往復新潟交通でした)。
休憩は栄PAと草津PAの2ヶ所ですが、他にドライバー交代でPA立寄りが1~2ヶ所(出発前に説明があったけど何回だったか忘れました)。

心配だったのは移動中の咳です。
咳が酷いようなら新幹線に切り替えようとギリギリまで考えましたが、のど飴・水分・喉の保温で抑えられると判断しました。
だけど思ったより苦しくて、咳が出たのは数回程度ですが「咳を我慢する声(音)」が迷惑をかけてるのでと気になってしまいました。


話を夜行バスに戻します。
新潟~東京間で旅行会社が募集するバスを利用したことがありますが、私には路線バス会社の方が運賃以外で利点が多くて利用をやめました。

2年位前だった思いますが、路線バス会社の便が満席で仕方ないからと調べた旅行会社のバスも満席で困ったことがあります。新幹線は間に合わないし。ギリギリまでキャンセルがでるか待ってから決めようと、暇をみつけては予約状況の確認していて、旅行会社で追加便がでたんdす。通常では考えられない値段でしたが残り1席だし、夜行列車よりは夜行バスがよかったので即決したんです。平日だったのに大きなベントがあったのかなぁ・・・。

で、当日バスを見ると寄せ集めなんです(いろんな会社のバス)。
新宿の集合場所は池袋や東京駅と違って雨を防げる場所もなく(乗車前に地下街(?)のシャッターも下りる)、帰宅するというより仕分けされる家畜になった気分になり、仕分後のバスは4列通常シートで毛布無しで7千円もとられて、同乗の中国人女性二人組が一晩中大声で話してるし(意味がわかんないから小声ならBGMと思って眠れたかもだけど)、散々でした。
この夜以降、夜行バスでしか帰れない時は予約開始日に予約するようになりました。

あのバス事故のニュースを聞いたときは「新宿惨めな夜」を思い出し、事故後に行われた調査結果(注)を見ると背筋が寒くなりました。あの夜のバスに毛布がなかったのは「毛布が会社に常備されてない会社=普段夜行で走らない会社」だったのではと怖くなったのです。

路線バスやJRバスなら絶対安全というわけではないですが、事故以前から利用は少ないけど、真面目に頑張ってるバス会社の方には悪いけど、もう利用しない。


(注)国土交通省が全国の貸し切りバス会社を調査したところ、約8割で法令違反が見つかり、高速ツアーバスを企画する旅行会社を調査したところ、半分近くで旅行業法違反が見つかったとのこと。

国交省HPに「高速ツアーバス運行事業者リスト」があるけど空欄がいっぱい。「高速ツアーバスを利用される際の参考にしてください」とあるけど、もしお盆休み大移動で事故が起きたときための“注意はしたから!”という保険にしか見えない。
by k-mia-f | 2012-07-29 19:46 | 日常雑感

竹林三昧③

【竹林の道】
b0125384_1711685.jpg
b0125384_1713456.jpg
b0125384_1714983.jpg

     (頭の上に落ちてきてびっくりした~)
b0125384_17268.jpg
b0125384_1724095.jpg

シーズンオフでも観光客の多かったです。
でも、少し待てば無人の撮影ができる程度で快適に歩けます。
紅葉シーズンには絶対無理(多分)

**********

【天龍寺・山紫陽花】b0125384_1763664.jpg
6/27現在で
紫陽花が見頃でした


b0125384_1775326.jpg


b0125384_1782350.jpg
時期外れなので
控えめな山紫陽花だけ選びました


b0125384_1710748.jpg



b0125384_17104948.jpg


**********

諸事情で(これは気が向いたら別項にて)
予定より見学場所を減らしましたが
天候に恵まれて鞍馬~貴船を歩けたし(これが1番の目的)
嵯峨・嵐山をゆっくり散策できたし(大覚寺に未練が残りますが)
まぁ、いいんじゃないかと。

【嵯峨嵐山散策ルート】
6/27 愛宕念仏寺→(鳥居本)→化野念仏寺→祇王寺→滝口寺→二尊院→常寂光寺→落柿舎→
御髪神社→(竹林の道)→天龍寺(雲龍図なし)
6/28 (竹林の道)→ 野宮神社→(公園)(バス移動)→大覚寺→清涼寺
by k-mia-f | 2012-07-29 17:17 | おでかけ

竹林休めに

【二尊院のお猿さんと半夏生】
b0125384_13423836.jpg
b0125384_13425978.jpg
b0125384_13432019.jpg


**********

【常寂光寺】
b0125384_13454536.jpg
b0125384_1346541.jpg
b0125384_13462392.jpg


**********

【落柿舎】
b0125384_13494016.jpg
b0125384_13495843.jpg



紅葉のイメージが強いけど
緑の季節もいいですよ。

猿がボケてるのは目が合って急いで押したから。
お食事中だし、野生(だと思う)だし、怒らせないようにと気を遣いました。
by k-mia-f | 2012-07-29 14:01 | おでかけ

 竹林三昧②
(嵯峨嵐山の目的は竹林です)

【祇王寺】
b0125384_1314346.jpg
b0125384_1315965.jpg
b0125384_1321591.jpg

b0125384_1323071.jpg
b0125384_1324753.jpg


**********

【滝口寺】
b0125384_1332251.jpg
b0125384_1333718.jpg

by k-mia-f | 2012-07-29 13:17 | おでかけ

まだ続くのかと呆れられそうな気もしますが^^;
せっかく撮ったし、暑いしね。竹林三昧の1日を思い出してみる。


b0125384_10594272.jpg

【愛宕念仏寺・仁王門】
2日目(6/27)は阪急嵐山駅前からバスで愛宕念仏寺へ。
8:00から拝観できるので行きはバスで帰りは徒歩で見学しながら下るのがお奨め(レンタサイクルを利用する方も多いみたいですね)。


b0125384_10595969.jpg

シーズンオフだし場所が敬遠されるのか
し~ん・・としてます。
静寂を破ったのは「三宝の鐘」(未撮影)
お、誰か来たな。


b0125384_12141329.jpg

強く惹かれるものがあって撮影した「多宝塔のお釈迦様」


b0125384_1103041.jpg



b0125384_1104883.jpg

昭和56年より10年かけて一般参拝者の方が彫ったもの。
いろんな表情を見ることができます。
羅漢さんたちを見ていると飽きません♪

いろんな羅漢さんは【公式HP】でご覧ください♪


**********

b0125384_111596.jpg

【化野念仏寺・参道入口】
愛宕念仏寺から数分で化野念仏寺へ。
b0125384_1124281.jpg



b0125384_1114948.jpg

【六面六体地蔵】
"六道”とは 地獄・餓鬼・畜生・修羅・人道・天道 のこと。
それぞれのお地蔵様にお水をかけてお参りします。
by k-mia-f | 2012-07-29 12:27 | おでかけ

鞍馬から貴船に着きました♪
b0125384_21433244.jpg
b0125384_214432.jpg
b0125384_21441918.jpg

水占いはまぁまぁ。
思い当たるところがあるような・・・ないような・・・
縁結びの神社ということで、鞍馬とかなり雰囲気が違いますなぁ^^;
(私には丑の刻参りの神社だけど)


お参りして奥宮を目指します。
てくてく・・・
b0125384_21444823.jpg

・・・てくてく
b0125384_21451064.jpg

・・・てくてく
b0125384_21452751.jpg

貴船は神社大したことないけど(失礼ですが)
拝みたくなる御神木があります。


**********

一部のガイドブックやブログ記事等で「貴船→鞍馬」推奨を読みましたが、私を含めて大抵は「鞍馬→貴船」を選択すると思います。
仁王門(鞍馬)から鞍馬寺金堂までは登りといってても道が良いのでサンダルでも登れます(お奨めしないけど)。金堂では日傘の女性をお見かけしたしねぇ、貴船まで歩かないならスカートでもOKかな(しつこいけど、お奨めしてるわけでないから!!)
金堂から西門(貴船)は山道なのでスニーカとリュックや斜めがけバッグで両手が空く服装が良いと思います(ショルダーバッグやサンダルや革靴の方をお見かけしたけどね)
「木の根の道」を過ぎると貴船川の音が聞こえてきて、徐々に大きくなる涼しげな音に励まされながら歩いていけるけど(下りだし)、これが逆だと身体があつくなるにつれて涼しい音も遠くなり精神的にも辛いかも(登りだし)。

貴船スタートお奨め理由をみると、帰りの電車に確実に座れることと「くらま温泉」で汗を流して下山できること。観光シーズンだと座れないかもしれないけど立っていて辛いと思う時間でもないし「くらま温泉」に立ち寄りたいなら、一駅なので鞍馬から貴船へ出たあと、電車で鞍馬へもどって「くらま温泉」へいく。駅と温泉間で送迎バスがあるし。
多分次はないと思うけど、行けるならまた行きたいと思う。もし次があるなら貴船から鞍馬へ電車で戻ってお風呂に入ろうかなと思う。
by k-mia-f | 2012-07-28 21:52 | おでかけ

勘違

b0125384_1543327.jpg

『苦役列車』の開映時間を勘違いして間に合わす。
何時までもやってるんだろう・・・
割引なしで観る価値あるかな(迷)


時間余って紀伊國屋ウロウロしてたら下段に『マン・オン・ワイヤー』発見する。


クラクラするのはスクリーンを思い出したからなのか、お腹空いてるからなのか、やっと直った風邪がぶり返したのか、どれだろう?


私の数少ない夏の楽しみ『micicoco』さんのコーヒーゼリーがお供♪
by k-mia-f | 2012-07-25 15:04 | 日常雑感

b0125384_10154539.jpg

b0125384_101646.jpg

【奥の院入口・冬柏亭】
休憩終わって再び“てくてく” 
貴船を目指します。登るぞ~~


b0125384_10163631.jpg

【息継ぎの水】
てくてく・・・
牛若丸が奥の院へ向かう途中で飲んだらしい。
柄杓があるってことは飲めるの??
とても飲めそうにない気がするんだけど^^;
私はペットボトルのポカリがよいです。

この先も撮影スポットが色々ありますが(背比べ石とか魔王殿とか)
普段デジカメを持ち歩かないせいか、撮影せずにキョロキョロしながら通過。


b0125384_1017596.jpg

てくてく・・・
もうすぐ「木の根の道」だなぁと わくわく
b0125384_1017295.jpg

てくてく・・・
未撮影の“撮影スポット”が多いのに、こういのを撮っている。
b0125384_10251030.jpg

【木の根の道】
ここを歩いてみたかったです。
てくてく・・・

b0125384_10254679.jpg

木の根の道を過ぎれば貴船は近い(はず)
てくてく・・・



b0125384_1026159.jpg
てくてく・・・
下りは楽だけどちょっと怖い。
手摺を握って てくてく・・・


b0125384_10261556.jpg

てくてく・・・
ど~~ん
b0125384_10263099.jpg

時間切れなんで、⑤で書きますが
一部ガイドブック等で「貴船→鞍馬」をお勧めしているものがありますが
体力に自信がない方は「鞍馬→貴船」が絶対良いです。
by k-mia-f | 2012-07-25 10:24 | おでかけ

b0125384_8303565.jpg
【中門】
九十九折を“てくてく”
やっと御門を通って・・・


b0125384_8304819.jpg

・・・通ったけど本堂まで“まだまだ”でした。




b0125384_831235.jpg



b0125384_8311391.jpg
【鞍馬寺金堂(本堂)】
やっと到着。
うっかりして“阿吽の虎”が切れてました(泣)
これはもう一回登れということだろうか?
(“阿吽の虎”は ↓ HPをご覧くださいm(__)m)




b0125384_8313634.jpg
【金堂前・翔雲台】
ここで休憩。
疲れたけど風が気持ちいい~~
普段歩くことがないので、ここまでで達成感!
(“翔雲台”の説明は ↓ のHPををご覧ください
m(__)m)


b0125384_8315023.jpg


*********

金堂まではは道がいいので、
供養塔の虫刺され男性みたいにサンダルでも大丈夫ですけど(お勧めしないけど)
ここから先はサンダルではキツイと思います。
ショルダーバッグや日傘の女性も見かけましたが、ここから先は両手が空いた方がいいと思います。

鞍馬寺金堂について
by k-mia-f | 2012-07-25 06:24 | おでかけ