人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

b0125384_14373565.jpg
あづいよ~~~

ランチたべそこねたと思ってたら15時までだった。

ランチは何度がいただいてますが、パスタははじめていいただきました(2種類ある)。

理由は、もう片方んのメニューが鮭だったから。

今日は14:00からの「かもめ食堂」を観にいくつもりが、あづぐで、あづぐで、ぐずっていたら間に合わなくなってしまいました。
なんか、鮭をたべたくない気分・・・・(観た人ならわかると思う。観てない人はふ~~んで流して下さい。)



ランチ食べ終わって外へでたら黒い雲。
これから雨がふるのかな?

今日のデザートはグレープフルーツのムースでした。
by k-mia-f | 2009-07-15 14:37 | 日常雑感

b0125384_1863340.jpg
作/三好十郎  演出/栗山民也
出演/市村正親(ヴィンセント)、益岡徹(ゴーガン)、
荻野目慶子(シィヌ・ラシェル)、中嶋しゅう、大鷹明良、
今井朋彦、銀粉蝶 ほか

い、いまごろですが・・・(のろのろ)
サボテンは舞台と何の関係もありません^^;

じ、じつは三好十郎さんを全くしりませんでした。
何時書かれた戯曲かもわからなかったし(1951年)、どういう経緯でかかれたかも知らなかったし(民藝からの依頼)、何度も再演されてる有名な作品だなんて知りませんでした。加えて美術の素養もありません。
無知な私が書くこものを許せる人だけ先におすすみください。


あのね、役名をみると”ポール・ゴーギャン”は”ゴーガン”としか書かれてないので、”ヴィンセント”と”ゴーガン”で書きます。
(私は”ゴーギャン”の方がいい慣れてるんだけど、”ゴーガン”が主流なのかな?最初に覚えたのと違う名前だと違和感ありますです)


**********

最近は最初から幕が開いてる演出が続いていたので、幕が下りてるのが逆に新鮮に感じます。
幕が上がり、最初はボリナージュ(炭鉱スト)の場。
照明は暗いし、内容も暗いし、労働者は団結してるし、ヴィンセントはなかなか登場しないし。
「蟹工船ブームだからって、今回はプロレタリア演劇なのか?」と少し面食らってしまいました。
ヴィンセントが登場して「あぁ、(自分的に)やっとはじまる~~」、画家の前は宣教師とわかればいいんだろう程度で、プロレタリア劇が長すぎだろうと思っていて、後で観方が浅いことに気付きました。
ヴィンセントの「思い詰める」「のめり込む」性格を説明しているんですよね。
ゴッホの家系は牧師と画商が多く、お芝居には登場しませんが、ヴィンセントの祖父と父も牧師です。ヴィンセントが宣教師には不適正といわれても諦めないのは、妙なな自信があるのはこの辺りが理由?

ヴィンセントは自分を犠牲にして労働者につくします。
彼らと一緒に坑内へはいり、ストでは交渉人ですから労組のリーダー格です。
貧しい人たちに同情し、必要以上に(自分の出来る範囲を超えて)に力になろする、ハーグでのシィヌとの関係も愛情というより同情じゃないか?

場面転換、ハーグの場・・・ なんかこここも照明暗い気がする(内容も暗い)。
この場を観ると「明るい絵なんて無理だよね」って思います^^;
この辺りの史実がわからないのですが、お芝居では炭鉱労働者に続いて、またしても不幸な人を助けてあげられなかったことで、逃げ出したと受け止めました。そして、新世界へ。

**********


パリの”タンギー爺さん”の場はガラリと雰囲気が変わり楽しい雰囲気。
前の2場が暗いので、なんかほっとします^^
パリで若い印象派の画家たちに刺激され、浮世絵を知り、鮮やかな色彩に目覚め、タンギー爺さんの画材店で熱い討論。
ヴィンセントは今迄の遅れをとりもどそうとしているのか、進路がビシッとみえてきたというか、熱いです。
やっと知っているヴィンセントになってきた、「ひまわり」を描くパワーをもってる人になってきた気がしました。
「見たままに描く」ヴィンセントの画風(性分?)も可笑しく表現してました。
(考えすぎかもだけど、労働者の真似がそうかなって。ヴィンセントは経験者だし。)
「タンギー爺さん」のバックって賑やかですよね(浮世絵がいっぱい)
あれって、自分の好きなものを詰め込んだんですね?
『見たい」「知りたい」「上手くなりたい」って気持ちがあふれてる気がします。
市村さんのヴィンセントにもそういうのを感じました。
肖像画を描くようすは、ほのぼのしていて、美術部の高校生(美大生ではない)と祖父って雰囲気です。
この頃のヴィンセントの理解者はテオとタンギー爺さんだけかしら?ゴーガンは気にはかけてりたけど認めていないですよね。ヴィンセントはゴーギャンを崇拝、態度が急変するところで笑いが起きました。
(ゴーガンが「黄色い家」へ行ったのは、ヴィンセントより画商のテオとのつながりが大事だったからだと)


パリで前半終了。
ここまでは割りと大掛かりなセットで、オペラを観たくなりました(私の中では豪華なセット=オペラなので)。
ハーグの暗いアトリエを観ていたら『ラ・ボエーム』を思い出しました(オペラ映画で観たばかりだし)
『ラ・ボエーム』も共同生活でしたが、目指す物が違っていたから上手くいったのかもしれません。


**********


後半は待望のアルルの場ですが、ここで軽いぎっくり腰が重症になるかと思った(泣)
舞台後方に次々と映し出される数々の名画、舞台上には誰もいませんが、ヴィンセントの声だけ響いてる。
”響いてる”のではなく、”流されてる”だ。
自分が書いたテオへの手紙(多分)を読むヴィセントの録音が流れてるんです。
これが、大盛り上がりのスタ・オベに私がのれなかった理由です。
これが長くてねぇ、正直帰りたくなりました(泣)
これって、テオが舞台で手紙を読み上げるでは駄目かなぁ・・・
なんかね、コンサートホールでCDプレイヤーの音を聞いてるのと同じ気がするんだけど・・・
私だけかなぁ・・・客席の様子だと私は少数派みたいです。

名画が映し出されていたスクリーンが上がり、ヴィンセントが登場して安心したのも束の間。
「黄色い家」でのゴッホの心情吐露にまた録音つかってる(怒)
だ~~ のど飴の袋をやぶりたくなったですよ!(注:思っただけです)
録音と生じゃ声違うしさ、独白が嫌ならだまってれば、十分通じるよ(怒)
もちろん効果音はOKですよ。 でも、これは、これは違うよ~~ 
何で皆平気なんだろう?? 

**********

がっかりもしたけど、ゴーギャンとヴィンセントの討論や、正気でいられなくなったヴィンセントセントは見応えありました。配役もよかったんじゃないでしょうか(なんか偉そう^^;)大柄で堂々といたゴーガンでした。
ハーグのシィヌとアルルのラシェルの明暗もよい感じだと思いました。

下手にはゴーガンの「ひまわりを描くゴッホ」、上手にはヴィンセントの「ひまわり」がおいてあります。
ヴィンセントはゴーガンの描いた自分の目について講義します。ここで何故か笑いが^^;
ここは緊張感漂うところだと思うのですが、市村さんてかわいらしいとこあるから、拗ねてるように感じた人もいたのかもしれません。
ゴーガンは悪意をもって描いたのでしょうか?この頃にはヴィンセントの才能に気付、ライバルと思っていましたよね?でも、ゴーガンってプライド高そうだし、ヴィンセントに自分の画風をおしつけてるし(というのを読んだ)、わざと怒らせようとして描いたのかしら?
ヴィンセントが「ひまわり」を破るところで ”勿体無い。これていくらだ?”と思った私は心が汚れてる・・・

**********

3時間あったのに、物足りないんですよね。
理由は後半があっけなかったから。これは、”録音の声”が嫌な私だけな気がしますが・・・
私としては、やっと盛り上がってきたところで”耳切”の次は何?と思ったら、もうエピローグ^^;
(耳切は最大見せ場だしねぇ)

耳切後に場面転換、舞台後方には病院で自画像を描いているヴィンセントと、見守るテオと看護婦。
この3人は台詞なしで、ルーアンが事件後のヴィンセントについて語る(これは録音じゃないですよ♪)というもの。最後にヴィンセントに呼びかけるのですが、最初に書いたような理由で意味がわからなかった^^;
それが、こに部分(パンフレットより)

ヴィンセントよ、
貧しい貧しい心のヴィンセントよ!、
今ここに、あなたが来たい来たいと言っていた日本で、
同じように貧しい心を持った日本人が、
あなたに、ささやかな花束をささげる。
飛んで来て、取れ。


正直、今もわからない^^;
作者が直接ヴィンセントに語りかけているとのことですが、舞台で観ると(聞くと)”日本人”=私(観客)なので、「そんなこと言われたたっ・・・」というのが私の気持ちです^^;


**********

う~~ん。
録音時間を仮に含めても(しつこいが私の中の上演時間には含めない)、エピローグもいれても、前半と後半では上演時間にけっこう差があった気がします(セットの都合もあるしねぇ)。
休憩中に外へでなければよかったかも(15分だし)。
一度会場の外へでると、モチベーション下がりませんか?
外へでなければ、物足りないなんて思わなかったかも。

いろいろ文句を書いたけど、安心して観ていられる3時間でした。
もともと観劇本数は多いほうではないので、昨年は試しにいろいろな演出家の作品に挑戦してみましたが、若い作家・演出家よりは古い作品の方があってるみたいです(その割に文句たれてるが・・・)
若い作家とうより、コメディがあわないのかなぁ。
狂言や落語は好きなんだけど、正直、若手のお笑い芸人さんてわからない。
馬鹿にしてると思う人がいそですが、たた合わないだけなんですけどね。
面白さがわからなくて、バックの笑い声にもむかついたり。
某作家の舞台が気に入って、次の舞台を観たらお笑い番組観てるときと同じ気分になりました。

りゅーとぴあのアンケートで 「演劇の魅力を一言でいうと?」というのがあり
「空気」と「言葉」と書きました(いくらなんでも短すぎるか^^?)
コンサートでも、能楽でも、文楽でも、演劇でも、オペラでも、TVだと伝わらない・・・こう、その場所の雰囲気が好きです。


b0125384_1863350.jpg
**********

「見たままのもの描く」のがゴッホ
「想像したものを描く」のがゴーギャン

アルル時代のゴッホの作品で、ゴーギャンの影響を受けて「想像して描いた」某作品にはパワーが無い気がします。ゴーギャンにはゴーギャンの、ゴッホにはゴッホのやり方があるってことなんでしょうか?
じ、実はゴッホの画はそんなに好きじゃない。
理由は、なんか押されて気分になるといいますが、パワーがありすぎ。
疲れてるときに、ぼ~っと画集を見ようなんて気にならないです。
ぼ~~っとしてちゃいけない気がするんです。
これも、太陽のせいなんだろうか?



アルルでの共同生活は2ヶ月。
もしもゴーギャンがアルルにこなかったら、ゴッホはどういう人生をおくったんでしょうね。
by k-mia-f | 2009-07-12 20:40 | 演劇

一息

b0125384_1605850.jpg

給湯室でさぼり中。

豆乳プリンと「OGGI」のショコラ・デ・ショコラのフランボワーズ。
あれ? 包丁からはがせない(汗)

ボロくなったけど、味はかわらないから・・・
プレーンは同じ包丁で綺麗にはがれたんだけどな。
初めてたべたけど、濃厚でなかなか美味です。
移動時間が長くてもOKなので、また買おう。
少量でも満足でき、長く楽しめるのも良いです。

もっさと面接おわらせて、さっさと帰りたい。
by k-mia-f | 2009-07-11 16:00 | 日常雑感

ふらふら

少し腰痛がのこってますが(時々違和感を感じる程度ですが)、気分転換に出かけることにしました。
あちこちに貼られている「SALE」は見ないふりして、3FのWM新潟南へ。
(これから車検だし・・・ホントは車買い換えたいけど・・・11年目のボロです)
お目当ての『ディア・ドクター』まで時間に余裕がありますが、半券サービスを利用したいので^^;
(『ディア・ドクター』好評のようですね^^ でも新潟は単館だ。)

b0125384_16334993.jpg
あさごはん
「喜久水庵」の抹茶アイスがイガイガのどに気持ちいいです。
のどが治りません(泣)



b0125384_16334923.jpg
ひるごはん
「マザーリーフ」のバナナチョコワッフル。
美味しくいただきましたけど、ホントは季節メニューをいただこうとおもってたんですよね。(先月の東銀座店を利用したときに迷ってたべなかったので)
半券サービスが利用できるのこれだけなんですよ(せこい)




「STONE WORLD」で健康運をよびそうなブレスレットを購入しようと思ったのですが、対人関係をよくするのと迷って購入しなかったです。食べるのは迷わないのですが・・・

**********

明日は『テンペスト』の初日。
以前、地元軽視というような”ぶーたれ”書いたのですが^^;
今日サイトをみたら「稽古場ブログ」がありました。
スタッフの皆様、気付くの遅くてスミマセン。

中正面席を確保した後「今回、目付柱はずさないかも(能楽師の方がいるから)」と不安になりましたが、
稽古の写真で外されていたのでホッとしました。

時間調整で”ほんぽーと”に立ち寄ったところ、『テンペスト』の貸出率高。
明日の舞台に備えている人が多いのかな?
東響定期のときもマーラー6貸出中だった。
実は、演奏会前に借りようと思ったら遅かったんだよね^^;

『テンペスト』1度読んだことあるけど、おさらいしといた方がいいのかな?
小田島版しか読んだことないので、松岡版をこの機に読もうとおもってたんだけど、なんだかんだで本も買ってない^^;
小田島版に何も不満はありまえんが、新しく出版された方がよりわからりやすいのかなぁって。
どうなんでしょう。読み比べってしたことないんですがが?

*********

↑ までが”ほんぽーと”
この後は『英国王給仕人に乾杯!』
今日は2本とも楽しめたので、しっかり充電できたとおもいます。

明日は朝一にあれして、これして・・・・
チケット代のために、いやな奴もがまんしますです。

今日は甘味しか食べてなんだよね・・・・(反省)

『炎の人』まだ書いてないのに・・・どんどんたまってく汗)
by k-mia-f | 2009-07-08 16:33 | 日常雑感

独り言

b0125384_0355976.jpg

どーしても合わない人がいる。

今日、一戦交えた。
きっと、面接で言われる。
ここで、本音ぶちまけたら、ただでさえ長い面接が更に長くなるだけなんだろうな。


事務職って、そんなに下なんだろうか?
そりゃ、上だと思うってません。
でも、あなたの”小間使い”の方が上だとは思えない。
でも、男性は皆同じでしょうかね。
今更、何言ってんでしょうね。


奥様が看護師だと、事務職なんて仕事に見えないんでしょうか?

会社に必要なのは、”お嬢さん”と”お母さん”。

明日会社いきたくない。

腹が立って苛々して何もしたくないけど眠れない。
腰は大分楽になったけど、咳か止まらない。また、ギクッとなたらとビクビク。
by k-mia-f | 2009-07-07 00:35 | 日常雑感

腰痛

b0125384_21402820.jpg

これが”ぎっくり腰”というものだろうか?
金曜の夜、お風呂場で身体をあらってるときに咳がでまして、咳と同時に腰に痛みが・・・・

”ぎっくり腰”って激痛と立ち上がれないというイメージなのですが、痛みはあるけど立ち上がれるので違うかなと思ったのですが、”ぎっく腰”は急激に起こる腰痛の総称で、別名「急性腰痛症」というそうな。

肩こり持ちなので温シップは常備していますが、冷シップがない。
深夜で買いにいくこともできないし、冷蔵庫で氷をとってこようかと思ったけど、老親がおきてしまうので何もせずに横になってました。


土曜はちょっと前のめり気味で運転して出勤。
職場にも冷シップはないので冷凍庫にあったケーキの保冷剤をスカートにはさんでました^^;
後輩のお嬢さんに事情を説明し、洗濯物の取り込とか前屈雑用をお願い。
あれいこれ指示をしているところに上司があらわれ腰痛がばれてしまいました。
この上司が・・・ほんっとに話を大きくする人で(怒)
動けないよなら会社休みますから!! ほんっとに大きなお世話です!!!

**********

退社後に冷シップを購入して”りゅーとぴあ”へ 『炎の人』新潟公演です。
トイレで冷シップを張り観劇。
会場は大盛り上がりでしたが私はのりきれず・・・
同じ姿勢でも腰痛はそれほどでもなく、途中咳を我慢するのが辛かったけど、一番の敵は睡魔でした。
熟睡できないからなのか(最近早く目が覚めるんですよね)、お昼の風邪薬のせいなのか、台詞は耳に入ってきますが途中でまぶたが・・・・ 眠りはしなかったけど良席を確保したのに勿体無い。
でも、のれなかたのは睡魔が原因ではありません。戯曲を読んでからいけばよかったのかな。いや、戯曲よりも演出が合わないのか・・・ これは後日あらためて。パンフ読んでないし。

**********

今日は食料とシップ持参で某健康ランドへ(某の意味がない気もするが^^;)
今日は休憩だけが目的なので、お風呂には入らなかったけど、汗をかいていたので身体あらって休憩室へ。
家にいても暑いし、涼しいところで休もうと避難。
本を持参したけど、結局読まずに寝てました。
腰は・・・う~~ん どうだろう?? 動けるけどね。さっきネットでしらべたら、最初に安静にして寝ていないいと癖になるんだって。今頃読んでも遅いけど。

やっぱ、歳とったってことなのかなぁ・・・・
動けない痛みじゃないので病院にはいかないけど、どっかにいい整体とかないあかなぁ・・・・
肩こりとか頭痛とかも姿勢が悪いのと運動不足が原因だと思うので、前から行ってみたいと思ってたけど、なんか痛そうだし、評判のよくないところで悪くなっても困るしと、行ったことがありません。
慢性の腰痛になったら困るし・・・・

なんか、ばばくさくなったなぁ・・・・
by k-mia-f | 2009-07-05 21:40 | 日常雑感

睡魔

b0125384_174919.jpg

睡魔に負けて、どちらも見に行けませんでした。
咳で熟睡できないからなのか?
夕方の肉体労働のせいなのか?
運転が心配になり、仮眠とるのに途中のコーヒー店に入ったら、ストールまいてても寒い。


大丈夫と思っていたけど、観劇中の咳が心配になってきた・・・
by k-mia-f | 2009-07-04 01:07 | 日常雑感

うろうろ

b0125384_2032287.jpg

今週末の『炎の人』に備えて(?) 「耳を切り取った男(小林英樹:著)」を読んでます。
小腹を埋めるのに”SERENE”で一息。
名前は忘れましたが、焼きプリンとジェラート(下になってみえないけど)にキャラメルソースがかかってます。
ズキズキのどに気持ちいいです^^
(セットドリンクにコーヒーはのどによくない気がするけど、プリンにはコーヒーでしょう!)

美味しくいただいたけど、読書には向かない環境でした。
夕食には早いし、平日だし、空いてると思ったんけど、空いていたけど・・・声が大きい人でした。
都内の電車ですごいなぁって思うのは、立ったまま読書できる人が多いことと、騒音(おしゃべり)の中で読者できる人。
頭に入らないので、やっぱ1本行こうかなと、コーヒーを飲み干し携帯をいじっていたら。
お皿を下げられてしまって^^; 居辛いので席を立つ(飲み干さなきゃよかった)。
車中で時間を確認し、移動したのはいいのですが、時間を勘違いして間に合わなかった。

明日は「レスラー」と「マン・オン・ワイヤー」の最終日。
「レスラー」はプロレスシーンを直視できないかもと、気になってるのにまだ見ていない。
「マン・オン・ワイヤー」は再見だけど、もう一度WTCを渡るのを見てみたい。
う~~ん どうしよう(私の悩みって小さいなぁ・・・)

**********

咳がでるのでマスクをしてたら、また話が大きくなった。
どうして、この人は話を大きくするのだろう?
品薄だけどマスクが買えるようになって一安心。
5月はガーゼマスクを利用しましたが、やっぱ使いにくい。マスク品切れなのにマスク姿の人をあまりみかけないの腹が立つ。

咳は冷気があたらなければ、のど飴なめてれば大丈夫かなって思うけど、今朝は鼻詰まりと胃痛。
どんどん広がってる気がする・・・

劇場や映画館ではいつもストールぐるぐる巻き。
ホントは仕事中もスカーフ巻きたいけど制服だからだめ。
通勤着はカジュアルOKなので、被服費は抑えられるけど、こういうとき自由がないのは辛いなぁ・・・(高校生みたいだ^^;)

**********

夏のバーゲンがはじまりまいたね。
お知らせメールや葉書が届いたけど、私は参戦できません。

ところで、某SCテナントのアクセサリー屋さん。
お手頃価格のピアスしか買わないのですが、毎回名前を書かされる。
直ぐに忘れれるから、あた買っちゃうんだけメンドクサイ。
どこのお店でも、この種のものには生年月日を書かないのですが^^; 
この間はしつこかった。

店「何月生まれですか?」
私「☆月(バースデーカードが送られてくるのかな?)」
店「何日ですか?」
私「〇日(え~~誕生石がわかればいいだろう)」
店「何年ですか?」
私「内緒」

お店カードを断るようになったのって、いくつから?
ターゲットの年齢の上をいってるなぁって頃から、ポイントたまるほど買わないしと断るほうが多くなりました。
今回は、生年月日が保証№みたいなこといわれまして、店員によって対応が違うのか会社の方針が変わったのかしつこいな。
「私、引き算できませんから、すぐに忘れますから」と店員さん。
同じ生年月日なんて大勢いるのに保証№にできるの?2千円のピアスで保証なんていいんだけどな^^;
答えない方がメンドクサイので答えました。
by k-mia-f | 2009-07-02 21:40 | 日常雑感

6月をふりかえってみる

6/10 映「重力ピエロ」監督:森淳一 119min
6/11 映「ホルテンさんのはじめての冒険」監督:ベント・ハーメル/ノルウェー/2007/90min
6/12 映「花の生涯~梅蘭芳~」監督:チェン・カイコー/中国/2008/147min
6/13 白石加代子「百物語」シリーズ第26夜
      「平家物語・壇ノ浦の段」
      小泉八雲「耳なし芳一」 芥川龍之介「杜子春」

6/14 第54回東響新潟定期演奏会 マーラー6番
6/16 映「ラ・ボエーム」監督:ロバート・ドーンヘルム/オーストリア・ドイツ/2008/114min
6/17 映「お買いもの中毒な私」監督:P・J・ホーガン/アメリカ/2009/105min
6/20 映「愛を読むひと」監督:スティーヴン・ダルドリー/アメリカ・ドイツ/2009/124min
6/22 映「マン・オン・ワイヤー」監督:ジェームズ・マーシュ/イギリス/2008/95min
6/24 「桜姫~清玄阿闍梨改始於南米版~」 脚本:長塚圭史 演出:串田和美
6/24 「女殺油地獄」(幕見)
6/30 映「子供の情景」監督:ハナ・マフマルバフ/イラン・フランス/2007/81min


 

「愛を読むひと」は期待外れでした。「ワルキューレ」の英語は気にならなかったのですが(何故だろう?)、これはドイツ語でないと駄目。しらけちゃった。英語でやるなら別のエピソードにすればいいのにと思いました。ここ数年、ナチ物の良作(勿論ドイツ語)が多いのがしらけた原因のひとつかも。
「マン・オン・ワイヤー」はもう一回観たい。建築中のWTCに何ともいえない気持ち。
オペラ映画は・・・「魔笛」でも思ったんですが・・・ 失礼ですがアップが怖い^^;
こんな大物でなくてもいいから、生で聴きたいなぁ・・・・ 今年は無理っぽい。


**********



前回も書いたのですが、6月は一ヶ月体調不良。
6月から夏バテ(梅雨バテか?)
外では動けるのですが(仕事や映画とか)、一旦自宅にもどると何もしたくない。
頭痛・肩凝り・むくみで・めまい等でぐったり。
5月後半にひいた風邪を6月1週目までひっぱり、直ったとおもったところで3週目からのどが痛くなってきた。
健康だけが取柄だったのに・・・
同年代の男性の同僚に「歳をとると、あちこち悪くなるんですよ」といわれたのは今年の冬。
むかっときたけど、やっぱりそうなんでしょうかねぇ・・・

白髪が増えたことも気になります。
5月末に美容院で勧められ、黒で根元だけ染めたのですが、地毛とあうのだろうかと実は心配でした。
「髪に色をつける」とうことが初めてで、黒髪といっても個人差があるから、部分染めというのは全く
頭になかったのです。やってみて思ったほど差がないので安心しましたが。
茶髪慣れしている人は、染めなれてるから気にしないのかもしれませんが、これだけの事で少し落ち込み、
白髪防止サプリを購入しました。ネットで売り上げ№1と宣伝してるやつ^^;
1日1袋飲み続けて半月。
1日3袋までOKなんですが、勿体無くて^^;まとめて短期間よりも少しづつでも長期間がいいのかなぁと思ってるんですが
どっちだろう?半年くらい続けてみよかと考えてるのですが・・・

**********

「桜姫」は豪華なキャストと特設舞台に興味があったものの、高額であきらめたのですが、いつまで自分の好きなことできるなかぁって考えちゃて、やっぱり観ることにした。
清水さん自殺は他人事に思えません。
親を介護する立場になったら、仕事はどうなるんだろうとか、自分の更年期とか考えてしまいます。
そして、自分が”高齢者”になったとき、「私が今親にしてあげる事」を全部自分でしないとなんだなぁなんて考えて気が重くなったり。
もう少し公演を控えて貯金を始めないとと考えたり、来年はもう観劇遠征なんて無理だから行けるうちに行こうと考えたり。
最初は諦めた舞台でしたが、清水さんの事件のあと気が変わりました。

正直、長生きしたいとは思いません。
動けなくなったら何を楽しみにしたらいいんだろうとか。
痴呆症になって世間に迷惑をかけたり、騙されたりしたくないとか。

長生きしたいとは思わないけど、親よりは先に死ねない。
親不孝者の私ですが、これはしちゃいけないと思う。
人間ドッグを受けたのはこれが理由です。
人間ドッグでなくも乳ガンや子宮ガン検診だけでもよかったのですが、ついでだし。

**********

ところで、昨日「桜姫」の感想をいくつか読みましたが、やっぱ評判はあまりよくないようです。
私は嫌いじゃないですけどね。
結末もあれでいいと思います。
マリアの仇討ってピンとこないです。
なんかね、「お父さん殺してごめんなさい。許して下さい。」と言われたら「はい、わかりました」って言いそうな気がする(注!lこういう場・台詞はない)。
このピンとくるところがないのが嫌という歌舞伎ファンも多いかも。


おしらせ:真似して出演者に「桜姫東文章」の役目を追記しました。
by k-mia-f | 2009-07-01 22:59 | 備忘録