ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

今日は13:00からの「ござる乃座」を観にいく予定でしたが、行けませんでした。
『歌仙』を楽しみにしていたのに・・・(泣)
理由はJR大宮ー上野間の信号トラブルで上越新幹線が大幅に遅れたためです。

予定では8:59新潟発10:39東京着の新幹線にのり、駅近辺でブランチ&ブラブラしてから12:30頃に国立能楽堂へ到着するはずでした。

信号トラブルが発生したのが8時過ぎ。
私が新幹線改札をとおったのが8:57。
もしかして遅延のアナウンスはあったかもしれませんが、ギリギリだったのであっても気付いていません。電光掲示板は通常とおり、大急ぎでエレベーターを走ります。
乗車してから信号トラブルが発生したこと、前発新幹線が停車していること、この便も本来通過する次駅・燕三条で一旦停止することをしりました。
出発は予定より遅れて9:03に新潟をでました。この時点では1時間遅れても間に合うので気にしていなかったのですが・・・(本来の停車駅ではないので扉も閉じられたままだし)
起床してから何も飲食していなくて、東京駅で食べる時間の余裕はないと思ったので、食堂車へいってサンドイッチとオレンジジュースを購入。
しかし・・・食べてる最中に次発の新幹線が隣に到着。
信号トラブルの復旧のメドがたたない車内アナウンス。
心配になり車掌室へ。
「12時までに東京へつくでしょうか?在来線では無理でしょうか?」
在来線では間に合わない、いつ復旧になるかわからないとの返答。
到着時間も気になるが、今回行けなかった場合の費用の補償もきになる。往路は新幹線の回数券を利用、復路は高速バスを支払い済。今回の旅の目的と復路について説明し、今回の場合はどこまで補償されるのか、はっきり「復路のバス代って補償してもらえるの?」と質問。
現在冷静になって考えると、かなり無茶なこときいてると思いますが・・・
車掌さんお返答は「現在は何もわからない」
もう一人の車掌さんには13:00に成田へ行かなければと訴える人。これは私以上につらい。
披露宴に間に合わないと電話してる人。これはお金だけの問題じゃないぞ。招待したほうも招待されたほうも可哀そう。

発車のメドがたたないためだと思うのですが、新幹線のドアが開けられる。
少しでも早いほうねいと次発新幹線から移る人で混雑してきた。
10時前後に、信号トラブルの原因が不明であること、お昼まで作業がかかりそうだとういう車内アナウンス。もう駄目だ・・・(泣)
再び車掌室へ。無線(?)から声はするけど車掌さんが二人ともいない。
二人ともホームで対応中。一人の車掌さんが車内にもどったところで、もう東京へいっても間に合わないから新潟へ帰りたいと訴える。気になるのは交通費の補償。最初に問い合わせしたときは何もわからない状態だったけど、今回は「旅行費用は補償されます」とはっきり言われた。これは誓って嘘ではないです。それを確認してから新幹線をおりました。

新潟と燕三条は新幹線で15分くらい、駅から近い高速道路でも1時間かかりません。高速バスの時刻表では新潟駅から50分くらい。
在来線では1時間半・・・(乗り換え待ち含む)

なんだかかんだとお昼前に新潟駅に戻りました。
みどりの窓口へ向かい、車掌さんからの言われたことを説明しましたが・・・・特急券代しか払い戻せないと言われたんです。回数券は次回乗車券として使用しろだと。(怒)
「車掌さんに”旅行費用は補償される”といわれたから戻ったんだ!東京にいく用事には行っても間に合わないし、行かなきゃ帰りのバス代だって無駄じゃないか!回数券の期限までに東京にいく用はない!」と訴える。係員は調べるために奥へ。
結果は新幹線回数券6枚分の1枚代金9500円(乗車券と特急券)を返金していただきました。

窓口にて返金後、バス会社に乗らないことをTEL。
実は、当日キャンセルなので返金されないと思っていたのですが(金曜にのったバス会社は3日前は7割、当日は返金なし)、今回のバス会社は出発時間より前に連絡すると返金されるようです。(100円手数料と期限があるけど) 

時間をみたら13:00過ぎ、新潟駅までにバス代350円かかってるので、バス代分使おうとデパートをぶらつき、16:15からの映画を1本。
公演チケット代は無駄になったけど、それ以外は一応戻ったので、今回のトラブルの被害はましな方でした。真冬・真夏・夜だったら待ってるだけで疲れてしまう、中間で停車していたら行けないし戻れない。
戻ってからブログ検索をしたところ、私の前便にのっていたと思われるかたの投稿がみつかり、内容を読むと湯沢で前便にのりかえ(各駅に新幹線が停車していました)高崎に到着したのが13:20。
残念だけど、早々にもどってきてよかった・・・・ 


復旧のメドがたたにということで燕三条で下りた人多数。その状態で新幹線の改札がそのままというのは不親切じゃないか? 燕三条で知らずに新幹線の改札を通った人に何事かときかれたよ(怒) やっと戻った新潟駅の改札が通過できない(怒) JRの対応には腹がたったけど、私が乗った新幹線の車掌さんや車内販売の店員さんは頑張っていたと思います。
「旅行費用の補償」も回数券でも返金するということ言ったのを都合のいいように解釈したのだろうと思います。
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-28 22:59 | 日常雑感

困ったな・・・

b0125384_1381095.jpg
また新人さんに泣かれてしまった。
私の言い方ってそんなにキツイのかな?
真面目だし、電話の応対が丁寧でとても評判がいい。
とてもいい子な分、泣かれるとすごく困る。
男性からみると、おばさんが若い子いじめてるふうに見えるんだろうなぁ・・・
でも、あれで泣かれたら、怖くて注意もできないし仕事もまかせられないよ。

彼女で仕事の流れが止まってしまう。
入社して4ヶ月かな。
もうそろそろ周りをみてもらいたい。
仕事量は多くないはず。余裕がないと断ってる仕事もある。
雑用もさせてないし。でも、そろそろ雑用もしてほしいんだけど。
正直、つかれました。
お昼休みに業務はしないけど(上司に注意されるし、新人さんが真似ると困る)裏紙の整理やら選択やら台所掃除やら書庫の整理やらで休めない。日経新聞の「私の履歴書」のファンなんですが4月から読んでないや。(小さい愚痴ばっかですみません)
文楽に興味をもったのも吉田蓑助さんの連載が面白かったからです。

迷ったけど、11月の茂山狂言とってしまった。
東京の公演だったら1時間くらいじゃつながらないだろうと思いつつ、12時過ぎにTELしたら、1回でつながり希望より後ろの席。思ったより早くつながったのかな。試しに電話してみればよかった。ちょこっとくらいなら仕事中でも電話できる(トイレ休憩とか)。
一般にかけなおしたほうがいいのかなぁと思いましたが、その日もすぐに電話はできないので手をうちました。
上司に仕事を頼むのがいやだけど、狂言のためなら我慢する。
午後だけだったら休むの楽なんだけどね・・・
前回の休みでは現金があわなくてあせりました。
今までの上司は前日に練習してくれたのですが、今の上司は自信家なうえに人の話を聞かない人。前回休んだときは「自分はなれてるから大丈夫だ!」という話を延々ときかされ、休みあけに現金があわなくって焦りました(私が)。その後、責めていないのに、言い訳(本人は言い訳とはいわないだろうが)を延々ときかされました。
いい部分をみようという気はあるのですが・・・・ できねぇ・・・
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-24 21:50 | 日常雑感

長岡アジア映画祭

先週は長岡アジア映画祭へ。
今年はどうしようか迷ったのですが、3作品だけ鑑賞してきました。

『ラミアの白い凧』
数年前に鑑賞したことがあるので、今回は2回目。
今回は観ていてすごい疲れたのですが、会場が映画館ではなく「劇場」だからでしょうか?
(別の映画祭の感想で多目的ホールでの上映は観難いというのがあったので。)
明るい物語ではないのですが、その割には音楽や女たちが拡声器で話す様子が楽しいんです。この辺が多少きになっていたのですが、上映終了後に行われた講演でレバノンでは「笑える作品なのでヒットした」ということを知りました。字幕ではわからないユーモアがちりばめられているらしいです。(はっきり言えば字幕がよくない)
そういえば、シリア作品でも同じようなのがありました。ラストは悲しいのにすごく楽しい雰囲気で魅力的なキャラクターが登場する作品でした。
対談でズキンときたのが「現実の生活が苦しすぎて、笑うしかない」ってこと。
私みたいに愚痴ばっかかりてるのは幸せってことなんだろうか?

『ブレス』
ここは毎年ギトク作品を上映するのでスタッフにファンがいるのだろうと思ってましたが、やはりそいうでした。
『春夏秋冬そして春』が私の初ギトク作品で、かなり気に入ったので他の作品も観て見たのですがどれも合わない。ある程度は知っていましたが、中には腹のたつ作品まであって。
それでも、「当たりだったら勿体ない」とスクリーン通いしてます。
『うつせみ』が当たりだったんだよね。
『ブレス』は・・・正直言って書くことないです。やっぱギトクと合わない。

『チョコラ!』
一口だけですが私もカンパしたので完成披露を観にいきました。
ケニアのストリートチルドレンのドキュメンタリー作品です。
イスラム・アフリカ・小民族なんてのにフラフラっとなるのですが、カンパしたのは「予算と尺」だけかけた駄作に腹がたっていたからです。
子供たちが踊っているシーン、皆明るくてのってるけど、字幕をみると悲しい歌詞。
これも「苦しすぎて笑うしかない」ってことなのかな。
画が観難かったので(これは機械が悪かったらしい)新潟公開時にもう一回観ようかと思います。

b0125384_13102813.jpg
会場は長岡市外からも行きやすいし、駐車場代はかからないし、休憩にも困らない場所なんですが、椅子が悪すぎ^^; はじめて行ったときはホントにつらかった。次の年はクッション持参でいきましたが、今年は1日1作品、100分以下の作品なので持参しなったけど辛い。『シークレット・サンシャイン』を観にいかなかったのは上映時間が140分だから。

かなりお行儀悪い格好で座ってました^^;
映画はいいけどね・・・観劇は無理だろうって思う。
隣があいてないと今回のような格好はできない。
クッションは座高が高くなるし。
(1F・2Fの最後列ならクッションもっていっても迷惑かけないだろうけど)

写真は会場近くの花壇。
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-23 13:10 | 映画

首(かしら)

b0125384_11492637.jpg
「娘(むすめ)」
14・15歳からの未婚の女性や若女房


b0125384_11492644.jpg
「老女形(ふけおやま)」
20代から40代の中年の女性

20代で「中年」なんてあんまりですが、時代が違うということで^^;



口元についてる「釣り針」みたいなものは、布を口にくわえる時に使用します。
駆け落ちシーンのほっかぶりとか。

写真は文楽講座でいただいた文楽協会発行の資料です。
オールカラーで無料、見せ場や舞台裏の写真もあり、超・初心者の私は大変重宝しました。
初・能楽鑑賞時には粗筋を調べる本を購入しましたが、文楽は何を買ったらいいのかわからない。本屋さんで文楽本を探しても、同じ演目だと思ったら段が違うとか。

粗筋はパンフで読めばいいと結局何も購入していない。義太夫も能の謡にくらべれば聞き取れるし、パンフには床本(台本)がついているし。(電光掲示板で字幕がでますが、これは苦手。)


最近やっと購入した初・文楽本がこれ。
演目の解説本ではなく、文楽の世界の解説本です。
写真はありませんが舞台の表・裏のイラストは大変わかりやすいです。
かる~~い文章なので、古典芸能をは敷居が高いと思っている人でも読みやすいかと。
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-23 11:49 | 文楽

b0125384_18252268.jpg
第一部 
『近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)』 
四条河原の段・堀川猿廻しの段

五世豊松清十郎襲名披露狂言
『本朝廿四考(ほんちょうにじゅうしこう)』
十種香の段・奥庭狐火の段

第二部
『奥州安達原(おうしゅうあだちがはら』
朱雀堤の段・環の宮明御殿の段・道行千里の岩田帯
一つ家の段・谷底の段

パンフの表紙は『本朝廿四考』奥庭狐火の段の八重垣姫 首(かしら)は「娘」
ホントは、首も衣装も狐も白いです。すみません。

一部の演目は3月の地方公演と同じなのですが、観にいけなかった演目なので嬉しい^^
文楽といえば心中。『近頃・・』も心中ものですが、猿廻しの段は3枚目キャラ与次郎(首:又平)のおかげで笑えます。
与次郎の妹おしゅん(首:娘)は廓の女ですが、馴染客の伝兵衛(首:源太)が刃傷沙汰をおこし(四条河原の段:悪いのは勿論相手なんだけど)、実家へ戻ってきていて、廓の主人から「伝兵衛がきても会わせないように!」と念を押されています。与次郎と母親(首:婆)は「伝兵衛がおしゅんを殺しにくるのでは?」と心配していて、おしゅんに離縁状を書かせます。
実は、おしゅんと伝兵衛は恋仲で、おしゅんは離縁する気などなく、盲目の母、文盲も兄には「離縁状」だと嘘をつき、伝兵衛と運命を共にするという内容の「書置」を書いたのです。

与次郎の一人芝居が楽しいのです。
お茶をいれたり、食事をしたり、食器を片付けたりと。
文楽は人形遣いが人形を動かしますが、台詞部分は義太夫語り。義太夫で母が真剣に語ってる間(変ないいかただけど)横で一人芝居してるのです。
与次郎はあわてんぼさん。
深夜、妹に会いにきた伝兵衛から妹を守ろうと、妹を家に戻し引戸を閉める。内側か押さえて伝兵衛を締め出したつもりが、妹を追い出し、伝兵衛を家にいれてしまった。
この時代、電気なんてないですから^^;このあたりの動きがおかしくって。
猿廻しの段は母親の三味線の稽古や猿廻しなど、主役以外の見所も多くて楽しめます。
本物の三味線の音にあわせて棹をたたいたり、ホントに人形が演奏している音みたい。
二匹の猿が登場しますが、これはパペットで一人の人形遣いが動かします。かわいい~~
二人が夫婦になる、新しい門出を祝っての猿廻しなのですが、「新しい門出」とは心中のこと。二人の心中を認めての猿廻しなんて、現在では考えられない不思議な物語です。


b0125384_18252255.jpg
『近頃・・』の後、休憩をはさんで襲名披露口上。
セットが人形サイズなので、ずらずらっと人間だけが並ぶとガリバーの世界みたい。
口上が終わって休憩。セットが変わって『本朝・・』です。

文楽ってセットが素敵なんです♪
『近頃・・』は貧乏なセットだったけど、今度は華やかです。
文楽の女性って、おとなしそうで大胆、前向きというか切り替えが早いというか^^;
亡くなった許婚・勝頼のために香を焚き、絵姿をみなが嘆く八重垣姫(首:娘)、そこへ絵姿そっくりな庭師の蓑作(首:若男)があらわれ「勝頼さま~~」と抱きつく。
勝頼でないということがわかり、フリーであることもわかると腰元・濡衣(首:娘)に仲をとりもってくれと頼む^^;

(ホントは蓑作が勝頼、亡くなったのは偽物。濡衣は偽勝頼の恋人でスパイ)


八重垣姫の父・長尾謙信(首:鬼一)は蓑作に文箱を届けるように依頼し、蓑作がでかけたあとに暗殺者を差し向ける。謙信は蓑作=勝頼だとしっているのだ。なぜ娘の許婚を殺そうとするのかというと、勝頼は敵方・武田晴信の息子だから。なぜ敵方の息子が娘の許婚に? 両家和解のために結婚させることにしたのだ。 ぐるぐるどろどろしてる。

八重垣姫は勝頼を助けようと諏訪法性の兜の前で神頼み。この兜が両家の不和の原因なんだけど・・・
兜はもともと諏訪明神から武田家へおくられたもの、この兜なら武田家の人間を助けてくれると思ったようす。狐は諏訪明神の使者、狐たちに守れながら勝頼の元へ急ぐ八重垣姫。
狐はちゃんと耳も動くんだよ♪
踊りがある演目は歌舞伎ファンにも楽しめるかも。御贔屓の女形と人形を見比べると楽しいのでは?(私は歌舞伎は未経験です)


『奥州安達原』は怖いお話でした。
いくら家のためとはいえ、妊婦を殺し、胎児をとりだし、胎児の血から秘薬をつくるのです。
殺した後で自分の娘だったとしるのですが・・・
人形は大型の男役が多くてかっこよかった~~^^
人形遣いの皆さんは汗だくです(主遣いは顔をだしてる)!
つかれたから二部はこれだjけ。
一部も感想というより粗筋だけになっちゃった^^;
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-21 20:24 | 文楽

近況(泣)

よく利用するお風呂屋さんが10月から値上がりします。これが(泣)その1。
いつもタオルはレンタルしてたけど、これからは持っていこうかなぁ・・・ 
いつも仕事・映画の帰りにいくので、あんまり荷物をもっていきたくないのだけれど。
お風呂あがりの牛乳はやめたくない。

26日はお休みもらって国立能楽堂25周年記念公演を観にいくのですが、交通手段が困った。これが(泣)その2。
文楽遠征同様に往路は新幹線、復路は夜行バスの予定だったのですが、バスが満席。
平日だから大丈夫だと思っていたのですが甘かった。
う~~ん。8月は夏休みだから平日でも混むのかなと思っていましたが、年中こんな感じなのかしら? 昔はこんなに苦労しなかった気がするんだけど。
他社を探したところ増便を運行するとのこと。ふむふむ。
価格を調べたら7700円!!
多少高くてもしょうがないと思ったけど、4列スタンダードで7700円!! 
ブランケットもレッグ&フットレストもないのに!!(怒)
サッカーの試合があるなら早々に完売するのもわかるけど(ファンにきいたけど試合はない)、ど-して金曜の夜に都内から新潟へこんなに移動するんだ?? 
(逆ならありかなと思うけど)

あー、でもどうしよう・・・ 
のろのろしてたらこの”ぼったくりバス”も埋まっちゃうと悪いし・・・
土曜は仕事だから帰らないといけないし、そーすると新潟駅に駐車しないといけないし、駐車代3200円で10900円・・・ 4列スタンダードで10900円払いたくない。

電車だと千駄ヶ谷発21:14に乗れば大宮で最終新幹線に間にあう。
公演終了予定が21:00なんだ(泣)
解説もないし、狂言公演だけなら時間どおりに進むと思うけど・・・能楽堂のサイトでは駅から5分となってるけど・・・そんなギリギリでいったことないから時間なんて気にしたことなかった。
最終新幹線をのがすと”ムーンライト越後”になってしまう。
これだと翌朝4:51新潟駅着。
始発新幹線だと遅刻になるし。
千駄ヶ谷21:14で切符かって、もしも間に合わなかったら新宿で新幹線特急券払い戻して(どっていにしても新宿経由で大宮にでないと)ムーンライト越後にしようかと木曜から頭ぐるぐるさせながら考えていたら、27日に歓送迎会をやるらしい。28日は「ござる乃座」で上京しないといけないので(ホントは金・土と休みをとりたかったんだけど(泣))、家族同居の身としては、26日の最終新幹線に乗りたい。これだと0:30までに帰宅できる。(Yahooどおりに乗り換えできれば1本前の新幹線にのれるから0:00に帰宅できる。)
「ござる乃座」だけだったら飲み会のあとバスに乗るんだけど。W社便の席が残ってる。5000円くらいのが。

「唐相撲」すっごい楽しみにしてたんだけど・・・・ 最後まで観れないかなぁ・・・ 最後まで観たいなぁ・・・・ 途中で退場するの嫌だけど・・・ バスとっちゃおうか・・・・ 夜行バスの方が眠れるし・・・・ 
28日は「ござる乃座」に間に合う時間でいけばいいし・・・・出発が遅ければ文句いわれないだろう。

馬鹿だなぁ・・・ さっさとバスの予約すればよかった。路線便だったら夜行バスでも出勤前に帰宅できる。(いつもはそのまま出勤するけど)
朝顔だしできれば、多少は連日外泊しやすいのに。

(私の悩みって、小さいなぁ・・・・)
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-20 22:46 | 日常雑感

近況

何か焦ってうまく気持ちの入れ替えができません。
残業ができないので先月に引き続きコーヒーショップで仕事してます。
ホントはよくないけど、邪魔されないので職場でするより早くおわります。
要領が悪いんだよね・・・・ 
残業が多くて苦労されてる方には申し訳ないのですが・・・・今期は毎月10時間超の残業で、今月はとうとう15時間を超えてしまい、事務はNO残業が基本なので・・・・困っている。
サービス残業も勿論だめなので、朝早く出て片付けることもできない。
サービス残業で悩んでる方に大変申し訳ないのですが、サービス残業やりたいです。
お昼休みも上司がいると仕事できないので、こっそり昼食部屋へ資料をもって集計してます。
なので最近はおにぎりばっかり。
これも、お昼返上でお仕事してる方からみると、贅沢な悩みですね。
家にいても仕事の締め切りが気になって(あんまりいないけど)、落ち着かない・・・
これが、しばらく書かなかった理由です。

b0125384_2022412.jpg
それでも、何とか一つは追いついてきたので、今日は久々に近くでクレープとコーヒーで食でまったり。(今日は持ち帰りの仕事がないのだ)
ランチは混んでるけど仕事帰りだと空いてます。苦甘ソースがすきです。


b0125384_2022419.jpg
こっちは職場のおやつ。
ふたを空けるといい香り。フワフワ。

食べてばかりだなぁ・・・・
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-18 20:22 | 日常雑感

文楽遠征

お財布がキツイし、朝は早いし、往復バスにしようかと悩んだのですが(私の悩みって小さいなぁ・・)往路は新幹線、復路は夜行バスにしました。
予定より1本早い6:58発新幹線で出発です。

5月公演は雨で劇場の外にでられなかったので、今回は劇場近くを散歩しようと思っていましたが、また朝食をのろのろ食べてたら遅くなってしまいました。
せっかく早く着いたのに、中華粥をいただいたあと(これはさっさと食べた)、コーヒー飲みながらまったり^^;
国立劇場に10:00着の予定でしたが、10:30着。早速パンフを購入。
能楽鑑賞では、はじめての曲は予習してから臨むのですが、文楽は予習していないので(理由はまた別の機会に書こうと思います)開場してからパンフの熟読。
観劇前に人間関係を整理します。
実は親子だとか、実は本名は違うとか、実は○○とか。
う~~ん 次の公演は予習しよう。休憩中も頭が休めないので疲れる。


b0125384_2264033.jpg
一応、今日のお昼・・・15:00だけど。
一部は11:00~15:00 1回目の休憩は25分。この休憩時に昼食をとる人が多いのですが、この時間にパンフ&床本(台本)でお勉強です。なので私はいつも(といっても2回目だが)1部と2部の間(1時間)に昼食をとります。

b0125384_226408.jpg
中身はこんな感じ。
前回いただいた「おにぎり弁当」が食べたかったけど今回はなかったです。
食べやすいし量も丁度よかったんだけど。
併設のレストランでもお弁当を扱ってますが、チケット貧乏なので私はこっち^^;
でも、次は東京駅で買おうかな。時間が早いと種類が豊富だね。(次は12月なので迷わず新幹線です)


b0125384_2264160.jpg
女性用御手洗いだけなのは何故だろう?男性用は一般的なマークです。
写真ボケボケすみません。


b0125384_2264180.jpg
2部は16:00~21:00まで。
国立劇場小劇場の入り口。
5月は新幹線の時間に間に合うよう大急ぎで帰りましたが(乗り過ごすと1時間まち)、今日はバスなのでのんびりです。ホントは大阪の文楽劇劇場にいきたい・・・・
京都で茂山狂言を観て、大阪で文楽を観る連休に憧れる・・・

現実は、23:30の夜行バスにのり、早朝に降車場に着き、マックへ移動して文楽本を読む。ふむふむ。今日の朝一の仕事は監査書類をひきずりだすこと。朝からふらふら。マフィンも食べればよかった・・・ そーいえば、夕食たべてない気がする・・・ 
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-10 22:06 | 日常雑感

b0125384_19582441.jpg
観世流『翁』 
翁     観世清和   
三番叟  野村万蔵
千歳   観世芳伸
面箱   小笠原匡
      
能・観世流『絵馬』   
前シテ・後シテ(老人・天照大神) 
            観世銕之丞
前ツレ (姥)    柴田稔
後ツレ(天鈿女命) 浅見慈一
後ツレ(手力雄命) 馬野正基
ほか


狂言・和泉流『末広かり』       能・喜多流『湯谷』三段之舞
シテ(果報者)  野村萬        シテ(湯谷) 香川靖国
アド(太郎冠者) 野村万禄      ツレ(朝顔) 佐々木多門
小アド(すっぱ)  野村祐丞       ワキ(平宗盛) 殿田謙吉
                          ほか

私は脇正面の5列目で鑑賞。
6月に萬歳さんの三番叟を観る機会がありましたが(初三番叟)、『翁』の一部を演じただけにすぎないので、正式な形のものを観たいと思ってました。事前に予習してから鑑賞に臨みましたが、実物を観ると雰囲気が全く違うので緊張してきました。
しめ縄が飾れれている能舞台をみただけで、特別な雰囲気に緊張してきました。
揚幕の奥から火打ち石の音が聞こえると、中の儀式の様子を想像して緊張度がUPです。
(想像といっても、私の頭の中では「りゅーとぴあ能楽堂」です^^;ここしか中を知らないから)
揚幕があがり、面箱を先頭翁、三番叟、囃子方、地謡がずらずらっと橋掛かりを歩きます。素襖裃に侍烏帽子姿がずらずらっと舞台に並ぶと緊張度がさらにUPです。
目付柱のあたりで面箱を持つ手が少し震えているのをみて、私も力が入ってしまいまいた。
(面箱は目の位置くらいにあげているし、速度がゆっくりなので大変だと思います)
「演目別にみる脳装束」によりますと、翁狩衣(装束)は青系の浅葱色系が主体とありましたが今回は緑系(本にも緑・茶もあると書いてあります)でした。扇は専用の「翁扇」を使用するということなのでオペラグラスでしっかり見ようと思ったのですが、翁の最中はそういうことが出来る雰囲気じゃなかったです。5列目だとオペラグラスは不要のと思う方も多いと思いますが、能楽堂では装束・面を近くでみるために使用する方をよく目にします。

三番叟でアクシデント発生。鈴の段で鈴がいくつが外れたのです。本舞台に落ちた鈴、面をつけると視界が悪いので危険です。すぐに後見が拾うのかと思っていたのに動かないのでどうするんだろうと冷や冷や。(流れを邪魔しないあたりで新しい鈴を渡して落ちた鈴を片付けました)

私は脇正面が好きだけど、翁は正面からみたかったな。
チケット発売日に確保したけど、すでに正面席は埋まっている状態だった。な、なのに当日券で正面席があったんですよ。どうせ後ろだろうとチラ見したら割といい席でが~~ん。
ネットは完売であきらめた都内近郊のかた、2日目以降問い合わせてみたほうがいいかも。
(初日は平日だったからというのもあるけどね。)


『絵馬』は身近で資料がみつからなくて、能楽堂で大急ぎでパンフのあらすじを読んで鑑賞です。これが、なかなか面白かった。登場人物が多く、装束・小道具が楽しめる。動きも多い、アイもある。アイもなかなか豪華で、島の鬼が4人、鬼ですから全員面をつけてます。囃子も太鼓つき。

『末広かり』は茂山千五郎家で1度観たことがありますが、同じ曲でも流派・家で雰囲気亜がかなり変わります。だまされて頼んだものと全く違うものを買ってきた太郎冠者を怒って追い出したくせに、囃子につられて許してあげる主人がかわいいです。いつも狂言の世界みたいに直ぐに仲直りできたらいいのにと思います。これはどの家でも一緒^^

ここでやっと休憩。3時間半ノンストップです。さすがに疲れました。
狂言がはじまるのに席を立つ人がチラホラ。
全員が揚幕に入る前に席を立つ人多数。
もう1本能があるので私もお手洗いにいきたいけど・・・全員が退場するまでは動きたくないけど、お手洗い行列が気になる・・・やっぱ全員入るまでまとう。
これだけやれば30分は休憩があるだろう思ったら20分。
演者が違うから、オペラみたいに休憩がなくても大丈夫なのね。
買ってきた「ヒレ玉サンド」を半分しか食べれない。
でも大丈夫かな?朝たっぷり食べたし^^:
じ、実はスープとショコラドリンクの他にも食べている。

『湯谷』は、渋い曲でした。動きが少ないので、私のように謡が難しい者には向かないかも。
詩章をみているので、舞台についてはいけるのですがイメージが広がりません。
狂言だと何もなくても、家や店が連なっているの見えるのすが、湯谷では出来なかった。
謡がききとれる人には桜の下をとおる牛車がみえるのかな。装束は華やかでした。
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-08 19:58 | 能楽

いつもの休日

今日も十日町へ。
お目当ては『ローマの休日』 スクリーンで観るのは初めてです。
数年前に市内で上映があった気がするのですが、観にいけませんでした。
都内と違って懐かしい作品を観る機会は少ないので、はりきっていってきました♪
A・ヘプバーンの主演作で初めて観たのはこの作品ですが(こうゆう人は多いのでは?)、もしもリクエストできるなら『パリの恋人』と『おしゃれ泥棒』と『暗くなるまで待って』の3本をスクリーンで観たい。
『パリの恋人』は正直いって歌唱力のレベルに差がありすぎと思うけど、衣装が素敵です。
『おしゃれ泥棒』も衣装が素敵。
『暗くなるまで待って』は暗い映画館でみるべき作品だと思います。「電気を消せば家のテレビでもよいのでは?」というのは言っちゃいけません。

b0125384_2151627.jpg
今日の朝食。
越後川口SAのフローズンヨーグルト。今日はリッチに甘夏パフェ♪
私は空いているときに買えたけど、学校の観光バスと重なったのでお店は女学生で大混雑してました。


b0125384_2151625.jpg
今日のおやつ。
「紅花」のクリームあんみつ。
[PR]
by k-mia-f | 2008-09-07 21:51 | 日常雑感