人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

6/26新潟公演を観にいきました。
今回は早いでしょ。
だって、考えることないんだもん。

作・演出:後藤ひろひと
美術:池田ともゆき
出演:寺脇康文・手塚とおる・石野真子ほか

カーテンコールで
「だまされたと思ってる人がいるでしょう」
「何も残らない芝居を大変なんですよ」 というようなことを後藤さんにいわれてドキッ。
何で私の思ってることがわかったんだろうと思っちゃった。

『ガマ王子・・・』の1幕目が終わり、涙ポロポロでパンフを買いにいったら同じ作家の作品(これ)の先行予約をしていたので買っちゃいました。
後藤さんの作品って、いつもこういう感じなの?

戸田(寺脇)と熊谷(手塚)は石野真子ファンの幼馴染のお隣さん。
戸田が庭で恐竜の骨を発見、隠し事なしの幼馴染の二人でしたが、戸田が秘密にしていたことから二人の間に亀裂が入る。そして、熊谷の庭からも恐竜の骨がでる。
そこに恐竜専門家がでてきて問題発言、両者は権利の取り合い。
再び恐竜専門家の問題発言、両者は権利を押し付けあう。
最後は恐竜よりも石野真子がメイン。う~~ん、観てない人には伝わらないよね(ごめんね)
豪華なドタバタ・コントって感じでした。

チケットもぎり場から「芝居」の世界へ。客席には探検家スタイルの役者さんが二人ウロウロ。恐竜の声っぽい音、照明、ナレーション等で始まる前から楽しい雰囲気。前説も楽しい^^

一昨日の映画『俺たちフィギュアスケーター』がOKで、これがNGなのは料金の差。
7500円だすほどドタバタは好きでない。ドタバタを見下してるわけではないです、念のため。趣味の問題。『ガマ王子・・』みたいのだと思ったんだもん。
でも、アイドル衣装・振り付けで歌う真子ちゃんは可愛かったよ^^
アイドル石野真子を知らない世代は楽しめたのかなぁ・・・

最近鬱気味、こういう何も考えなくていい作品もいいかもしんない。
役者さんたちが楽しみながら演じてるように感じたし、ゲートをくぐってから出るまで(開演前から終演後まで)楽しい雰囲気だったので、「だまされた」と思ったけど「観なきゃよかった」とは思わなかった。
by k-mia-f | 2008-06-27 21:34 | 演劇

あじさい

b0125384_2158501.jpg
ETCの通勤割引を利用して上越市内の映画館へ。
お目当ては『俺たちフィギュアスケーター』 国立定期能の帰りに観る予定にしていたのですが能で体力使ってしまい(眠気が^^;)駅前のコーヒーショップで休憩してたら見逃してしまいました。新潟市内の上映がないままDVD発売にがっかりしてたところに朗報。
上映開始が16:30 時間が余るので前の1本観る予定だったのですが、お昼が遅くなり”お花見”に変更。


b0125384_21585045.jpg
上越市街からそう遠くないダムの近く。
近くに住む知合いをランチに誘ったら、ボリュームたぷりのお寿司屋さんを紹介してくれて全部食べたらお腹が重い。お散歩するのに丁良いです。
最後まで付き合ってくれて ”お馬鹿映画”だったので趣味にあうかどうか心配だったけど、楽しんでくれたようなのでホッとしてます。
期待通りの”お馬鹿で楽しい映画”でした^^


b0125384_21585090.jpg
中越沖地震の災害復旧工事中とかで、長岡JC越えてから1車線走行。
道路脇の紫陽花を眺められる速度です。
上越方面へお出かけの方は早めに出発しましょう。
米山SAで朝食。ETC割引の利用するため柿崎ICからは下道で。


b0125384_21585145.jpg
帰りも米山SAで休憩。日が長いので間に合うかなと思ったんだけど、これだと紫陽花がわかんないね(がっくり)


明日は『恐竜と隣人のポルカ』新潟公演です。
涙ポロポロの『ガマ王子・・』の休憩で、座席指定の先行予約。好みの席が空いていたので衝動買いしてしまいました。普段なら問題ない時間なんだけど、早く帰れるか心配。
by k-mia-f | 2008-06-25 21:58 | 日常雑感

かにみそ ~ いもきん

チケット貧乏で節約中の私、夏物を新調したいけど我慢の日々。
でも、カーディガンの袖の染みがとれないので今月始めに新調しました^^

初めて着た歓迎会で、焼蟹をおいしくいただいていると隣のA氏が
「ここ(目の位置かな?)の後ろにミソがあるんだよ」といって折り曲げる。
私も真似して、折り曲げ・・・・曲がらない・・・・ もう少し力を入れてみる
「ぎゃ~~~~」 新調した白のカーディガンにミソが飛び散った(泣)

『椿姫』では別のジャケットを着たけれど、日中はカニミソ部分をバッグと腕で隠して移動。
(詳しくは6/14の投稿にて)
クリーニングにだしたけど、おしぼりで拭いたこと、汚れてから日数が経っていることもあり汚れがおちません(泣)

咳が止まらなくて映画をあまり観にいけなかったこと。
咳が止まらなくてお風呂屋さんにいけなかったこと。
残業で楽しみにしていた演奏会3本が駄目になったこと。
残業のことで上司から注意。
7月の千之丞さんの『鬼ヶ宿』も無理。
佐渡の薪能も無理・・・新人さんが仕事に慣れるまで休みはとれない。
ストレスから買い物へ。
夏用の観劇ジャケットを横浜遠征の前日に購入。
やっぱ、買い物するといい気分^^

しかし 「節制の誓い」を破って新幹線移動にしたせいか、その日の夜は特に咳が止まらなくて全く眠れない。眠れないまま朝になり、バッグにのど飴・のどスプレーを詰めておでかけです。

時間に余裕があるので横浜駅近辺を散策しようと思ったのですが、生憎の雨。
ピアスを忘れたので駅ビルのアクセサリー店で3,000円迄で探したんですが気にいったのがなく、高島屋でウロウロ。ピアスがネックレスに変わりました。
予算をかなりオーバーしましたが、買い物するといい気分^^

新しいジャケットとネックレスでいい気分で横浜能楽堂を目指します。
しかし 桜木町駅から能楽堂までの道が???
駅につけば能楽堂の表示が出てるものと思っていたのに何もない。携帯の地図もよくわかんない。雨も強いしタクシーで移動。
「節制の誓い」を破ったせいなのか、帰りに迷う。

雨で外を歩く気にならず、さっさと東京駅へ移動。
新丸ビルと大丸をウロウロ。
サロン・ド・カフェ・ボワシエ でまったり。
家族土産に「芋きん」を買って帰宅。
横浜能楽堂へいくのは苦じゃないけど、空き時間が半端だなぁ・・・

咳は続いてるけど、ストールをぐるぐる巻きにして、のど飴を舐めてれば映画も大丈夫。
昨日の1本は『ラスベガスをぶっつぶせ』 もうちょっと痛い目にあってもいいのでは?という気がします。簡単に親友と仲直りしちゃううえに一緒にカジノ荒らし(かな?)しちゃうし、美人とくっついちゃうし、奨学金はもらえちゃうし。ホントに奨学金もらえちゃったのかな?だったら凄い。どこまで実話なんだろう?
久々に映画を楽しんで調子がもどってきました^^
明日は少し遠くの映画館へ。
by k-mia-f | 2008-06-24 22:05 | 日常雑感

6/5、6/6 野村万作家の公演を鑑賞(のろのろ^^;)
初めての『三番叟』です。
目付柱が目の前という条件のよい席ではないけれど、地方では観る機会が少ないので感激です。”目付柱が邪魔”といいうのは能楽堂ならでは。そう考えれば不便も楽しい(かな?)
感想は「綺麗」の一言。装束が草色だったこと、萬斎さんが細身であることも関係しているかもしれませんが、田植えが終わったばかりのところに「大きくなれ~大きくなれ~」と走りまわっているみたいと感じました。想像していたより軽やかだったんです。う~~うまく言えない。

『小傘』 5日のシテが万作さん、6日のシテが萬斎さん。どちらが良かったかといわれると困るのですが、楽しい曲でした^^ 
賭博で文無しになった二人が僧と新発意(しんぼち:修行僧)にばけて、法事でお経をあげている。お経なんて知らないから、賭博場で歌っていた歌をお経風にしてごます。そんな嘘お経をありがたがっている村人や、寄進された刀などを盗もうと隙をうかがってる偽坊主の様子が可笑しい。

『鍋八撥』 シテは万作さん。大雑把にいいますと、羯鼓(かっこ)売りと鍋売りの一番争い。羯鼓売りの方がホントは早かったんだけど、鍋売りが眠ってるのをみてズルして前へ。
二人とも「自分が一番」と争うことに。鍋売りが羯鼓売りの真似をして鍋を腹にまき(まるで狸の腹鼓)見よう見まねで舞う姿、いい具合に遅れて合っているのが輪唱みたいだと思いました。
羯鼓売りがかっこよく、橋掛かりを側転で退場します。これは真似できない鍋売り。でも、あきらめないんですね。なんとか近いことをするのですが・・・大事な売り物の鍋を割ってしまいます。
ここで、思わず「あ~~っ」と声が出そうになる。さっきまで可笑しかったのに、一気に可愛そうな雰囲気に・・・ ところが、この鍋売りは前向きな性格なんです。後ろを振り返ってばかりの私は心の中で拍手。見習いたいものだ。
気になるのが一番争いの結果、どうなったんだろう?

6/6は脇正面の中寄りの席。『小傘』『鍋八撥』とも脇で大当たりでした。
やっぱ能楽堂は脇が楽しい^^ 
by k-mia-f | 2008-06-20 21:29 | 能楽

ごほごほ

咳がとまりません。

咳が食事の邪魔をするので飲み物ばかり。
牛乳とか、コーヒー牛乳とか、バナナ牛乳とか・・・・ 
あとjは、噛まなくてもいいアイス、アイス、プリン、アイス・・・
首にストールをぐるぐる巻きにして、のど飴なめながら横になる。
というわけで、まともな食事をとっていないけど痩せません。痩せるどころか”咳太り”状態。

経費節約のため新幹線は利用しないと決めた私ですが、週末までに直りそうにないので横浜遠征は新幹線を利用することにしました。東京までだけど。
横浜は土・日切符の範囲内ですが、東海道新幹線は利用できないのです。

狂言等の遠征ついでに映画を観にいくことが多いです。
以前より上映される作品は増えましたが、まだ地元未公開の作品も多く、劇場派の私としては交通費のもとをとろうと思うわけです。これが一部の映画ファンを除いて理解してもらえない。
なぜ新幹線(高速バス)にのってまで映画なんだと。
DVDがでるじゃないかと。
観たいからとしか答えようがないんだけど・・・・
私としては、なぜ新幹線にのってまで買い物なんだと。
新幹線代でもう一着帰るじゃないか。
・・・・面と向かってそんなこと言わないよ。こっそり書くだけです。
私だってさ、興味がないわけじゃないけどさ、優先順位が違うんだよ。ほっといてくれ。

上映(開演)時間に遅れないようにと目的地まで一直線。間近(又は会場内)まできて一安心、ちょっと休憩。普段はブラック党の私ですが、ミルク砂糖たっぷりの飲み物をいただきす。で、5分でもいいから寝る。30分空きがあれば食事をとるけど、それ以下だったら食べるより寝る。


ごほごほ
今週は1本もみてない・・・・・ 
週末大丈夫かなぁ・・・・
夜と比べて昼は具合いいんだけど。
のど飴まとめて口にいれとこう。
あ~~ だめだ~~ もう寝る。


横浜だと空き時間少ないから、たまにはお店巡りしようかなぁ・・・・チケット貧乏だから巡るだけかもしれない・・・ ごほごほ ・・・ でも、チョコは買う   ごほごほ(疲)
by k-mia-f | 2008-06-19 21:32 | 日常雑感

薔薇空間(6/17追記)

b0125384_2159974.jpg
前の写真と同様、Bunkamura「薔薇空間」展に合わせて登場したローズ・ガーデンを撮影。
花を眺めながら食事を楽しもうとしていた方々には迷惑だったかも^^;
実物はもう少し青みがかった色でした。

10日、送別会後、トイレ付きS社夜行バスで移動。
W社と違い、停車場が多いので眠れるか心配だったけど、控えめにしたとはいえビールを飲んだあとなのでトイレ付きの方がいいかなと。結局、トイレは使用しなかったけど。
始発便は途中乗車が多かったけど、今回は長岡以降で乗車する人がいなかったのでW社とかわりなかったです。



b0125384_21591034.jpg
池袋4:30着 時間つぶしはネット・カフェがお勧めときき、駅近辺の某店で3時間休憩。
何か、聞いていたのとイメージが違う・・・ 他の店だったのかな。
10:15シネ・リーブル池袋で『つぐない』 、家族へのお土産(和菓子)購入、コインロッカーへ荷物預けて移動。
『薔薇空間』展でクリア・ファイルと絵葉書セットを買いたかったけど、レジが行列で断念。
並ぶのも嫌だけど、14:50ル・シネマで『美しすぎる母』に間に合わない。
代わりに図録を購入(レジが違ったので並ばなくてもOK)


b0125384_21591098.jpg
b0125384_21591135.jpg


渋谷からバスで新国立劇場へ移動しようと思ったけど、バス乗り場がみつからない(泣)
暑いし、足痛いし、図録が重いし、探しつかれて新宿へ移動(電車移動へ変更)
京王線ってSuica使えるのかな?改札にSuicaマークが無かったから切符購入したけど、サイト見ると使えるような気がする。
なんか、人酔で頭いたくなってきた・・・・

新宿で折りたたみいすを抱え、キャリーをひきずってる人がいた・・・・
やっぱ、キャリーを使えばよかった・・・・
なんか、都内は座れるところが少ない気がする・・・・ でも、椅子はもってかない。

『椿姫』終演は22:00 
帰りは23:35池袋発の夜行バス。そーいえば食事してなかった・・・何か食べよう。
ホントは一泊したい・・・ 今年は会社休めない・・・

新しく開通した地下鉄だと池袋・新宿・渋谷の移動が楽になるというようなこと新聞に書いてあったけど、ホントかな。期待していいのかな。

【追記】
展示会場では薔薇の香りの演出がされていたこと、展覧会にしては照明が明るく、壁紙が空色のコーナーがあったり、本物のローズ・ガーデンの中にいるようでした。
葉脈(葉の破れ方)、綿毛、とげ、枝分かれ部分、花びらの筋、重なり、固いつぼみ、開きそうなつぼみ、終わりの花、細かいところまで観察されてます。

金曜日から咳が止まりません。観たい映画があるけど行けない、お風呂やさんも駄目だし、テレビはないし、本をよもうと思っても咳中断で頭に入らないし進まない。というわけで、「薔薇空間」の図録ばっかりみている。頁をめくると薔薇の香りがするような気がします。眺めて、横になって(咳疲れ)、起きて、開いて、また横になる。

今週末は よこはま万作・萬斎の会・・・ それまでに治さないと(泣)span>>

by k-mia-f | 2008-06-14 21:59 | 日常雑感

椿姫 La Traviata

b0125384_19585575.jpg
11日に新国立劇場で『椿姫』を鑑賞。
鑑賞予定の映画のレビューは基本的に読みません。鑑賞前に他の人のレビューを読むと、その人の目線で観てしまうから。勿体無い気がするんですよね。まぁ、後で知って悔しい思いをすることもありますが。
オペラの場合、先にレビューを読みます。鑑賞前に読んでも、その人の目線で観れないから。音のズレとか、演出がどうとか、声量とか、オケがどうとか、読んでも分からないので^^; 


先にレビューを読んで、あまり期待しなかったのですが、思ったほどではなかったです。
例えば、”ヴィオレッタが健康的すぎる”という点、私がもっているDVDのヴィオレッタ(アンジェラ・ゲオルギュー)と比較すると、確かにぽっちゃりと健康的でしたが、がっかりするような人ではなかったです。
”演出が普通すぎる”という点、比較できるほど鑑賞してないので、普通で十分でした^^;
アンナ・ネトレブコ版の評判がいいようですが、私は未鑑賞(図書館で探しにいったのはコレ)
2幕の闘牛士のダンスを”観ているほうが恥ずかしい”という酷評を読んだので、逆に期待していったののですが、それほどでもなかったです。ダンスというより体操だと思ったけど。体操よりも衣装が気になりました。昨年の『カルメン』と同じ気がする・・・予算少ないんだな・・・
公演の日数も少ないし(今回は5公演)、外来オペラと比べると安いし・・・

アルフレードを演じたロベルト・サッカは数少ない”私が知っているテノール歌手”です。
コリーヌ・セローが『セヴィリアの理髪師』をアラビア風に演出した舞台で伯爵を演じていました。この舞台、衣装やセットが素敵なのと、2幕で伯爵と後見人のやりといりが楽しいの^^
というわけで、今回はロベルト・サッカ目当てだったけど、拍手はジェルモン(ラード・アタネッリ)が一番大きかったです。ブラボー・マンも頑張ってた。

カーテンコールは1回で終わり。能楽公演みたいに、さささ~~っと帰っていく。イマイチと思う人が多かったのかしら?私はもう少し余韻に浸っていたかったんだけど。
オペラ公演のチラシをみて興味をもっても、料金を見ると・・・(泣) 今回はチケット代分は十分楽しみまいた。まぁ、能楽・文楽と比べると高いけどね(3F中央B席10,500円)

b0125384_19585514.jpg
ヴィオレッタのモデルとなった高級娼婦が胸元に飾った椿。1月のうち25日が”白” 5日が”赤” ”赤”は拒絶のサイン。

写真はBunkamureで撮影。
6/15迄開催の「薔薇空間」展に合わせて飾られた薔薇。
by k-mia-f | 2008-06-14 21:50 | 音楽

日曜日の図書館で

b0125384_20153967.jpg
目的の物がなくて、併設カフェでランチ。


b0125384_20153985.jpg
探していたのはオペラのDVD。
建設中のころから、新しい図書館のAVコーナーに期待していて、図書館だったらレンタル店においてないような作品、オペラや演劇などのDVDがあるかなと思っていたのですが・・・
(期待していたわりには行くのがおそくなったけど・・・)
DVDは期待していたほど充実していませんでした(がっかり)
それでも、NHKからでている昔の狂言公演のDVDがあったので、せっかく来たのだからと視聴コーナーで鑑賞・・・・したのですが・・・ 無料だと思えば我慢できますが、イヤホンが安物(?)で耳が痛い。図書館だから静かだろうと思ったけど、けっこう周囲の雑音がうるさい。(途中で挫折)

新国立劇場の情報コーナーはよいです。
新国で公演以外のものも観ることができたし、耳も痛くなりません(私の場合は)
DVDでなくタッチパネルにさわって操作するので、すきなとこだけ少しずつ色んな公演をみることができました。もしもオペラに興味があり、新宿方面にいく機会がありましたらお勧めです。無料です。

11日は新国立劇場の『椿姫』
日曜のマチネをとるつもりで、一般発売日に”ぴあ”をのぞいたら席がない。今回は諦めるつもりでしたが、オペラコンサートで「乾杯のうた」をきいていたら(アンコール含めて3回は歌った)やっぱり行きたいと思い、平日で行けそうな日を探したら希望の席があいていました。チケットを確保したのが3月、この頃はまだ、遠征貧乏になるとは思ってなかった^^;
オペラより狂言優先なので、最後のオペラパレスになるかもしれません(”最後”は大袈裟か)
ホントは、豪華なのを観てみたいけど私のお財布ではちょっと・・・

図書館で借りてきたCDをイヤホンで聞いているうちに、段々たのしみになってきた♪
by k-mia-f | 2008-06-09 20:15 | 日常雑感

5月をふりかえってみる

b0125384_21331868.jpg
花がつくまえの葉がかわいい。風が吹くと「おしくらまんじゅう」しているみたいなところ”うきうき♪”という雰囲気が好きです(季節外れですみません)。写真では伝えられないのが残念です。

昨日と今日、2夜続けての狂言公演(野村万作家)で、私も”うきうき” 公演前にりゅーとぴあ屋上庭園で撮影しました。最近は仕事でイライラ続き、そんなことを忘れて楽しい時間をすごすことができました。



5/11 『わが魂は輝く水なり』 (シアターコクーン)

5/14 国立劇場5月文楽
     第一部 『鎌倉三代記』 入墨の段
                   局使者の段
                   米洗ひの段
                   三浦之助母別れの段
                   高綱物語の段

          『増補大江山』 戻り橋の段

    第2部 『心中宵庚申』 上田村の段
                   八百屋の段
                   道行思ひの短夜

         北條秀司 十三回忌追善 『狐と笛吹き』

5/21 国立能楽堂5月定例能
      能   『景清』  シテ・野村四郎
      狂言 『富士松』 シテ・野村萬

5/22 ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ・パーカッションオーケストラ (小出郷文化会館)

5/23 プライムクラシック1500Vol.3チェロ 水谷川優子  (りゅーとぴあ)


文楽の感想を書こうと思っているうちに5月が終わってしまいました(のろのろ)
10列目の中央で鑑賞、人形の動きはわかるのですが(米洗いの段、たのし~^^)、首(かしら)の表情までは見えない。オペラグラスをもっていけばよかった。
定例能は渋い組み合わせでした・・・ 能はアイがある曲を選ぼう・・・ 『富士松』よくわからなkった(泣) 神経質なのかな・・・ 後ろの皮バッグ(多分)の”キュキュ”という音が煩わしい。名乗で中世の世界に入っていけないまま、連歌合戦になり、連歌の意味が理解できないし雰囲気にも乗れない(泣)

チャップリンは『キッド』が文楽と重なったのが残念ですが、上映作品2/3は鑑賞できました。
特に、『街の灯』『ライムライト』『独裁者』を観ることができてよかったです。
『スルース』のジュード・ロウが久々によかったです^^(私的にがっかりする作品が続いたので)
全体の雰囲気も好きだし、マイケル・ケインも良いし、パンフも買ったけど、鑑賞後に「これ舞台でみたいな~~」と感じるのは・・・「映画」としてはイマイチ。’72年度版は未見。

5/10は『担え銃』『独裁者』を鑑賞後、W社の夜行バスで移動。予定では東京駅6:40着ですが、新宿が5:00前、東京駅6:00前に着。早すぎ。路線バス便と違い県内の停車場が少ないからなのかな?途中SAで時間調整してくれたらいいのに・・・ 5:00だったら、路線バス便の始発にまにあう。 
5/21は路線バス便の始発で池袋駅前11:00少し前に着。
県内の乗車場が多いので時刻表どおりに運行、高速は順調だったけど、下道の渋滞で予定より遅れて到着。今回は往復高速バス、発着共に池袋なので荷物は駅のロッカーへ。しかし、帰りに引き取るときに駅で迷う(馬鹿)
by k-mia-f | 2008-06-06 22:44 | 備忘録

気持ちをいれかえよう

どんどん暗くなっていくので、楽しいことを考えよう。

明日・明後日は野村万作家の狂言公演です。
明日は萬歳さんの「三番叟」 初です^^
りゅーとぴあが10周年を記念しての「三番叟」です。
4月の「春の能楽鑑賞会」もお祝いムードでした。
今月は野村さんちでもう1回。初めての横浜能楽堂です^^


最近確保したチケットは3公演。

能楽基礎講座「能楽の愉しみ・・・八島」 
これは直ぐに電話がつながってガクッときました^^: 年に4回あるのですが、毎年完売とのこと。私は日程から1回しか行けないのと、先にセット券販売分があるから心配だったんですが。う~~ 能楽はリタイヤ層のファンが多いから、昼の方が人気あるのかな?

「SISTERS 」新潟公演
これは、予想通り電話がパンク状態。仕事中なんで電話ばかりしていられなし、これもセット券で先が先に販売されているので心配だったんですが、希望に近い席が確保できました。
込みそうな土・日を避けて、平日を選んだのが良かったかも。それに、新潟では珍しく5公演あるし(普通は1~2公演)

シェイクスピア能楽堂シリーズ「冬物語・劇場版」
希望してたあたりは残っていなくて、後ろをとるか、前をとるか、これが一番迷いました。
普段なら後方をとるのですが(好きな14列目は空いていたし)、時広さんの衣装のファンなので、前をとりました。文楽を観るには良い席だけど。
by k-mia-f | 2008-06-04 21:53 | 日常雑感