人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

2012年 05月 03日 ( 1 )

2012.04備忘録

4/4  「昼下がり、ローマの恋」(2011)監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ/伊/126分
4/4  「サラの鍵」(2010)監督:ジル・パケ=ブランネール/仏/111分
4/7  「サウダーヂ」(2011)監督:富田克也/日/167分
4/9  「アーティスト」(2011)監督:ミシェル・アザナヴィシウス/仏/101分
4/11 「ブリューゲルの動く絵」(2011)監督:レフ・マイェフスキ/ポーランド・スウェーデン/96分
4/11 「僕達急行 A列車でいこう」(2011)監督:森田芳光/日/117分
4/13 「ヒューゴの不思議な発明」(2011)監督:マーティン・スコセッシ/米/126分
4/14 「FURUSATO2009」監督:富田克也
4/15 「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(2011)監督:テイト・テイラー/米/146分
4/17 「国道20号線」(2007)監督;富田克也/日/77分
4/18 「灼熱の魂」(2011)監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ/仏・加/131分
4/18 「サウダーヂ」
4/19  観劇『幻蝶』@りゅーとぴあ
       脚本/古沢良太 演出/白井晃
4/20  トリオ・ベルガルモ演奏会~調和する音の世界~@音楽文化会館
4/22 「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛」(2006)監督:イラン・デュラン・コー仏/105分
4/22 「家族の庭」(2010)監督:マイク・リー/英/130分
4/25  りゅーとぴあNext Stage "NE/ST" 
       ままごと『あゆみ』 作・演出/柴 幸男
4/28  LFJ


**********

「FUEUSATO2009」上映後に「サウダーヂ」に登場した“カポエイラ”の実演がありまして、これが面白かった!!対戦前(?)に挨拶があるあたりは格闘技っぽいけど、私は格闘技よりダンスのイメージです。組み合わせに老若男女関係ないのも面白いです。


「ヒューゴ~」は最終日駆込み2D鑑賞だったんですが、これは3Dで観るべきだったなぁと後悔。実は3Dって観たことないんです。酔うってきいたし、字幕を追うのがキツイから吹き替え版がいいってきいたし(私は字幕派)、映画は飛び出す必要ないと思ってたし(要は3Dに魅力を感じない)。最新技術で“列車の到着”を観たかった。


「家族の庭」のキャッチコピー“ここに集まると、喜びは倍に悲しみは半分になる ”の意味がわからない。私には悲しみが倍になってる用に感じるんだけど・・・
この邦題とキャッチコピーから最後に救いがあると思っていたので、良作だけど覚悟が足りなかったので辛かった。
(ついでに観た「サルトル~」が意外と面白かった)



b0125384_2112864.jpg

「ブリューゲル~」のパンフの装丁が気に入ってます。


b0125384_2112858.jpg

「ブリューゲル~」は作品情報を読んでイマイチ理解できず、実際に観て「こうゆうことだったのか~」と納得。“現実”と“絵画”の境がわからなくて不思議な世界でした。
ブリューゲルの伝記作品と思っていた方はがっかりだったかも。大雑把に説明すると“十字架を担うキリスト”の解説映画です。
by k-mia-f | 2012-05-03 21:40 | 備忘録