人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

2009年 01月 31日 ( 1 )

1月をふりかえってみる

1/11  ニューイヤー・オルガンコンサート

1/28  横浜能楽堂特別j記念公演
     「武家の狂言 町衆の狂言」東京公演
 

12月に引き続き寂しい内容なので映画もいれておきましょう。
今月は外れもありましたが良い映画生活でした。

「ワールド・オブ・ライズ」
原題:BODY OF LIES 監督:リドリー・スコット 2008/米/128min

「休暇」
監督:門井肇 2007/日/115min

「青い鳥」
監督:中西健二 2008/日/105min

「顔」
監督:坂本順治 2000/日/123min

「ベティの小さな秘密」
原題:JE M'APPELLE ELISABETH 監督:ジャン・ピエール・アメリス 2006/仏/90min

「めぐりあう時間たち」
原題:THE HOURS 監督:スティーブン・ダルドリー 2002/米/115min
  
「恋愛上手になるために」
原題:GOOD NIGHT 監督:ジェイク・パルトロウ 2007/米・英・独/90min

「チェ 28歳の革命」
原題:THE ARGENTINE 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 2008/米・仏・西/132min

「アラビアのロレンス完全版」
原題:LAWRENCE OF ARABIA 監督:デヴィッド・リーン 1962・完1988/英/完227min

「敵こそわが友、戦犯クラウス・バルビーの3つの人生」
原題:パス (手抜) 監督:ケヴィン・マクドナルド 2007/仏/90mim


なんか”ふりかえってみる”っぽくなってきた(気がする)。
”ふりかえってみる”と、以前に比べてリバイバル上映作品が増えました。都内にくらべれば少ないけどね。上映されても1、2週間だし。(テアトルの「ロレンス」は12/20~2/13)
ホントは「ゴッドファーザー」が入るはずだったのですが、「めぐりあう時間たち」と重なってしまって諦めました。うっかりしてた~~ 
新作で一番心に残っているのが「休暇」です。なんでタイトルに公式サイトをリンクしました。配役もよかったし、観た直後より少し経ってから「凄いいい映画だったかも」と思いました。これは十日町の上映(2/21~)で再見しようと思います。私は死刑制度に反対も賛成もしてない中立ですが(というより自分できめられない「人任派」が正しいか)、最近続けて執行されたというニュースは気になります。以前だったら大して気にしならなかったでしょう。

b0125384_207274.jpg

前にもチラッと書きましたが、天候が気になり狂言遠征はギリギリまで迷いました。
観にいってよかったです!! ぐずぐずしてないで早くチケットとればよかった!
席は後方だったけど、脇正面の目付柱寄(好みの位置)だったので十分楽しみました。
後でもう少し詳しく書きたいと思います♪

これから「ロレンス」のパンフと『狂言サイボーグ』読むんだぁ^^ ブックオフで100円だった♪(萬斎さんごめんなさい)
by k-mia-f | 2009-01-31 21:42 | 備忘録