人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

2008年 04月 15日 ( 2 )

お花見 その1

b0125384_15962.jpg
りゅーとぴあ(白山公園)の桜です。撮影は4月12日と13日。


b0125384_22523917.jpg
空の色がイマイチだったので、空は写らないように。ホントは青空と桜で撮りたかった。


b0125384_743093.jpg
りゅーとぴあの6F屋上から撮影。ホントは、上から見るなら5F能楽堂のホワイエが綺麗。ガラス越しだけど、12日の能楽公演で撮影している人がチラホラ。


b0125384_235389.jpg
上の写真の池付近。池に花びらが浮いているのわかるかしら・・・


b0125384_2394916.jpg
b0125384_6394446.jpg


10日の『ガマ王子~』の帰りの夜桜、前回のより少し離れて撮影したもの。私の撮影だとわかりにくいかもだけど、中央だけ明るくて光が外にもれてる感じがすきなんです。


昨日の『ガマ王子~』の文章を読んでみて、恥ずかしくなってきた・・・・

どの脇キャラも個性的で、ホントは全キャラに一言書きたい気分なんだけど、あえて選ぶなら大貫の甥夫婦。甥は出世欲のない「仕事はイマイチだけどいい人」、妻は出世欲の固まりで社長夫人を夢見てる。二人のやりとりを見ていいたら、狂言の夫婦を連想しました。
”わわしい女”が大好きなんです^^ 

【お詫び】
昨夜は写の貼り付けが上手くできず、見苦しく、大変失礼いたしましたm(__)m

by k-mia-f | 2008-04-15 23:27 | 日常雑感

b0125384_0145382.jpg
作:後藤ひろひと 演出:G2
出演:吉田鋼太郎(大貫)、志村玲那(パコ) 他


新潟公演を観劇しました。初演は未見です。

一人暮らしをスタートしたばかりの青年宅に見知らぬ男が訪ねてきました。
その男は、青年が処分に困っていた仏壇の中にあった 「絵本(ガマ王子~)」と「仏壇の主(大貫)」にまつわる奇跡を青年に語りだす。暗転、奇跡の舞台となった病院へ・・・ 
実は、出だしで「あ、苦手な部類かも^^;」と心配になりました。話しの筋と関係ないネタでしつこく笑いをとるのかなぁって。今年の初めに観劇したのがそういう感じで、物語はおもしろかったけど台詞をきいてて疲れてきた。評判の良いお芝居だったけど私には合わなかったみたい。
ところが、舞台が病院へ移り、大貫が登場した途端がらっ舞台の空気が変わりました。

大貫は病院の嫌われ者、自分勝手で、他人(弱者)の気持ちを考えない人。自分の力で会社を大きくしたという自信家ワンマン社長だと思います。口癖のように言うのは「お前が私をしってるっていうだけで腹がたつ」 こんなこと実際に言われたらどーしよう(怒)
こんな嫌な奴だけど、ホントは自分にぶつかってきてほしいと思ってるんじゃないかしら?
皆、自分を怒らせないように何でも”ハイハイ” yesman 
一代で会社を大きくできたのは、がむしゃらに働いて、だけど騙されたり失敗して、それでも立ち上がって、そんな頃を知らない社員ばかりになってきて寂しいんじゃないかしら?

パコは記憶障害のある少女です。事故で一日経ったら昨日のことは忘れてしまう。事故で母親が亡くなったのも分からないし、毎日が誕生日で、毎日同じ絵本(ガマ王子~)を読んでいる。そんな彼女に世間は同情的。何も知らない大貫はパコが大切なライターを盗んだと責める、パコ拾ったのも覚えていないから何も知らないという。大貫は嘘をついたパコの頬をひっぱたく。

翌日、ひっぱたかれたことは覚えていないに、大貫の手が自分お頬に触れた感触を覚えていたのは何故だろう? 私は皆と違って「本気」でぶつかってきたのを感じたのではと思う。事故にあう前、本気でぶつかってきた母親と同じものを感じたから、事故の前から知っている母親の手の感触と一緒に記憶に残ったんじゃないかって思う。ずっと会えなくて、会いたいなと思うと嫌なことは思い出さないから、手の感触だけがのこったんじゃないかなぁ・・・

一幕の最後、事実を知った大貫の泣きの場面
大貫「泣いたことがないから止め方がわからない」
浅野医師「思いっきり泣けば止まりますよ」
前だけしか見てないから、横から衝突されてへこんでも気づかないで(気づかないふりして)進んできたんだ。痛みを感じないように、誰からも優しくされないようにしてきたんじゃないかしら?泣き方だけでなく、甘え方もわからないんだ。
「甘え方がわからない」そう思えてきたら、自分も涙が止まらなくなってきた。


こんなに泣かせといて、劇中劇がこんな・・・・(笑) あの衣装とポーズと学芸会っぽいお芝居がなかなかでした♪
こんなに笑わせといて、また泣かせる・・・・(泣) パコの最期、大貫が頬を触ろうとするのをとめられるのが辛かった。「パコに自分を覚えていてほしい」という大貫の気持ちが刺さってくる。

大貫とパコ以外のキャラも個性が強くて良かったです。苦手な笑いネタがありましたが、どーでもいいです。出だしの心配もどっかいっちゃたし。素直に笑って泣けました。
キャラをあれこれ想像できるのは、脚本と役者さん両方よいから(何か偉そうだけどそう思う)
by k-mia-f | 2008-04-15 03:56 | 演劇