人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

エディタ・グルベローヴァ ソプラノリサイタル@りゅーとぴあ(11/18)

b0125384_21213573.jpg
改めて、
公演当日まで迷っていたのですが、お昼休みにチケット確保。
当日の割には良席が残っていて、1F前方と2F(Cブロック)で迷いまいたが、姿がよく見える1Fを選びました。ホール内は空席が目立ち、新潟で満席にするのは難しいんだなぁ・・・


他は東京・大阪・横浜、大都市とは違う雰囲気に本人のテンションが下がらないか少し心配だったけど、公演はとても素晴らしかったです。
今回の伴奏は新潟では定期演奏会でお馴染みの東京交響楽団。定期演奏会では毎回大きな拍手で迎えられる大谷さんがコンミスです。今回も大きな拍手で迎えられました。
(私は定期演奏会では3Fの住人なので、お顔を拝見したのは初めて^^:)

前半は『ドン・ジョバンニ』序曲から。
オーケストラの演奏とアリアが交互の演奏会で、1曲目の演奏後、グルベローヴァが白いドレスとガウンで登場です。この時点で私は「本当に新潟に来たんだぁ~」とぼ~っとなってしまいまた。
後半は朱色のドレスに着替えたグルベーヴァ(衣装は前半が好き)、『シャモニーのリンダ』のアリアから。どこからこんな声がでるんだろう・・・・(感涙)
後半はアリアが1曲終わるたびに立ち上がりたい気持ちを我慢して、その代わり毎回目一杯拍手をしたので自宅に戻っても手のひらがジンジンとしていいました。最後の曲が終わったときは「やっと立てる~~」って。アンコールを期待して更に手に力が入りました。
アンコールは2曲です!(嬉)
声楽ソロの公演は初めてだったので、普通アンコールがあるのかわからなくて(今迄オペラやオ-ケストラでは無かったし)、「あればいいなぁ」という程度だったので驚きでした。
アンコール後(だったかな?)、花束を差し上げている方がいて、私も用意していけばよかったと思った(悔)
オペラを聴く(観る?)のは好きだけど、音楽の素養がないので素晴らしさを言葉で説明できなくて、レビューを期待してブログ周りしている方には申し訳ない(汗)
ホールは空席が目立ちましたが、とても雰囲気は良かったと思います。
初めての曲もあったけど、うっとりと聞惚れていました。
今期はオケを聞く機会が少ないので、オケの演奏も楽しかったです。
興奮しすぎて、オケが間にあって良かったかも。
多分、こんな大物を生で聴く機会は二度とないと思う。
チケット代だけでも高額なのに、遠征費用までは難しい。
ホントはサントリーホールの『カルメン』行きたい・・・・
パンフは物足りない。
迷ったけど、行って本当に良かった(涙)


~プログラムを簡単に アリアだけ~
『ドン・ジョバンニ』 ”あの人でなしは私をあさむき”
『イドメネオ』”この心の中に感じるものすべては”
『シャモニーのリンダ』”この心の光”
『ルクレツィア・ボルジア』”安らかに眠っていいる・・・なんと美しい”
『海賊』”その汚れない微笑と”

~アンコール~
『キャンディード』”きらびやかに楽しく”
『こうもり』”田舎娘の姿で”


*****************

公演が決まったときから楽しみしていたけど、私にとっては高額チケットだったので直ぐには手が出せなかった。座席表をいただいたら、B席はオケの後ろ(Pブロック)。
9千円のB席なら買えると思ったけど、この席に9000円は払えねぇ・・・これだったら好きな映画9回観た方がいいと思った。A席とS席は金額差以上に席に差があると思う。つというか、A席は少ない。ほとんどS席。S席でも「ここにS席料金払えねぇ」という席もあり、公演真近で良席があるだろうかと悩んでいたのです。当日は2F横の席はA席の列は全部空席、その後ろのB席は一杯だった。

当日は仕事が手つかなくて、就業後は猛ダッシュで帰宅。
着替えを持っていかなかったの。とても毛玉のついたカーディガンでは行けない^^;
毛玉カーディガンでも拒否されないけどね。1万7千円も払ってこの格好は”無理してる”って感じがして哀しい・・・ いつも綺麗にして通勤すればいいんだよね。でもさぁ、車だし、すぐ制服に着替えるしねぇ・・・
by k-mia-f | 2008-11-22 23:16 | 音楽