人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

ここまで説明しなきゃいけないのだろうか?

昼食にコンビニのおにぎりを食べることが多いです。
以前は”おしぼり”を断っていたけれど(職場では手を洗う場所があるからいらないでしょ)、最近はもらうようにしています。

電車内でお化粧をする女性は珍しくなくなりましたが、私には抵抗があります。
ファンデーションの鏡をみたことはあるけど、アイラインだのマスカラだのは恥ずかしい。
人前でそこまでするより素顔のほうが恥ずかしくない(注:容姿に自信があるわけでなく、めんどくさいのと、お化粧技術がないのが恥ずかしい)

朝の新幹線では大きな(私からみると)鏡を持参して、お化粧をしている女性をよくみかけます。
実は、私もファンデーションだけで残りを車内ですることがあるのですが^^; 私は頑張るとかえって変になるので^^;; 化粧室でぱぱっと終わってしまいます。
ぱぱっと終わるとはいえ、化粧室が1つしかない車両だと気をつかうので、すいてると座席でしたりするけど。(私は1Fユーザーです)

どの遠征時だったか忘れてしまいましたが、その時は2つ化粧室がついている車両で、2つともお化粧する女性が長時間使用していて手を洗うことができなかったときがありました。
新幹線て、コンセントがついているんですね。
何度ものっているのに気づきませんでした。
この時なぜ気づいたかというと、一人はドライヤー持参だったから。
お泊りでもホテルにドライヤーがついているから持参する人は少ないのでは?
トイレの中でも手洗い場は水がきれていて、手を洗いたいけど、カーテンをあけて頼むことに抵抗を感じて、ここで手を洗わなかったことを告白します(恥)
この日から、今まで断っていた”おしぼり”を外出時に持ち歩くようになりました。
せこい話でこれも・・(恥)

この時思ったのが
カーテンもあるし、コンセントもあるし、制限時間があるわけでないし、人前で(座席で)お化粧するのもどうかと思うけど、車内でお化粧したことがある私が偉そうなことをいえないのは十分承知ですが、「やってはいけません」と言われなければ何をしてもいいってわけじゃないのでは?

先日の夜行バスでは、私の座席に座っている人がいて、このバスは座席番号があるわけでなく、入り口に書いてある座席表で確認するので「私の座席表の見方が違うのかしら?」と運転手さんに確認したところ私の見方であっていました。運転手さんから相手の方へ移動をお願いしてもらったのですが、相手がゆずらないのです。
相手に座席表をみせて説明したら(その方は通路をはさんで反対の席だったのですが)
「ここは座っているひとがいるじゃないですか!だからこっち(反対側)に座ったんです!(怒)」

「自分の席が空いていなかったらお知らせください」とか
「座席表の席以外に座ってはいけません」とか 
その方の言い分を「やってはいけません」という説明はないのですが・・・ そこまで説明しないといけないことなのか??
席を間違えたことに対しては何とも思わないけど、この言い分には腹がたちました。
その方の座席に座っている方(ややこしいなぁ)に運転手さんが話しいこうとしたところで
「とにかく、ここは私であってるなら座っていいですよね!」といって座席にすわりました。どこが間違いの始まりかわかりませんが付き合ってられません。


どんどん長くなっていく映画館の注意事項のアナウンス。
「前の席を蹴ってはいけません」なんて、確かに足が長い方はつい蹴ってしまうことがあるようですが、何度か席をずらしたことはありますが・・・
「こんなに長くダラダラしてたら、聞く気がおきなくて(聞き飽きて)かえって逆効果では?」と思っていたけど、ここまで説明しなきゃいけないんだぁって気がしてきました。



こんなのは小さいことだけど、笑い話にもなるようなことなんだけど、なんかね、いろんなところでね、はっきりいえば職場でね
「権利」だけを主張して 「義務」を果たさない人が増えている気がするの。
by k-mia-f | 2008-10-01 23:11 | 日常雑感