人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

”ボストン”といえば

に「ボストン美術館浮世絵名品展」を見に行きました。

今は”ボストン”というと、野球を真っ先に思いうかべる人が多いのでは?
『2番目のキス』で、熱狂的なレッドソックスファンの男性教師(ベン)、球場へパソコンもってくバリバリ・キャリアウーマン(リンジー)のラブ・コメ。出会いがシーズンオフだったので、気づかれなかった(隠していた?)けど、シーズンインと共にベンが豹変^^; この作品をお奨めしてくれたのが福岡のホークスファン。某Y掲示板へ出入りしなくなってから音信不通。元気に球場へ通っているだろうか? さてさて、この作品人気はあるけど邦題に不満を持ってる人も多いようで、私もイマイチと思っていた1人。観終わって、何故このタイトル?? と意味がわからなかったのです。最近、”2番目”の意味を何処かの映画サイトでみつけました。
ベンにとって、”レッドソックス”と ”リンジー” どっちが大切なのか? ”リンジー”が”2番目”なんだって。う~~ん そうだったのかぁ・・・(不満) ”2番目”の意味には納得したんだけど、”リンジーが2番目”とは思えない。もう邦題の意味を考えて再観したら考えが変るだろうか?
私が{毎日会いたい」と思うタイプじゃないから分からないのかな?
これ、英国でサッカー版が先に制作されているとかで、邦題は『僕のプレミアライフ』 観たいと思っているけど近くのTは品揃えが悪く、あるかなぁ(何処もアニメとドラマに場所とりすぎと不満に思うのは少数派だろうかか(泣))


”ボストンと浮世絵(アンティーク)”ときたら”ジェルミ”でしょう。
”ジェルミ”ときたら”パブリックスクール”

”パブリックスクール”ときたら『アナザーカントリー』
久々にパンフを引っぱりだしてみたけど、表現が古いです^^;
1930年代、エリート街道まっしぐらのガイ・ベネット、ちょっとした油断から同性愛であることばばれて、将来の道が断たれてしまった。その恨みからスパイとなり亡命先のソ連で晩年を向かえる。コピーは「一生、女を愛さない」 
現在観直すと、同性愛ばかり宣伝しすぎな気がします。寮長・代表の座を争う権力争意のほうが気になります。
『残酷な神・・』を読んだのは文庫本が発売されてかなので、割と最近。
イアンとジェルミが校内のボートに乗って橋の下をくぐるところとか、周りでクリケットしてるところとか、イアンのベストが派手なところとか、シューベルトを歌うところとか、ああ、アナザーカントリーだと思いました(映画は木星のコーラス付だったけど、クラシック音楽つながりということで)


萩尾漫画とGW・子供の日といえば、『マージナル』(これ好き)
毎年減り続ける子供人口、環境汚染、ホントに漫画のような世界が来るのかもしれない。
久々に『マージナル』を読みながら「そーいえば、去年の子供が生まれなくなった近未来物の映画って何だったけ?」と。どーしてもタイトルが出てこない。3日うなって分かりました。

『トゥモローワールド』です(すっきり、でも一昨年でした^^;)
2027年、最後に子供が誕生してから18年、そんな世界に黒人女性が妊娠した。彼女を”ヒューマンプロジェクト”へ引き渡したいのにアレコレ妨害が入ります。
見せ場の激しい戦闘シーン、激しい戦闘の最中で初めて”母子”を目にした兵士達が印象に残っています。


ダラダラ書き足し書き足しできましたが、これで終わり。


『2番目のキス』 (2005年 米)
原題;FEVER PITCH
監督:ボビー・ファレリー
出演:ドリュー・バリモア ジミー・ファロン 他

『ぼくのプレミアライフ』(1997年 英)
原題;FEVER PITCH
監督;デヴィッド・エヴァンス 
出演;コリン・ファース ルース・ジェメル 他

『アナザー・カントリー』(1983年 英)
原題;ANOTHER COUNTRY
監督;マレク・カニエフスカ
出演;ルパート・エヴェレット コリン・ファース 他

『トゥモローワールド』 (2006年 米・英)
原題;CHILDREN OF MEN
監督;アルフォンソ・キュアロン
出演;クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア クレア=ホープ・アシティ 他
by k-mia-f | 2008-05-07 07:12 | 映画