人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

遠征独言:4列スタンダード

10数年ぶりに新潟ー東京間の高速バスを利用しました。
今まで地方公演のお芝居を観にいくことはあっても、遠征して観にいく事はありませんでした。遠征というとと映画のハシゴとか、映画+何か それも年に1、2回程度でしょうか。スクリーンで観たいという気持ちはあっても”お財布会議”の結果「DVDを待て」となる方が多いです。
たまに行く日も 費用より時間が大事です。せっかく行くなら4本くらい観たいし、往復新幹線。
ところが、狂言(能楽堂)にはまってから遠征が日常化してきた。遠方の公演でも情報が入るしチケットもネットでカード払い。で、せっかく上京するなら映画も観たいし・・・映画もネットで簡単に調べられるし、電車の乗り換えもネットで調べられるし・・・・ あっというまに「チケット貧乏」これが「バス遠征」切り替えの最大の理由。2番目に昨年暮の新聞でお正月帰省に高速バスが人気という記事を読んで、かなり低額のバスがあることや、東京から四国・九州までバスで帰省する人もいるというのが気になってたんです。そんなわけで3月の「千作千之丞の会」からバス移動を開始。

N社とS社が共同運行している新潟ー池袋間しかしらなかったけど、夜行バスに限れば他も選べるというのに驚きました(低レベル^^;)シートも色々、価格も色々。シートは4種類、価格は時期によって変動がありますが、3500円から6000円くらい。

1回目はA社の「4列スタンダード」(一番安い) 鈍間スタートでコレしか空いてなかったんですね^^; 他と比べてブランケットはないし、座席の傾斜角度も小さめ。それでも「利用者の声」を読む限り大丈夫かなと。キャリーにブランケットや基礎化粧品を詰めて出発です。バスに乗ると首枕、アイマスク、ブランケット持参の準備万端のリピーター客がお休み中。

N&S社の夜行バスは女性専用車両がありますが他社は一緒です。一緒だけど一応女性同士、男性同士で席を分けてあるようす。が、私は席が空席となっていた最前列にキャリーを持ち込んで座席移動(運転手さん了承済)。後で前方に男性、後方に女性と別れていたのに気付く。え~、車内の電気は落としてるけど、最前列はフロントから光が入るので結構明るい。持参したハンカチで臨終スタイルのバス移動。それでも眠れない。シートのせいだけではないけど最前列って足置きがない。傾斜角度も小さめ。隣が空いてるので横寝。途中休憩があるけどアナウンスはなし。運転手のやる気がないのか、起こさないよう気遣いなのか不明。
新宿から東京駅まで間で化粧しようと思ったけど、明かりが足りないので基礎のみ。残りは東京駅で。帰りの新幹線の指定をとり(ラストワン)化粧と髪を直して はんなり屋 ほんのり屋さんで朝食。時間あるので先に家族のお土産と、公演の休憩で食べるおやつ兼昼食を購入、荷物をコインロッカーに預けて、渋谷ー千駄ヶ谷ー日比谷と移動。

まとめ:
①足置きがないのは疲れる
(今回は自ら最前列を選択したけど、チケットレスなので乗車時まで席はわからない。満席の場合は最前列の可能性十分あり。)

②トイレ休憩がわかりにくい
(普段は夜中にトイレで起きる事ないし、今回も降車しなかっから問題なり。出発前に運転手さんに確認しておけばいいことだし)

③熟睡できない
(これは新幹線も一緒だし。仕事後に電車で富山移動の日も眠れなかった。出発時間・起床時間に関係なく眠れないのは緊張してるのかも。自家用車と違って時間が決まってるし、本数も多くないし)

④早く着きすぎる
(東京駅なら時間つぶせるかな。新潟駅の駐車場が広くなるまで8時前に駅に着かないと置き場が心配。新幹線でいっても早く着く。午後出発で一泊、駅の駐車場が満車で5千円かかった)
by k-mia-f | 2008-04-29 23:37 | 備忘録