ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

2月10日午前中迄

b0125384_20424852.jpg


何も書かないうちに1月が終わってしまいました。
早いなぁ・・・
初詣も行ってないのに・・・・
なんて思っているうちに2月も終わってしまいそうだ。
まだ何もしたくない気分です。

Twitterチェックとかメルマガチェックとかブログ巡りとか何も情報収集活動をしていなくて、久々にうろうろしてみたら、フィリップ・シーモア・ホフマン急死って・・・



そんなわけで、
UPLINKで『100,000年後の安全』を無料配信中というのも今日知りました。
1月22日~2月10日正午迄って・・・
もう終わりなんですが、この作品をご存知ない方に前半だけでもいいのでご覧になっていただきたなと思ってご紹介 → こちら

中越地震の頃まで、原発はこれ以上作ってほしくないけど、作ってしまった原発は稼働すべき考えていました。
大きな事故が起きないように安全管理がされているのだろうと思ってたし。

中越沖地震で刈羽原発の黒煙を見て、初めて原発について真剣に考えるようになった気がします。
それでも、廃炉はやり過ぎと考えていました。
東京電力の正社員はともかく、下請や契約社員の方とか、職員や出張で利用する飲食・宿泊施設関連とか、そういうの考えると刈羽原発は稼働すべき・・・というか仕方がないと思いました。


東日本大震災のフクシマがあり、新潟県内に大勢の方が避難されてきて、これが刈羽だったらと思うととても怖くて不安な気持ちなりました。
安全な地盤の上にあると思ってい刈羽原発が、そうではなかったと知った時は目の前が真っ暗になりました(今は日本国内に原発を建てられる安全な地盤なんてどこにもないと思う)


この作品を観るまで、原発の“ゴミ”について考えたことがなかった私は後ろからハンマーで殴られたようでした。
フクシマの明日をはどうなってるんだろうと心配をしていた頃、この作品ではは、ず~~っと先の未来の人々へ「この場所は危険だと、どうやったら伝えられるか」を話し合っているのです。
「危険物が埋められている」というのが、途中から「宝物が埋まっている」とう埋蔵金伝説に変わって誰かが掘り出そうとしないように・・・なんてこと心配してるんです。

登場する施設では、放射性廃棄器物を深く深く深く・・・掘った地下に保管し満杯になったら出入り口を封鎖します(劇場公開時に観たきりなのでちょと違うかも)
その封鎖を解く=安全な状態になるのは10万年後です!!
10万年後の地球・・・・想像がつかない。
600年前の謡だってわからないのに・・・・
福田訳のシェイクスピアだって難しいのに・・・
草書だって読めないのに・・・・

そんなに長い作品ではないので、全部ご覧いただきたいと思うのですが、後半はヨーロッパの電力供給事情なので途中まででもいいです。
無知でお恥ずかしいのですが、この作品を見るまで何処の国でも電力会社(水道とガスも)は1つしか無いと思ってました。自家発電以外では「この地域はここ」って決まっていて、電話会社のように選べるとうことにビックリ!


**********

写真はブログネタにするつもりだったシネウインドのベストテン選考中の様子。
(載せられる写真がなくて^^;)
大雑把に数えて昨年の劇場鑑賞本数は140本。
この中から適当に候補作を抜き出したのが18作品。
ここからが悩むんですよね・・・・
これを1位にするのはセンスないかなとか。
これを入れたらこっちも入れねばだとか。
これを入れないならこっちも外さねばとか。
入れたり戻したりしながら、今年も「これが断トツ!」というのなくて寂しいなあぁ・・・(1位と10位が逆になったりする)



キネマ旬報のベストテン、作品賞の順位はは個人的には「え~~!」なんですが、個人賞は納得!
ついでに「映画芸術」も。
『ペコロス・・』私はベストテンにいれなかったけど高評価なのは納得。
『共喰い』の評価はちょっと・・・
『もらとりあむタマ子』パスしたんだけど観にいっておけばよかったかな・・・


実は、あまりアカデミー賞のには興味がないのですが、今年の作品賞はちょっと気になっています。
もしも未見作品のアレが受賞したら、アレはやっぱ妨害工作とういことなんだろうか??
(コレでわかる人はSHERLOCKファン)
(年始はアンドリュー・スコットのモリアーティばっか見てました)
(ラールス・ミケルセンも期待大です。TVは観ないので気長に日本版DVDがるのを待ってます。)
[PR]
by k-mia-f | 2014-02-07 22:06 | 日常雑感