人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

2013.03備忘録

b0125384_199897.jpg

3/3  『マクベス』 構成・演出:野村萬斎 @世田谷パブリックシアター
3/3  『戦場のメリークリスマス』(1983)監督:大島渚/日・英/123分
3/8  『カリフォルニア・ドールズ』(1981)監督:ロバート・アルドリッチ/米/112分
3/9  『横道世之介』(2012)監督:沖田修一/日/160分
3/10 『ルビー・スパークス』(2012)監督:ジョナサン・デイトン/米/104分
3/11 『すーちゃん まいちゃん さわこさん』(2012)監督:御法川修/日/106分
3/13 『かぞくのくに』(2011)監督:ヤン・ヨンヒ/日/100分
3/13 演劇祭 第二黎明期『May be blue』 作・演出:シダジュン@りゅーとぴあ
3/14 『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い』(2011)監督:デヴィッド・バレット/米/97分
3/15 『フライト』(2012)監督:ロバート・ゼメキス/米/138分
3/16 『サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』(2012)監督:クリス・ケニーリー/米/99分
3/20 演劇祭 柿喰う客『発情ジュリアス・シーザー』 脚色・演出:中屋敷法仁@りゅーとぴあ   
3/20 演劇祭 オイスターズ『ドレミの歌』 作・演出:平塚直隆@りゅーとぴあ
3/20
 『命をつなぐバイオリン』(2011)監督:マルクス・O・ローゼンミュラー/独/100分
3/21 『クラウドアトラス』(2012)監督:ラナ・ウォシャウスキー,トム・ティクヴァ/米/172分
3/22 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2011)監督:ジョン・マッデン/英・米・アラブ/124分
3/24 『永遠と一日』(1998)監督:テオ・アンゲロプロス/希・仏・伊/134分
3/24 『セブン・デイズ・イン・ハバナ』(2012)監督:ベニチオ・デル・トロ、パブロ・トラペロ、フリオ・メデム、エリア・スレイマン、ギャスパー・ノエ、フアン・カルロス・タビオ、ローラン・カンテ/仏・西/129分
3/29 茂山狂言公演「靭猿」@りゅーとぴあ 
3/30 『ワンナイト、ワンラブ』(2011)監督:デヴィッド・マッケンジー/英/80分

**********

『横道世之介』が予告イメージと違って、普通にそのへんにいそうな感じなのが良かったです。大学時代の世之介(80年代)にかかわった人達の現在の生活と、現在の生活と結びつく80年代のエピソードの回想で綴られていて、大きな事件は起きない長尺作品だけど、同じテーマの小作品を観ているようで(オムニバス作品のような)面白かったです。当時の自分を思い出して後でじわじわきいてくる作品な気がします。
『すーちゃん・・』は、ほのぼのした作品だけど、現実を直視しなくてはいけないので心が痛いなぁ・・・
『クラウドアトラス』はラブコメ以外のヒューを観ることができてちょっと嬉しかったけど、各時代の物語が思っていたほど絡んでない気がして作品全体としては期待外れ。70年代の物語は「いくら何でも無理があるのでは?」と感じました。

**********

シネウインドのデジタルシネマシステム募金ですが、1千万(目標額半分)までいくかどうかと思っていたのに目標額の2千万に近い金額が集まり驚いてます。最終日は近くに「ここまで集まったなら1800万代にしたいな」と思い、お財布会議結果を無視したけど悔いはないです(いつもお世話になっているし)
新生シネウインドに期待しております。

久々に十日町へ。
会員制度が無くなり、“100K離れた場所まで観にいきたい作品”上映がなくなりご無沙汰となっていましたが、新潟市内の上映で観逃した『かぞくのくに』の上映があり伺いました。
レディースDで鑑賞代は割引だけど、クロス10(道の駅)が休みで時間が余ってしまって次の機会があれば通常料金でも日曜にしよう。


**********

初めて自生の雪割り草を見ることができました(正確には自生ではないと思うけど)
今まで近場で雪割り草を見るというと角田“山”とか、弥彦“山”とか体力に自信がないと行けない場所にしかないと思っていたら、お手軽に見に行ける場があると知りました。
結構いろんな場所で見ることができるようで(ご近所にはないけど)、雪国植物園が見頃のよう(←HPに写真があります)
これから桜が開花するので見に行くのは難しいけど、雪国植物園はカタクリが咲いたら行ってみたい。
by k-mia-f | 2013-04-07 19:09 | 備忘録