ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

『東京家族』~昭和~

b0125384_220654.jpg

公式HP
【あらすじ】
2012年5月、瀬戸内海の小島に暮らす平山周吉と妻のとみこは、子どもたちに会うために東京へやって来る。郊外で開業医を営む長男・幸一の家では、長女の滋子、次男の昌次も集まり、家族全員が久々に揃って和やかなひとときが流れる。しかし内心では、子どもたちは日々の生活に追われ、長居する両親を厄介者と感じてしまう。そんな中、とみこは将来を心配していた昌次から恋人の紀子を紹介され、上機嫌になるのだが…。<allcinema>


モチーフ・・・
要は『東京物語』のリメイクってことでいいんですよね?
後半はず~っと涙が止まらなかったんですが、あれだけ泣いていうのもなんですが、泣きながら「これは失敗作」と思ってました。

設定は現代ですが『東京物語』製作当時に時々タイムスリップしたように感じるのです。
『東京物語』のリメイクと知って観るのなら、元はアレで今回コレでという楽しみ方がありますが、元を知らずに観ると「古臭い」と感じるのでは?若い人は特に(現代風に設定を変更したところも「昭和」の雰囲気を感じました)。

生意気ですが、元の作品を知らなくても楽しめて、元作品を知っていると元ネタ探しで更に楽しめるのがリメイクの成功だと思うので、はっきり言って今作品はリメイク失敗作品です。


以前書いた気もしますが、
好きな作品の感想もまともに書けない遅筆なので、嫌いな作品にかまっている余裕はありません。
文句いいつつ書いているのは、この作品を観てて前記事の『みんなで・・・』について書きたくなったから。


新幹線で東京と地方の距離は短くなったとはいえ、旅慣れない高齢者は多いだろうし、街の高齢者と田舎の高齢者は違うと思う。
それでも、いくらなんでも、長女宅に泊まれなかったらビジネスホテル行くんじゃないの?
「宿無し」ってちょっとねぇ・・・と感じる(タイムスリップの一つ)。
大体ね、盆暮でもないのに自営業の長女宅にずっと居るのも変だと思うんですよ。昼間は夫婦で観光して夜は泊まるってならわかるけど。


写真は初対面の息子の恋人に困ったときに役立ててほしいと現金を渡す母親。
いくら「感じの良い人」でも初対面でそこまで信用するかと思うのは心が汚れているんでしょうか?
この感覚もタイムスリップの一つ。
(元だと戦死した次男の嫁の役ですが、今作品では3.11東北ボランティアで知り合ったという設定です。)



生涯現役の“後期高齢者”のフランス映画と、
子供が全ての“前期高齢者”の日本映画かぁ・・・となんか寂しい気持ち担ったんです。
書きたかったのはこれだけ。



吉行和子さん演じる「とみ子」の68歳という年齢につっこみ入れてる感想をいくつか読みましたが、これって元の東山千栄子さん演じる「とみ」が68歳だったから(の筈)。
年齢は無理に出さないほうが良かった思います。
2/22追記:68歳にこだわるなら年齢は出さないか、現代でなくて昭和で製作した方が良かったと思います。持病があったならまだしも、ぼっくり亡くなるのも無理があるような・・・

亡くなって直ぐに葬儀の話をする子供達を不快に感じた感想をいくつか読みましたが、昔は私もそう思ったかもしれないけど、今は実際こうなんじゃないかと。
未経験で想像ですが、いろんな手続きが済んで、ぽっかり時間が空いたときが辛いんじゃないかなって気がします。
『父の初七日』で主人公が空港のタバコを見て亡父を思い出して泣き崩れるシーンに、昔から父親とは会話がないれど、そんな私でもこういう風になるような気がしました。
[PR]
by k-mia-f | 2013-02-21 22:29 | 映画