人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

2012.11備忘録

b0125384_21491280.jpg


11月03日  『キリマンジャロの雪』(2011)監督:ロベール・ゲディギャン/仏/107分
11月04日  『終の信託』(2012)監督:周防正行/日/144分
11月07日  『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)監督:ファン・ドンヒョク/韓/125分
11月07日  『ローマ法王の休日』(2011)監督:ナンニ・モレッティ/伊/105分
11月11日  『のぼうの城』(2011)監督:犬童一心/日/145分
11月14日  『声をかくす人』(2011)監督:ロバート・レッドフォード/米/122分
11月14日  万作を観る会@国立能楽堂
         連吟『御田』/『附子』『月見座頭』『食道楽』


11月16日  『シルク・ドゥ・ソレイユ 彼方からの物語』(2012)監督:アンドリュー・アダムソン/米/92分 
11月18日  秋の能楽鑑賞会@りゅーとぴあ

11月20日  『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』(2011)監督:マドンナ/英/119分
11月21日  『最強のふたり』(2011)監督:エリック・トレダノ/仏/113分 
11月22日  『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』(1986)監督:ジャン=ジャック・ベネックス/仏/121分
11月23日  万作を観る会@国立能楽堂

11月24日  『クーリエ 過去を運ぶ男』(2011)監督:ハニ・アブ・アサド/米/95分
11月25日  『旅芸人の記録』(1975)監督:テオ・アンゲロプロス/ギリシャ/232分


**********

『食道楽(くいどうらく)』は北大路魯山人の著書「春夏秋冬料理王国」に収録されている新作狂言。
大名が寝ている間に、大名の「目」「口」「耳」「鼻」「心」「胃」が“大名が長生きできるのは誰(どの部分)のおかげか”という論争をするという、シュールな作品です。
この小道具がなかなか上手くできてました(笑)
キャンディーのようとういうか、プラカードのようというか、格部分(?)のイラストの下に棒がついてます。
「目」はまつ毛があるし、「口」は唇に縦皺があるし開くと歯と舌もあります。
「心」は扇に“心”と書いてあり、「胃」は扇に“胃の絵”が書いてました。
「心」は目に見えないから仕方ないとして、「胃」は・・・内臓は他の部分と違って形にするとグロいイメージだからかなぁ。

『ローマ法王の休日』は邦題が上手いです。
考えた方は昇格していいと思う。
多分、騙されたと思っている方が多いんじゃないでしょうか(笑)
(ローマの休日とは全く別です)
想像していたのと大分違っていたけど、青池保子ファンの私はスクリーンに枢機卿がいっぱいとうだけでも楽しい。原稿作成中は日記の更新はないとわかっていても、ファルコの新作が気になってHP日参してます。

『クーリエ・・』は降格になっても仕方ないんじゃないでしょうか?
この邦題では直ぐに結末がわかってしまう(怒)
DVDはタイトルが『クーリエ タイムリミット60HOURS』に変わるとのことですが、今更遅いよという感じ(真白な状態でレンタル店で知る方以外は)。

『声をかくす人』の新潟上映は明日まで。
残業時間で色々言われてるので、仕事途中でも退社しようか考え中。
by k-mia-f | 2012-12-12 21:49 | 備忘録