人気ブログランキング |

ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

狂言の会@国立能楽堂(1/25)

b0125384_20585168.jpg

今回は全てて初見の曲。
舞台に注連縄が飾られてました。



『松脂(まつやに)』~大蔵流~
松脂の精/山本則俊
何某(主人)/山本東次郎
太郎冠者/若松 隆
客/山本泰太郎・山本則孝・山本武郎・山本凛太郎・山本則秀
地謡/山本修三郎・山本則重・遠藤博義



正月吉例の松囃子で松脂を囃すと、松脂の精が現れ、松のめでたい子細と語ります。主人が弓の弦に塗るための薬煉(くすね)にしたいというと、松脂の精は承知して薬煉を煉ります・・・・文字にするとよくわからない物語ですが、舞台を観るとそうでもありません。
薬煉は松脂に油をまぜて煮て煉ったもの。その為珍重される松脂の精に、常緑の松のめでたいいわれを語らせ、めでたさを高めている・・・とのこと(狂言鑑賞二百一番より)

松脂の精は「うそふき」の面と黒頭。
薬煉を煉る場面は舞で表現。
山本家の公演で毎回感じるのは「真面目」
他の家が不真面目とういわけではありませんが、装束の色も渋いし見所にも緊張感を感じました。
今回、他の2曲が野村家でしたからの初めて観る野村家ファンが多かったのでしょうか?
野村家の狂言を基準にすると、山本家は硬すぎるのかも(茂山家は柔らかすぎかも)。
緊張感というより、戸惑っている雰囲気でしょうか?
則俊さん、台詞が全く出てこない場面があってドキッとしました。体調が悪かったのでしょうか?装束が重そうだし。この件も見所の雰囲気に影響していたのかも。

**********

『連歌盗人(れんがぬすびと)』~和泉流~
何某(シテ)/三宅右近
何某(アド)/石田幸雄
亭主/野村万作


狂言でよく登場する連歌。当時は大流行だったんですね。この連歌の会(?)の当番になると準備にお金がかかるようです。この曲のシテは貧しくて準備費用が工面できず、費用を盗むことにしました。ところが、盗みに入った家で連歌の発句を見つけ、目的を忘れて続きの句を考えたり楽しそう。最後は主人も一緒に連歌を楽しみ、盗みに入った理由をきいて費用の足しに太刀まであげてしまうのです。

泥棒コンビは息がぴったり!
垣根を鋸で切るときや、扉を開けるときの擬音とか、憎めないキャラとか、お気に入り曲の仲間入りです^^

**********

『茶子味梅(ちゃさんばい)』~和泉流~
唐人/野村萬斎
妻/高野和憲
教え手/深田博治


唐人の夫が様子がおかしいので、妻は言葉がわかる人に相談にいきます。
「日本人無心我唐妻恋(にっぽんじんむしんがとうさいれん)」とはどういう意味ですか?
漢字だと大体意味がわかると思いますが、要は「離れてしまった奥さんに会いたい」ってことです。

何らかの理由(普通に考えれば難波して、新しい船を作るお金もなくて、助かったのも自分だけってとこかな)で故郷に戻らなくなった唐人(夫)と10年も連れ添ってこんな事言われたら悲しいし腹も立ちます。

それでも妻は教え手の助言通りお酒をだして機嫌をとります。
この夫婦、日常会話はちゃんと成り立ってるんですよね。
唐人の言葉(唐音)は「中国語っぽく聞こえるように適当に組み合わせた言葉」です。
意味のわかる言葉が混ざっていたりして、そういう言葉がでると見所の反応が良いです(唐人物は「唐音」と装束が楽しいですよね♪)

10年も一緒にいてどちらも言葉をおぼえないのが不思議。
この頃は庶民が読み書きできないのは不思議じゃないでしょうから、こういう事もあったのでしょうか?
身振り手振りを加えて会話をしていましたが、やっぱり・・・言葉が通じないのは難しいですね。
お酒を飲んで、踊って、夫婦で楽しそうに見えますが、それでも、この時も、夫は故郷の妻が恋しくて、言ってしまうのです「我唐妻恋」
ここまで尽くしているのにこんな事を言われれば腹が立ちます「そんなに恋しいなら帰れ(怒)」 誰だって思いますよ!!
それなのに、この態度に怒った唐人が杖で日本人妻を打とうとするんです。酷い!!
でも、日本人妻が杖をとって立場が逆になっちゃうんですけどね^^;
この唐人夫、一人の時に胸の内をだせばいいのに・・・。

夫が飲むときは妻がお酌をしますが、妻は手酌なんですね。
当たり前といえば当たり前だけど、ちょっとだけ寂しい気持ちになりました。
by k-mia-f | 2012-01-28 21:04 | 能楽