ブログトップ

ほんとはいいたかったこと・・・鈍間雑記

『テンペスト』@りゅーとぴあ(7/9~7/12)

 りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズVol.6

作/ウィリアム・シェイクスピア
構成・演出/栗田芳宏
衣裳デザイン/時広真吾

(出演)
栗田芳宏(プロスペロー)、廣田高志(アントーニオ/ステファノー)、荒井和真(アロンゾー/トりキュロー)
河内大和(セバスチャン/キャリバン)、小池匡(ゴンザーロー)、傳川光留(ファーディナンド)
山賀晴代(ミランダ)、津村禮次郎(エアリエル)  ほか


**********

今回の私のツボは津村さんのエアリエル。
爪先立ちで舞う姿に目が点(悪い意味ではありません)。
能装束と違ってて風通しのよさそうな衣装のせいなのか(実際は暑いと思います)、驚いたけど違和感なかったです。能舞台で珍しい舞あり、大技の飛び安座あり、謡あり、大活躍です♪
エアリエルの衣装はお気に入り。能面も違和感なくなじんでいて”一体”となっていまいた。
し~んと静まり返った能舞台で舞う場面は、風にのってる雰囲気でした。まさに”空気の精”です。
(能管と大鼓の演奏付と演奏無しがあり)

プロスペローに解放され、この場を去る前はは寂しそうな気もすするし、怖がっているよな気もしましました。
怖がっているっというんは、プロスペローに対してではなく自由に対して。
相変わらずのボキャ貧で、上手く説明できないのですが、普段の生活のなかで「自由って難しい」と思うことが増えました。

子供もいないし、要介護者もいないし、同年代の女性より”ふらふら”自由を味わいつつ、先のことを思うと不安になるので、こんなことを思うのかもしれません。

寂しそうというのは・・・ 嫌な上司でも送別会では少し寂しい気持ちになるのと似てるかな?
全部が嫌な人ってそんなにいないじゃないですか。後任者に対して「前はよかたなぁ」なんて思うことあるし。
(今は転勤してくれないかなぁって思ってるけど・・・今回は長くないか^^?)
仕事で「忙しすぎる」と「暇すぎる」どっちが辛い?プロスペローが魔法の杖をすてたことで”お役御免”になったことも寂しいのかも。
(今は「暇すぎる」になりたいけど・・・・)

**********

がっかりなのがファーディナンドの能面です。
エアリエルと違って、顔に”おめん”をのっけているという感じです。
エアリエルは謡だけで台詞がありませんでしたが、ファーディナンドは一般的な台詞だし、衣装(正確には髪型)にも合いません。能面を使用するなら、ちゃんと着けてほしい(ちゃんと着けてお芝居をするのは拷問だと思いますが・・・)。

正直、ファーディナンドが能面を”のっけてる”意味がわかりません。
演じてるのは20代男性の役者さん、昨年の『冬物語』みたいに女性が演じてたり、年配の方が演じてるなら理解できるのですが。
後ろのおば様(私もおば様だが^^;先輩おば様)のカーテンコールでの言葉。
「あら~ 面をつけてるから不細工かと思ったけど、男前じゃないの~ 何でかくすのかしらねぇ」に同感です。

**********

台詞のないエアリエルに代わって台詞があるのが、魔法の本(魔法を使わないときは閉じている)を手にしている4人の妖精。台詞が棒読風なのは人間じゃないからかしら?
形式ばった動作(悪い意味ではない)なので感情を込めた言い方だとバランス悪いかな。

妖精たちの衣装も素敵。
黒(北/冬)、赤(南/夏)、青(東/春)、白(西/秋)の4色です。


**********


ナポリ船団の衣装は三国志風(映画”レッドクリフ”風)?
ゴンザーローだけが雰囲気が違うのはプロスペローを助けたからなのか?
プロスペローの衣装と系統が似ている気がしたのと、妖精たちの用意した食事の場面、ゴンザーローには罪人を咎める声がきこえず、身構える3人に対して何事かと思うあたり、衣装の系統が違ってわかりやすいと思いました。でも、ファーディナンドも三国志風だったので違う意味かも^^;身分の違いかな?
ナポリ船団の3悪人は、二役なので、舞台裏は忙しそうです。

**********

中正面と正面で2公演確保していましたが、初日の脇正面にかなり空席がめだち、もともと脇正面好きであることと、交通費がからないこともあり、2日目は当日券で脇正面にて観劇。
観やすさでは正面ですが、おいしいのは脇正面です。
目付柱を外すので、1公演だけな全体を見渡せる中正面もよいかな(結局どこでもいい^^?)

当日券で良席を確保できるのは嬉しいけど勿体無いですね。
正面・中正面は後方の席までわりとうまっていたけど、脇正面は5割以下?
観劇どころではない方も多いのかなという気もしますが、勿体無いなぁ・・・
正面と脇正面は雰囲気がかなり違うので、映画みたいに半券サービスがあったら、正面で気に入った人が再観してくれたかもって思うのですが・・・そういう割引って無理でしょうかね?(アンケートにも書いた)

初日は衣裳デザイナーの時広さんがお見えでした。
写真集と秋のイベントの告知のためかな?
私は時広さんの衣装のファンなので、正面最前列ではお芝居より衣装を楽しみました。
りゅーとぴあの能楽堂は国立とくらべてかなり舞台と近いので、最前列だと近すぎでが、衣装を楽しむにはいいです^^
衣装に興味のある方は1番上に貼り付けた特設サイトをごらんください。


東京公演も無事におわるといいなぁ・・・
都内は公演が多いから、観客がつまるか心配だ(注:関係者じゃないけどね)
[PR]
by k-mia-f | 2009-07-15 17:13 | 演劇